お散歩写真

2020年11月22日 (日)

井上ひさし展-希望へ橋渡しする人@せたぶん

201122_a01
「井上ひさし展」開催中のせたぶんに行く。
えええっ、ガラガラなせたぶん、「原田治展」のときとは大違い。
遅筆堂、原田治に負けたか。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-9146f8.html

201122_a11  201122_a12  201122_a13
到着はお昼ちょっと過ぎだったので、まずはごはん。

201122_a14
さすがに世田谷、ゴジラ2000の着ぐるみ。

201122_a21
さて、展覧会の会場に入る。
まず、「本の読み方十箇条」、これは「本の運命」に記されている。
 その一、オッと思ったら赤鉛筆
 その二、索引は自分で作る
 その三、本は手が記憶する
 その四、本はゆっくり読むと、速く読める
 その五、目次は睨むべし
 その六、大部な辞典はバラバラにしよう
 その七、栞は一本とは限らない
 その八、個人全集のまとめ読み
 その九、ツンドクにも効果がある
 その十、戯曲は配役をして読む

展示は、いくつかの作品をメインにしながら、そのほかの作品の自筆原稿、創作メモや自作年表、出版された書籍などが展示されている。
年表をつくったり地図を描いたり、戯曲ではキャストの写真を貼った紙人形で舞台の動きを考えたり。
神奈川近代文学館での展覧会(2013年)や鎌倉文学館での展覧会(2020年)に比べると、遅筆堂の作品への向き合い方が色濃く展示されていたと思う。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-775a.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-ef6d6e.html

「組曲虐殺」は、スペースを大きくとっている。
いくつかのセリフや歌詞が並んでいる。
 ……絶望するには、いい人が多すぎる。
 希望を持つには、悪いやつが多すぎる。
 なにか綱のようなものを担いで、
 絶望から希望へ橋渡しをする人がいないものだろうか……
 いや、いないことはない。
そして、キャストたちの「組曲虐殺」に対する想いがパネル展示されている。

201122_a22
遅筆堂ののぼりは、撮影可能だった。

会場でも流れていた「井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法」、YouTubeに斉藤とも子さんが朗読する映像がある。
https://www.youtube.com/watch?v=cXr0Jymes8k

ところで、「ボローニャ紀行」のコーナーだったが、キャプションのなかのひとつに、「開放」という文字を使っているところがあった。
「ボローニャ紀行」からの引用なので本を確認しなきゃいかんが、ナチやファシストとの関係なので、「開放」ではなく「解放」じゃないかと思って、文学館の方に確認しようと思っていたのだが、ショップに寄って散財してしまい、尋ねるのを忘れてそのまま出てきてしまった。

201122_a31  201122_a41  201122_a42
ショップに入る。
案の定、あれこれとお持ち帰りすることになってしまった。
図録は、当然であるにしても・・・。
「井上ひさし 全芝居」も、置いてあった。
いちおうリスト化しておこう。
 一:うかうか三十、ちょろちょろ四十/さらば夏の光よ/日本人のへそ/表裏源内蛙合戦/十一ぴきのネコ/道元の冒険/金壺親父恋達引/珍訳聖書/藪原検校
 二:天保十二年のシェイクスピア/それからのブンとフン/たいこどんどん/四谷諧談/雨/浅草キヨシ伝/花子さん/日の浦姫物語
 三:しみじみ日本・乃木大将/小林一茶/イーハトーボの劇列車/国語事件殺人辞典/仇討/吾輩は漱石である/化粧/もとの黙阿弥/芭蕉通夜舟/頭痛肩こり樋口一葉
 四:きらめく星座―昭和オデオン堂物語/国語元年/泣き虫なまいき石川啄木/花よりタンゴ―銀座ラッキーダンスホール物語/キネマの天地/闇に咲く花―愛敬稲荷神社物語/雪やこんこん―湯の花劇場物語
 五:イヌの仇討/決定版 十一ぴきのネコ/人間合格/シャンハイムーン/ある八重子物語/中村岩五郎/マンザナ、わが町
 六:父と暮せば/黙阿弥オペラ/紙屋町さくらホテル/貧乏物語/連鎖街のひとびと/化粧二題/太鼓たたいて笛ふいて/兄おとうと
 七:夢の裂け目/夢の涙/夢の痂/水の手紙―群読のために/円生と志ん生/箱根強羅ホテル/私はだれでしょう/ロマンス/少年口伝隊一九四五/ムサシ/組曲虐殺

