東独関連

2020年3月30日 (月)

コメコンデザインシリーズ(12) アイゼンヒュッテンシュタットとドレスデン 社会主義建造物を追って vol.1

200325_001
アイゼンヒュッテンシュタットは、映画「僕たちは希望という名の列車に乗った」の舞台となったところで、第二次世界大戦後に製鉄業の街としてスターリンシュタット(Stalinstadt)の名称で建設され、1961年に製鉄の町であることから「鉄の街=アイゼンヒュッテンシュタット(Eisenhüttenstadt)」となった。
映画は見た。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-371ced.html
原作の「Das schweigende Klassenzimmer」と邦訳の「沈黙する教室」も、読んだ。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-b5ab06.html
映画のシナリオ本も入手してあるが、まだ読んでいない。

ドレスデンには2018年に行った。
文化宮殿(Kulturpalast、トップに掲載した画像の建物)は、見た。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/8_6-kreutzkamm-.html

DDR博物館、正式には「ドイツ民主共和国の世界」(Die Welt der DDR)は、じっくり見た。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_1-die-welt-d.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_2-die-welt-d.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_3-die-welt-d.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_4-die-welt-d.html
なんでスーパーの一角にあるのだろうと不思議だったのだが、その経緯は本書で知ることができた。

ドレスデン中央駅から試しに市電に乗ってみたとき、市電の窓からPlattenbauっぽい集合住宅の集まった団地が見えたのだが、じっくりとはみなかったので、DDR時代からのものかどうかはわからない。
当時本書が出ていたら、2018年のドレスデン歩きは、もっと違っていたかもしれない。

イスクラ
https://iskra.ocnk.net/product/19363

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

KLEINER WELTATLAS

200311_101
ゴータにあった地図出版社「VEB Hermann Haack Geographisch-Kartographische Anstalt Gotha」の小型世界地図。
日本の奥付のように出版年月日を入れていませんが、1960年のもののようで、この時代はまだ壁はありませんでした(壁の建設は1961年8月から)。

どのような地図なのか、今は変化してしまったところを中心に眺めてみました。

200311_111
まずはドイツ。

200311_112  200311_113_0
東の方が濃い赤で国境が縁取りされています。

200311_113_a  200311_113_b
記述のページは、「DEUTSCHE DEMOKRATISCHE REPUBLIK」と「WESTDEUTSCHLAND」、「ドイツ民主共和国」と「西ドイツ」。

200311_121  200311_122
スイスとオーストリア、国境そのものは今と変わりありません

200311_123
アドリア海に面した青い縁取りの国は、ユーゴスラビアです。

200311_130_0  200311_130_a
今は無き「UNION SOZ. SOWJ. REP.」、ソビエト社会主義共和国連邦。
記述のページはもちろん「UNION DER SOZIALISTISCHEN SOWETREPUBLIKEN」。

200311_131  200311_132
部分図として、ヨーロッパ部分、西アジア部、東アジア部分と3ページにわたっています。

200311_133  200311_134
千島列島は、ソ連領として色付けされています。

200311_141_0  200311_141_a
朝鮮半島は、休戦ラインは表示されていますが、「KOREA」と一刻扱い。
朝鮮半島の記述は「KOREANISCHE VOLKSDEMOKRATISCHE REPUBLIK」と「SÜDKOREA」、「朝鮮民主主義人民共和国」と「南朝鮮」。

200311_142
そして沖縄は、「RIUKIU」と赤の破線で囲まれています。
奄美諸島は1953年に日本に復帰しているので、赤破線の中にはありません。
尖閣諸島は、どうも赤破線枠の中にありそう。

200311_143  200311_144
記述でも、沖縄は「琉球」として独立しています。

200311_151  200311_152
ベトナムは一国として描かれています。
パキスタンは「WESTPAKISTAN」と「OSTPAKISTAN」との表記(西パキスタンと東パキスタン)で、1971年独立のバングラデシュは、まだ、ありません。

200311_153  200311_154
記述を見ると、「DEMOKRATOSCHEN REPUBLIK VIETNAM」と「SÜD VIETNAM」、「ベトナム民主共和国」と「南ベトナム」。