201122_a43  201122_a44
思わぬ収穫は、ロシア語版「父と暮せば」。
遅筆堂の義姉にあたる米原万里さんのロシア語訳(2001年の「父と暮せば」モスクワ公演の字幕のため翻訳、公演の準備にも携わっていた)で、「父と暮せば」2018年公演のときには完売だったもの。
版はあらたまっていないから、どこかにあったのだろう。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/21-885c.html

201122_a51  201122_a52
スタンプラリーが行われているが、各地の展示は終わっているし、スタンプラリーそのものも間も無く終了である。
https://stamp.inouehisashi.jp/

201122_a61  201122_a62
没後10年 井上ひさし展―希望へ橋渡しする人
12月6日(日)まで。
https://www.city.setagaya.lg.jp/event/bunka/d00188262.html

201122_b01  201122_b02  201122_b03
芦花公園を歩いてみる。

201122_b04  201122_b05
京王線の駅名が「芦花公園」だから芦花公園、芦花公園と呼び習わしているが、正式名称は蘆花恒春園である。
徳冨蘆花が暮らした住居や庭、そして徳富蘆花夫妻のお墓がある。
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index007.html

201122_b11  201122_b12  201122_b13
モミジはもう少し後のほうがいいかもしれないが、落葉はすすんでいる。

201122_b14  201122_b15
開発が進む前の武蔵野は、こんな風景だったのだろうな。

201122_b16  201122_b17
イチョウは絨毯になっていた。

| | コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

吉祥寺散歩

201108_a01
吉祥寺に行こうということで、まずは井の頭公園から。

201108_a02  201108_a03
井の頭池にオオバンが泳いでいる。

201108_b001  201108_b002
井の頭自然文化園で、「いと、いと、いきもの──川端遥香刺繍作品展」が行われていた。

201108_b003  201108_b004
刺繍で生き物を表現している。

201108_b005
作者の川端遥香さんの公式サイト
https://www.harukak.com/

12月27日(日)まで
https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ino&link_num=26336

201108_b011  201108_b012
キジが、下に降りたがっていた。

201108_b021  201108_b022
フクロウとはやぶさ。

201108_b031  201108_b032
リスの小径にて。

201108_b041  201108_b042
アカゲザル。

201108_b043  201108_b051
井の頭新幹線。

201108_b061  201108_b071
2016年5月26日に亡くなったはな子は、ここで暮らしていた。
カピバラがまったり。

201108_b081  201108_b082
ミーアキャット。

201108_b083  201108_b091 
ウサギでもなくカンガルーでもないマーラは、齧歯類だそうな。

201108_b101  201108_b102
シロフクロウ、オスの「トール」とメスの「キミ」。

201108_b111  201108_b112
アムールヤマネコ

201108_b113  201108_b121
ベンガルヤマネコの亜種で、ツシマヤマネコもベンガルヤマネコの亜種だそうな。
ここでは「ジビエ」は禁句でしょう。

201108_b131  201108_b132
天竺鼠のお食事の時間が始まった。

201108_b133  201108_b134
食事中の天竺鼠。

201108_b141  201108_b151  201108_b152
フンボルトペンギン。
♪シロヤギさんからお手紙着いた クロヤギさんたら読まずに食べた

井の頭自然文化園
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

201108_c1  201108_c2
お昼はひさしぶりにKönigに行ってみた。
ヴァイツェンと、もっちりブロートとヴルストのホットドッグ。
以前の場所から移転したみたいで、小綺麗なお店になっていた。
https://retty.me/area/PRE13/ARE663/SUB1202/100001349707/