200311_161  200311_171
キューバはバチスタ時代か革命後か、微妙。
グアンタナモの記載はなさそうです。
アフリカの年と言われる1960年に多くのアフリカの国が独立しましたが、この地図で独立した国の名称は書かれているものの、国境の色分けは他の国ほどには明確ではありません。

目次
 テキスト、地図
発音規則
 ポーランド語、チェコ語・スロバキア語・ソロベニア語・クロアチア語・セルビア語、ハンガリー語、ルーマニア語、デンマーク語・ノルウェー語・スウェーデン語、オランダ語・フランドル語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語
地理学的数値
 地球(大きさ、緯度経度、タイムゾーン、大陸、海、近海と沿海、海峡、半島、島、高度、川、内陸湖、雪山脈、氷河、氷河域、最高度居住地、山岳鉄道が到達する最高度、トンネル、百万都市)
 ヨーロッパ(ドイツ民主共和国、西ドイツ、スイス、リヒテンシュタイン、オーストリア、チェコスロバキア、ポーランド、ハンガリー、ユーゴスラビア、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アトス、アルバニア、イタリア、バチカン、サンマリノ、マルタ、スペイン、ジブラルタル、ポルトガル、アンドラ、フランス、モナコ、ベルギー、ルクセンブルク、オランダ、イギリス、マン、カナル諸島、アイルランド、アイスランド、デンマーク、ノルウェー、スヴァールバル諸島とヤンマイエン島、スウェーデン、フィンランド)
 ソ連
 アジア(トルコ、キプロス、シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル、サウジアラビア、イエメン、アデン、アデン従属地域、マスカットとオマーン、休戦オマーン、カタール、バーレーン島、クェート、イラク、中立地帯、イラン、アフガニスタン、パキスタン、インド連邦、ブータン、ポルトガル領インド、セイロン、モルジブ、ネパール、ビルマ、たい、マレーシア連盟、シンガポール、北ボルネオ、サラワク、ブルネイ、インドネシア共和国、ポルトガル領チモール、フィリピン、カンボジア、中国、台湾、マカオ、ラオス、ベトナム民主共和国、南ベトナム、香港、日本、琉球、朝鮮人民ミンスy主義共和国、南朝鮮、モンゴル人民共和国)
 オーストラリア/オセアニア(オーストラリア、ココスまたはキーリング諸島、ノーフォーク諸島、ニュージーランド、西イリアン、パプア、ニューギニア、ナウル、イギリス領太平洋諸島、ニューヘブリディーズ、ニューカレドニア、フィジー諸島、フランス領ポリネシア、グアム、マリアナ・カロリン・マーシャル・パラオ諸島、西サモア、アメリカ領サモア、ハワイ)
 北および中央アメリカ(アラスカ、カナダ、サンピエール島・ミクロン島、グリーンランド、アメリカ合衆国、ばミューファ諸島、西インド連邦、バルバドス、ジャマイカ、トリニダード・トバゴ、リーワード諸島、ウィンドワード諸島、バージン諸島、プエルトリコ、ドミニカ共和国、ハイチ、キューバ、バハマ諸島、グアドループ、マルティニーク、小アンティル諸島、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、英領ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、パナマ運河地帯
 南アメリカ(コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、フォークランド諸島、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、フランス領ギアナ、ベネズエラ)
 アフリカ(アラブ連合共和国・エジプト、リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、スペイン領西アフリカ、ガーナ、マリ連邦、モーリタニア、象牙海岸、オートボルタ、ダホミ、ニジェール、チャド、中央アフリカ、コンゴ、ガボン、ガンビア、ポルトガル領ギニア、シエラレオネ、リベリア、ガーナ、トーゴ、ナイジェリア、カメルーン、スペイン領ギニア、コンゴ、ルアンダ・ウルンジ、ポルトガル領西アフリカ、南西アフリカ、南アフリカ連邦、ベチュアナランド、バストランド、スワジランド、ローデシア・ニヤサランド連邦、ポルトガル領東アフリカ、タンガニカ、ケニア、ウガンダ、スーダン、ソマリア、フランス領ソマリランド、エチオピア、カナリア諸島、カペヴェルデ諸島、セントヘレナ、アセンション、トリスタンダクーニャ、サントメ・プリンシペ、マダガスカル、カメルーン、レユニオン、サンジバル、モーリシャス、セーシェル)
 南極
索引、寸法と重量