201108_d1  201108_d2
吉祥寺に来たなら、Lindeに行かなきゃ。

201108_d3  201108_d4
よく歩いたので、バウムクーヘンでひとやすみ、シュトレンも買った。

Linde
https://www.lindtraud.com/

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

葉山でお昼

201028_1
お昼に行こうと思っていたところは行列ができていたので、「神奈川県立近代美術館 葉山」へ。

201028_2  201028_9
かつてカマキン喫茶室にあった田中岑氏の壁画「女の一生」(昭和32年、縦4.5m、横3.6m、) が、葉山に移設されている。
右がカマキンの旧学芸員室から観た「女の一生」(2016年1月13日)。

201028_4  201028_5
葉山の海、かすかに富士山が見える。

201028_6  201028_7
葉山の海

201028_8
葉山の海

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

小田原散歩

丸うが自己破産を申請するというニュースが流れたので、急遽行くことにした。
https://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4736.html

201003_a01  201003_b01
小田原到着がお昼だったので、すしや万采で、ランチにする。
https://www.e-bansai.jp/menu/
スーパーのお寿司は、しばらく敬遠か。
小田原城は北入口から入り、本丸から天守閣を見上げる。

201003_b02  201003_b03
小田原城址の建物はすべて再建で、天守閣は1960年の再建だが、本来の姿ではない。
城址公園には動物園があったが、いまは猿山だけが残っているだけだが、それにしてもこの状態は時代遅れで改善が必要だろう。

201003_b11  201003_b12
本丸から常盤木門(ときわぎもん)を抜け、二の丸から常盤木門を見る。

201003_b21  201003_b22
銅門(あかがねもん)の渡櫓門が公開されていたので、行ってみた。
何やら談合している武士がおるが、北条氏政(奥正面)、氏照(左)である。
秀吉の小田原征伐に備えていたのだろうか。

 

201003_b25  201003_b24  201003_b23
渡櫓門には石落としがある。
押し入ってきた敵軍に石を落とすのである。

201003_b26  201003_b27
櫓から、馬出門(うまだしもん)が見える。
銅門から降りると、彼岸花。

201003_b31  201003_b32
銅門の名の由来となった銅板が置いてあるが、これは1997年に復元された銅板である。
銅門は、渡櫓門を抜けると周囲を土塀で囲まれた一角に出て、さらに内仕切門を抜けると馬屋曲輪である。

201003_b41  201003_b42
馬屋曲輪から銅門を見返す。
天守閣も見えている。

201003_b43  201003_b44
馬出門(うまだしもん)を抜けて、振り返る。
お堀の土手には、彼岸花が咲いていた。

小田原城
https://odawaracastle.com/

201003_c01  201003_c02
さて、丸う田代本店に向かう。

201003_c03  201003_c04
駐車場には、入りたい車が並んでいた。

201003_c05  201003_c06
店内もたくさんの人がいて、午後ともなると、今日はおしまいの品が多かった。

201003_c07
丸うを引き継ぐ企業は、現れないものだろうか。

丸う田代
https://www.maruu.com/

201003_d01  201003_e01 
駅に向かう。
マンホールのデザインは、歌川広重の東海道五十三次の「小田原酒匂川」をモチーフにしている。
小田原といえば、「守谷」である。

201003_e02
何となれば、あんぱんなのである。
午後ともなればパンは売り切れが出てきているのだが、さすがにあんぱんだけはたっぷりある。
https://retty.me/area/PRE14/ARE30/SUB3001/100000585613/

201003_f01  201003_f11
駅に出て休憩するのは、富士屋ホテルの「フュージョンダイニングF」であった。
https://www.fujiyahotel.co.jp/fdining/
そして小田原のダメ押しは、東華軒の小鯵押寿司。
鯵の押し寿司といえば大船軒である。
https://www.ofunaken.co.jp/free/tyanomidokoro
大船軒は、カフェで押し寿司を堪能できるのである。
http://www.toukaken.co.jp/ekiben/A-2.html

201003_f21
小田原駅構内で箱根登山電車のカレンダー購入、有料だが袋に入れてもらった。
https://cops.ssl-odakyu.jp/www.hakone-tozan.co.jp/hakone_wp/wp-content/uploads/2020/10/eb5698b2478a5b438a3ba8aa93e81f14.pdf

201003_g01  201003_g02
ということで、晩ごはんは、丸うのちぎりあげと、小鯵押寿司 。
そして守谷の栗まん。

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

2年ぶりの音羽の森

290930_a01  290930_b01
とある医療機関に行ったあと、お昼をどこにしようかと走ったが、マーロウは満席で待ち人多数だったので、音羽の森へ行ってみた。
じつに2年ぶり。

290930_b02  290930_b03
このところ天候不順だったので、上天気となった今日は外に出たくなった人が多いと見えて、待つことはなかったけれど、音羽の森もテーブルはかなり埋まっていた。
飲み物は、運転手はノンアルコールでなければならぬ。

290930_b04  290930_b05
お昼は、葉山バーガー、そして本日のお魚は、鯛。

290930_b06  290930_b07
相模湾からの風が、心地よい。

290930_b08  290930_b09
お茶のポット、注ぎ口が良い感じ、むかし、こんなかたちの魔法瓶があったな。

290930_b10  290930_b11
デザートは、エクレアとモンブラン。

290930_b14  290930_b12

290930_b13

290930_b15  290930_b16
Go toトラベルで泊まりに来ると、いいかしら。
https://www.otowanomori.jp/

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

羽田空港

200815_601  200815_603  200815_602
モノレールで、去年の秋に広島から帰ってきて以来の羽田空港に移動し、「WWB 羽田空港店」へ。
メッテルニヒのスパークリング、ロゼを、いただく。
営業のおにーちゃんとあれこれ話をしながらあれこれ試飲させてもらって、ピーロート にしてはリーズナブルな「ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・デ・イェージ・クラッシコ」、なぜか注文することになってしまった。
https://www.pieroth.jp/hbr.html

せっかくなので、飛行機見物。

200815_702a  200815_702b
スタアラ機、777-281(JA711A)

200815_702c  200815_703
スタアラ機と、787-8 Dreamliner(JA821A)

200815_704  200815_705
787-8 Dreamliner(JA821A)など、787-8 Dreamliner(JA812A)が到着

200815_706  200815_707
787-8 Dreamliner(JA812A)が到着、出発する737-881(JA54AN)

200815_708a  200815_709
出発するA320-271N(JA211A)、着陸したB767

200815_710a  200815_710b
「心ひとつに!!行こう2020」ロゴ機、777-281/ER(JA744A)
200815_710c

200815_711  200815_712
スタアラ機、77-281(JA711A)など、出発するA320-271N(JA211A)

200815_721  200815_722
閑散とした出発フロア(南側)

200815_723
閑散とした出発フロア(北側)

帰りはバスを利用したが、減便での運行だった。
ちょうどいい時間帯のバスがなかったので、新百合ケ丘行きに乗ったら、湾岸線から大黒線、ほとんどがトンネル内走行の横浜北線経由で第三京浜に入った。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

リニューアルオープンした富士屋ホテル

200729_f01  200729_f02
2年にわたって改修工事が行われていた箱根・宮ノ下の富士屋ホテルが7月15日に再オープンしたので、行ってきた。
お昼前に家を出て、圏央道~小田原厚木道路を走り、富士屋ホテル到着は午後1時少し前。
本館前に車を置けたので、エントランスから階段をあがる。
赤がまぶしい。
フロントは以前の場所から移動したが、移動した場所が昭和40年以前の位置だった。
公式サイトには、改修前にあったティーラウンジ・オーキッドのことが書かれていないので、改修にあわせて無くなったのかと思ったら、ロビーの奥にテーブルが見える。

200729_f03  200729_f04
フロント移設にともない復原されたラウンジは表側に面していて、開放感はありそうだが、今までの日本庭園側に座ることにした。

200729_f05  200729_f06
ガラス窓がサッシになっていないのが、すこぶる良い。
池の向こうに見える建物はカスケード館、全く変わったのは、建て替えられたからだろう。
オーキッドの柱や天井は綺麗になってはいるが昔のまま、床は張り替えたようできれいになっている。
チェアも以前のままなので、新調したわけではないようだ。
テーブルには以前のような傷が見えないが、デザインは以前と同じ。
けれど、聞いてみたところ、ジョン・レノン、ヨーコ・オノ夫妻が利用したテーブルは出ていない。
そのテーブルを使ったのが、たぶん、改修前の最後に行った富士屋ホテルだったと思う。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-03d3.html