地図
地球/両極、ヨーロッパ、中欧、両ドイツ(北部とデンマーク)、両ドイツ(南部)、スイス、チェコ西部とオーストリア、ベネルックス、スカンジナビア、バルト諸国、ドナウ諸国、バルカン諸国/西トルコ、イタリア、スペイン/ポルトガル、フランス、イギリス諸島、ソ連のヨーロッパ部分/ソ連の西アジア部分/ソ連の東アジア部分、アジア、オリエント、南西アジア、南東アジア、オーストラリア/オセアニア、北アメリカ、アメリカ合衆国/メキシコ、大きな湖、中央アメリカ、南アメリカ、アフリカ

索引

Hermann Haackについての、Wikiの記事。
https://de.wikipedia.org/wiki/Hermann_Haack_(Kartograf)

200311_181  200311_182
本書を送ってきていただいたショップがお使いになった詰め物が、これまたいい雰囲気。
Rimiというスーパーの、セールのカタログをひっちゃぶいたペーパーです。
このスーパー、ラトビアに本社があって、バルト三国に店舗展開しているようです。
このペーパーも、「KLEINER WELTATLAS」に挟んで保存です。

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

コメコンデザインシリーズ(11) 「在りし日の食堂で」社会主義食堂レシピ vol.5

200109_001  200109_002
各国のレシピは、
東ドイツ:2
ポーランド&ウクライナ:1
リトアニア:2
ラトビア:2
ハンガリー:1
ロシア:4
グルジア:1
マケドニア:1
ブルガリア:1

巻末のグルジア旅の写真、社会主義的デザインが残っているのだな。
ワインが出てこない・・・。
旧東ドイツ駆け抜け旅じゃ、あまり見かけなくなっていて、ドレスデンの文化宮殿(Kulturpalast)が、それっぽかったけれど。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/8_6-kreutzkamm-.html

第1集
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/20vol1-9afd.html
第2集
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/22vol2-e41b.html
第3集
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/620vol3-3dca.html
第4集
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-0264ad.html

イスクラ
http://iskra.ocnk.net/product/19228

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

コメコンデザインシリーズ8 「ウンゼレ ハイマット 我らがふるさと」旧東ドイツチューリンゲンのおもちゃ街道を訪ねて

200117_011
以前、「DDR Spielzeug」という東ドイツの玩具の本を読んだが、ホセとイスクラさんが訪れたゾンネベルクは玩具生産地としてなんども出てきた。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-5b29.html
ここまで行くのも、ちょっと大変そうだ。

玩具類は、ドレスデンのDDR博物館にもたくさん展示されていた。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_3-die-welt-d.html
そして、プラッテンバウ(Plattenbau)の様子も再現されていたが、これをそのまま縮小すれば、ドールハウスになりそうだった。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_2-die-welt-d.html

第一部
アリドールとの出会い
私は、私は一体...どこから...?
郷土資料館を訪ねて
A.Riedelerの歴史
アリドールのあれこれ
スタイリッシュなドールハウス家具
ドールハウスの焦点に並んでいたもの
仲間たち
第二部
ゾンネベルクへ
ゾンネベルク地方のおもちゃ産業の歴史
コンビナートと周辺で作られていた製品
終わりに

イスクラ
http://iskra.ocnk.net/product/18742

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

Das schweigende Klassenzimmer/沈黙する教室

190708_021  190708_022
先日見た映画「僕たちは希望という名の列車に乗った」の原作を、独語原著と翻訳とを同時進行で読む。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-371ced.html
原著のサブタイトルは「Eine wahre Geschichte über Mut, Zusammenhalt und den Kalten Krieg」、「勇気、結束、冷戦についての真実の物語」ってところか。
190624_011  190624_012
邦訳本(本書)のサブタイトルは「1956年東ドイツ—自由のために国境を越えた高校生たちの真実の物語」。

映画と本書とでは、黙祷事件→調査→退学処分→西への逃亡という大筋のストーリーは同じだが、ひとつひとつのエピソードは異なっている。
映画でのような盛り上がりシーンは、ない。
また、映画の登場人物に相当するような人物は、本書には明確には登場しない。
そして、原著は発言をクォーテーションマークで囲んでいないので、発言なのか文章なのかが判然としないところが多々ある。
改行位置も、原著と訳書とでは異なっているところが多い。