200729_f11  200729_f12
ナイフやフォークにも、富士屋ホテルのマークが彫られている。

200729_f13  200729_f14
さて、ジョン・レノンのアップルパイにするつもりだったのだが、リニューアル・オープン記念訪問なので、これである。

200729_f15  200729_f16
一番上がスーイーツ、マカロンやマンゴー、マドレーヌなど。
2番目もスーイーツ、レモンメレンゲパイ、オペラなど。

200729_f17  200729_f18
一番下は、オードヴルトサンドウィッチ。
そのほか、スコーンもある。

200729_f19  200729_f20
この紅茶は3杯目、最初にアッサム、次にスプリングダージリン、そして最後はアールグレイ。

200729_f31  200729_f32
耐震化工事やさまざまな改修が行われているが、内装、本館や花御殿などは従来の外観だった。

200729_f41  200729_f42
ミュージアムも大きくなったというので、行ってみることにした。
ミュージアムは花御殿の地下にあり、食堂棟から本館を通って花御殿に続く「Rue de la paix」にも、さまざまな写真や展示が続いている。

200729_f43  200729_f44
一番奥がミュージアム。

200729_f45  200729_f46
これまで使われていた道具類や帳簿類、建築図面などが展示されている。

200729_f47
「Rue de la paix」の途中に、屋内プール&ジム「マーメイド」があるが、なんとなくアール・デコっぽいイメージ。

200729_f51  200729_f52
食堂棟のトイレの内装は、以前のままだった。
建築ツァー、やってくれないかしら。

200729_f61
宮ノ下を3時40分頃出発、小田厚~東名を走り、1時間ほどで横浜町田インターであった。
お持ち帰りは、これ。

こんどは、これを持って行こう。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-95db.html

富士屋ホテル
https://www.fujiyahotel.jp/

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

Ein Spaziergang in Kamakura nach dem Gartenarbeit machen

コロナ禍で行けなかった実家の庭、すごいことになっていた。
とりあえず草刈機でほぼなぎ倒しておくことにする。

200627_001  200627_002
正午をだいぶ過ぎてから、大船軒の「鯵と小鯛の押寿し」でお昼。

200627_101  200627_111
片付けを終えて、「井上ひさし 鎌倉の日々」展が開催中の、鎌倉文学館へ行ってみる。
券売所で手指アルコール消毒、文学館玄関ドアは来客者が触らないためだろう、職員が開けてくれ、玄関でも指アルコール消毒、そして感染者が出た時にそなえて連絡先(メルアドやライン)を伝えなければならない。

200627_121  200627_122
展示されていたなかで印象的だったものや作品も書いておこう。
*は見たり読んだりした作品。
第一部 井上ひさし、生活者として
第一章 1989—1993
 今小路西遺跡
第二章 1984—1999
 広町緑地
第三章 2000—2010
 「モスクワのボリショイ劇場の前で」の写真に米原万里さんも映っている。
 米原万里訳ロシア語版「父と暮らせば」。
 こどもにつたえる日本国憲法
 木の上の軍隊 *
第二部 井上ひさし、創作活者として
第一章 1989—1997
 人間合格 #(これから見る)
 シャンハイムーン
 ある八重子物語
 中村岩五郎
 一分ノ一 #
 マンザナ、わが町 #
 父と暮らせば #
 黙阿弥オペラ
 紙屋町さくらホテル #
第二章 1988—2000
 東京セブンローズ
 東慶寺花だより
 貧乏物語
 連鎖街のひとびと
 化粧二題
 一週間 #
第三章 2001—2010
 夢の裂け目
 太鼓たたいて笛ふいて
 兄おとうと
 夢の泪
 水の手紙
 イソップ株式会社
 円生と志ん生
 箱根強羅ホテル #
 夢の痂
 私はだれでしょう
 ロマンス
 少年口伝隊一九四五 #
 ムサシ #
 組曲虐殺 #

今年は、1989年から鎌倉で暮らしていた遅筆堂の没後10年である。
http://kamakurabungaku.com/exhibition/index.html

200627_131  200627_132
前田さま邸の紫陽花

200627_133  200627_134
前田さま邸の紫陽花

200627_135  200627_136
前田さま邸の紫陽花

200627_141  200627_142
前田さま邸の薔薇

200627_143  200627_144
前田さま邸の薔薇

200627_145  200627_146
前田さま邸の薔薇のなかに「鎌倉」

200627_151
前田さま邸
http://kamakurabungaku.com/

200627_201  200627_301
旧諸戸邸と紫陽花、そして甘縄神明宮と紫陽花

200627_302  200627_303
甘縄神明宮と狛犬

200627_401  200627_402
Bergfeldでパンとシュークリームを買う
http://bergfeld-kamakura.com/

200627_501
SEA CASTLEでパウぜ
https://www.facebook.com/seacastlekamakura/

200627_601  200627_602
由比ヶ浜海岸

200627_603  200627_604
由比ヶ浜海岸

200627_605  200627_606
由比ヶ浜海岸

200627_607
由比ヶ浜海岸

200627_701  200627_702
長谷駅に向かう2001F、藤沢方に連結されていた502Fの台車TS-838Bは300型(303~305)からの流用

200627_703  200627_704
長谷駅に向かう2001F+502F、新装なった長谷駅

200627_801  200627_802
車窓から七里ガ浜

200627_811  200627_812
1501F「日の丸セーラーズ号」

200627_813
藤沢駅にて、2002F+1501F

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

マーロウ 逗葉新道店

6月から通常営業が再開された、「マーロウ 逗葉新道店」へ、4ヶ月ぶりぐらいで行ってきた。
店内は、テーブルはひとつ置き、大きな一枚板のテーブルも、それぞれの片側に椅子が3つと、密にならないように配置されていた。

200610_1  200610_2
たっぷり三浦野菜ピザ、マーロウバターチキンカレーライス

200610_3  200610_4
チョコレートプリン、カスタードプリン

200610_5  200610_6
ごちそうさま

http://www.marlowe1984.com/html/page14.html

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

祝日の鎌倉

200429_101  200429_102
用事の帰り、お昼をどうしようかと、信号待ち以外は車が止まることのない134号を三浦海岸から走り、秋谷海岸のマーロウは列ができていたのでパス、長者ヶ崎手前の音羽ノ森は休業中、マーロウ葉山店は葉山マリーナ店オープンに伴い閉店(2019年6月)しており、逗子海岸を抜けて、結局カーラおばちゃちの前まで来てしまった。
ところがである。
水曜日なので普段は定休日であるが、今日は祝日なのでオープンしていたのであった。
自治体の要請もあり、公共駐車場は軒並み閉鎖とあって、海には観光客の姿はほとんどなく(海岸に入らないでとのお知らせもあり)、お店の中には客はいなかった。

お肉と芋とキャベツとビール(運転手なので、AlkoholfreiのERDINGERだが)。
https://de.erdinger.de/biere/alkoholfrei.html

GW期間中も、お店は開くそう。

200429_103  200429_104
コロナ対応のため、テイクアウトが始まったので、晩ご飯用にお持ち帰りすることにした。

200429_111
サバ燻と芋、さらに芋。
https://www.facebook.com/seacastlekamakura/

200429_201  200429_202
横横も134号も海岸もそうだったが、滑川交差点から鎌倉市内に入ってみると、祝日でありながら車も人も少ない。
下馬、そして鎌倉駅入口である。
道沿いのお店は、営業しているところもある。

200429_203  200429_204
歩行者用信号になっても、横断する人は少ない。
段葛脇、休日ともなると車が並んでいるのだが、二の鳥居から八幡宮前まで一気に走ってしまった。

200429_205
ツツジの季節になっているが、安養院も閉門されているので見物はできないのが残念。
https://www.trip-kamakura.com/article/8265.html
Bergfeldはオープンしていたので、パンを買って帰る。
http://bergfeld-kamakura.com/

200429_301
ベアレンさんのビールとともに、晩ご飯

| | コメント (0)

より以前の記事一覧