そして、「全訳」(訳者あとがき、P.416)となっているが、ところどころ訳されていない文章がある。
●原文「...und im Rückspiel in Budapest mit 7 : 1 nach Hause schickte. Wir konnte die Spiele im DDR Rundfunk verfolgen. Dass diese ungarische Mannschaft im WM-Endspiel 1954 gegen Deutschland verloren hatten...」(P.34)は、「...さらにブダペストで行われた第二試合では、七対一の大差で勝利し、ホームへ送り返したのである。このハンガリーチームは一九五四年のW杯決勝でドイツに敗退したが...」(P.51)と、「Wir konnte die Spiele im DDR Rundfunk verfolgen.」(私たちは東独の放送で試合を追うことができた。)の訳文がない。
●本書P.102の「RIASがハンガリーの自由放送局による支援の呼びかけを流した。」の次の「Einigen von uns ruft er immer noch ins Ohr.」(P.64)が訳されていない。
訳されていない文章は、他にもあり。

また、この訳でいいのかしらと思うところもある。
本書P.18最終行「その三年前にあたる一九五三年六月十一日」、原文は「Drei Jahre zuvor, am 17. Juni 1953」(P.16)、「17」がなぜ「十一日」になった?。
当然「6月17日蜂起」(Aufstand des 17. Juni)であるなら「一九五三年六月十七日」でなきゃ。
本書P.266では「一九五三年六月十七日の暴動」となっている。

これは原著への疑問だが、本書P.27の2行目「それからカラシニコフを構えたロシア兵が穴に入ってきて」、原文は「Denn kam ein Soldat mit einer vorgehaltenen Kalaschnikow.」(P.21)とあるが、「カラシニコフ」が設計したAK-47がソ連で採用されたのは1949年で、ドイツに侵攻したソ連軍は、当時はまだ所持していなかったのではないか。
当時だと、ドラム型弾倉のPPSh-41、バラライカまたはマンドリンではなかったか。
本書P.35の歴史教科書について「(フォルク・ウントヴィセン社)、一九五三年。」とあるが、原文の「Volk und Wissen Volkseigener Verlag Berlin, 1953, das..」(P.25)は「(フォルク・ウントヴィセン社、一九五三年)」とする方がいいと思う。
「人と知識人民出版社」としてしまうかは別として。
なお、「Volk und Wissen Volkseigener Verlag」は再統一後民営化され、存続しているようだ。
https://www.cornelsen.de/empfehlungen/volk-und-wissen
本書p.37「領土の二万八千五百三ヘクタール」の原文は「Gebiet von 28.5 Millionen Hektar」(P.27)だから、「二千八百五十万ヘクタール」だろう。
本書P.65の市長フランツ・ベッカーのが書いた言葉の中に、学校が「民主主義と人文主義の、シンボル」とされている記述があるが、「ein Symbol der Demokratie und des Humanismus」(P.43)は、「人文主義」ではなく「ヒューマニズム」でいいのではないか。
本書P137「大臣にはすでに首謀者の検討がついていた。」は、「大臣にはすでに首謀者の見当がついていた。」
本書P.174「Sバーン」が2か所に出てくるが「(国営の都市近郊鉄道)」と注釈がついているのは、2度目の「Sバーン」、ホントは最初の「Sバーン」につけなきゃ。

以外にも、日本語としてこなれていない、意味不明な文章も多いと感じたのだが、原著著者じしんが文章を生業とする人ではないのだろうし、映画に合わせた突貫工事での翻訳だったであろうことは、想像できる。

シナリオ本もあるので、おいおい読んでみよう。

Dietrich Garstka/著
Ullstein Buchverlage GmbH, Berlin
https://www.ullstein-buchverlage.de/nc/buch/details/das-schweigende-klassenzimmer-9783548607696.html

ディートリッヒ・ガルスカ/著
大川珠季/訳
アルファベータブックス
https://ab-books.hondana.jp/book/b439134.html

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

コメコンデザインシリーズ(9) 「在りし日の食堂で」社会主義食堂レシピ vol.4

190711_001
今回は、東ドイツ(2)、ハンガリー(1)、チェコ(1)、グルジア(1)、ウズベキスタン(1)、ウクライナ(1)、ソヴィエト(3)、ルーマニア(2)、バルカン諸国(1)、クロアチア(1)、アルメニア(1)。
巻末読み物は、極東ロシア。
そろそろ甘いものはどうかと、提案しておいた。

第1集
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/20vol1-9afd.html
第2集
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/22vol2-e41b.html
第3集
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/620vol3-3dca.html

イスクラ
http://iskra.ocnk.net/product/18797

 

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

歴史としての社会主義 東ドイツの経験

190102_121 190102_122
2018年夏、ドイツを歩いてきて印象的だったことのひとつは、ドレスデンでのできごとである。
ドレスデンでは「ドイツ民主共和国の世界」(Die Welt der DDR)、つまりDDR博物館に行ってきたのだが、そこにはDDR時代の暮らしや仕事などの場が再現され、日常生活で使われた多くの道具類などの様々なモノたちが集められ展示されている。
学校の教室も再現されていて、そこでは若いホーネッカーの写真が掲げられ、テレビの画面からは1989年5月14日のパレードの映像が流れていた。
パレードでの自由ドイツ青年団(Freie Deutsche Jugend、FDJ)の映像で行進曲と歌が流れると、映像を見ていた年配男女が合わせて歌っている。
同時代の人たちなのだろうが、四半世紀が過ぎ、この映像を見てどのような思いを持っているのだろうかと思ったものだ。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_2-die-welt-d.html
Die Welt der DDR
https://www.weltderddr.de/

また、本書「第三章 農村の社会主義体験 土地改革から農業集団化へ(一九四五―一九六〇)」でバート・ドベラン郡の農村が取り上げられているが、ここにも2018年に行ってきた。
もっとも目的はモリー鉄道であるが、ロストックからバート・ドベランに向かうローカル線の車窓から、あるいはモリー鉄道の車窓から畑は見ているのだが、そのときはこの国の農村の歴史については頭をかすめなかった。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/4_3-von-bad-dob.html
そして、この日の朝散歩したときに廃墟があって、何だろうと思ったことはある。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/4_1-morgen-von.html
廃墟は、モリー鉄道の終点キュールングスボルンにもあった。
執筆者が行ったケーグスドルフ村は、キュールングスボルンよりさらに南西数キロのところに位置している。
ホーエンフェルデ村はバート・ドベランの南2キロのところにある村で、バート・ドベランに到着するときに車窓から見た景色がその一部だったのだろう。

学生の頃、何の授業でだったかは忘れたが、「東ドイツの労働者は、分業での単なる歯車的な存在ではなく、自分が担当する作業について、作業の全体を把握していてその中の任務を理解している」というようなことを教えられたことがある。
そのときは、ふうん、社会主義的人間とはそういうものかとして聞いたのだが、本書での「作業班」での作業が、もしかしたらその意味なのかもしれない。
それは本書に引用されている文献での「私たちの企業」、「自分が影響力をもっていると感じた」、「働きに行くのが好きだった」(P.88)といった労働者の思いとなっているのだろう。

「第五章 東ドイツでの余暇活動」の「3 「不測の社会」下における余暇」の「(2)消費財の「不足」と余暇」で語られる消費財の不足の状況は、「グッバイ・レーニン」でも描かれていた。

「第八章 東ドイツ「平和革命」と教会 建設兵士の活動を中心に」では、ライプツィヒのニコライ教会の活動が取り上げられているが、その「月曜デモ」などの活動は1989年に突然起こったのではなく、1981年9月13日の「平和の祈り」から始まったこと、以後の活動で「棲み分け」を求める教会指導部とも対立していったこと、1989年においても教会指導部と活動ウループトの間に揺れがあったことなど、その頃の様子をあらためて見ることができた。
この章のの「3 建設兵士らによる平和を求める活動」の「(3)徴兵制の変革を求める活動」での「剣を鍬に」運動で使用された図柄の原典となった「旧約聖書」の「ミカ書」4章3節は、注に一部が載っているが、全文は「主は多くの民の争いを裁き/はるか遠くまでも、強い国々を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし/槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない。」である。

執筆陣の世代によって、「社会主義」への想いの差が表れているのは、1989年以降の歴史を物語っている。
そして、巻末の「東ドイツ史略年表」は、以前さまざまな文献や書籍から作成した年表「ドイツを中心とした東欧史」を補完してくれる。

ドイツを中心とした東欧史
(1)1945〜1946 (2)1947〜1949 (3)1950〜1954
(4)1955〜1957 (5)1958〜1963 (6)1964〜1967
(7)1968 (8)1969〜1970 (9)1971〜1972
(10)1973 (11)1974 (12)1975
(13)1976〜1978 (14)1979 (15)1980
(16)1981 (17)1982〜1983 (18)1984
(19)1985 (20)1986〜1987 (21)1988
(22)1989(1-8) (23)1989(9-12) (24)1990(1-5)
(25)1990(6-12) (26)1991〜1993 (27)1994〜1998
(28)1999〜2000 (29)2001〜2002 (30)2001〜2005

第I部 いまなぜ東ドイツか
 第一章 歴史としての東ドイツ
 第二章 東ドイツ研究の現在
第II部 東ドイツ社会を生きる
 第三章 農村の社会主義体験 土地改革から農業集団化へ(一九四五―一九六〇)
 第四章 職場における「つながり」 工業企業現場の実態
 第五章 東ドイツでの余暇活動 休暇旅行の実態から
 第六章 高齢者と社会
 第七章 東ドイツのポピュラー音楽の系譜
 第八章 東ドイツ「平和革命」と教会 建設兵士の活動を中心に
第III部 歴史としての社会主義
 第九章 思想としての社会主義/現に存在した社会主義
 第一〇章 東ドイツの「中間グループ」の役割
 第一一章 社会主義経済再考 東ドイツ計画経済の現実
あとがき
参考文献
東ドイツ史略年表
索引

川越修/編著
河合信晴/編著
ナカニシヤ出版
http://www.nakanishiya.co.jp/book/b239954.html

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

DDR Spielzeug

f110828_004_1024
東独の玩具が満載の大型本である。
東独玩具概観、人形とぬいぐるみ、金属玩具と電気技術玩具、木の玩具、ボートと船、プラスチックの玩具、模型、軍隊玩具、筐体玩具と家庭玩具といった多くの種類の玩具や製造会社の歴史などが盛りだくさん。
独語なので細かいところまではわからないけれど、解説部分では、ハルツの職人の手で行われてきた木工芸が人民企業にまとめられていったような、東独におけるおもちゃ産業史や、西側に対抗しようとした歴史を知ることもできる。
Amazon.deのカスタマーレビューには、「掲載されているのは輸出用だと思う、幼稚園ではほとんど見なかった」とあるのは、東独内の地理的な影響、住んでいたのが都会か地方かといった影響もあるのかもしれない。

昨夏にいったドレスデンにあるDDR博物館、正式には「ドイツ民主共和国の世界」(Die Welt der DDR)には、日常生活で使われた品々が所狭しと並んでいたが、その中で再現された子ども部屋があったり、ショーケースの中に玩具類が並んでいたりした。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_2-die-welt-d.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_3-die-welt-d.html

Prolog/プロローグ
SPIELZEUG AUS DER DDR/東独の玩具
PUPPEN UND PLÜSCHTIERE/人形とぬいぐるみ
BAUKÄSTEN/組み立て玩具
METALSPIELWAREN UND ELEKTROMECHANISCHE SPIEWAREN/金属玩具と電気技術玩具
HOLZSPIEWAREN/木の玩具
BOOTE UND SCHIEFE/ボートと船
SPIELWAREN AUS PLASTE/プラスチックの玩具
MODELLSPIELWAREN/模型
MILITAÄRSPIELWAREN/軍隊玩具
GEHÄUSESPIELWAREN UND HAUSHALTSGERÄTE/筐体玩具と家庭玩具
EPILOG/エピローグ
Bernd Havenstein/著
Komet Verlag Gmbh
ISBN-10:3898366510
ISBN-13:978-3898366519
http://www.amazon.de/DDR-Spielzeug-Bernd-Havenstein/dp/3898366510

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

在りし日の食堂で コメコンデザインシリーズ(6) 社会主義食堂レシピ20選 vol.3

181113_041
東ドイツ(7)、ソヴィエト(4)、リトアニア(1)、ポーランド(2)、タジキスタン(1)、ウズベキスタン(1)、グルジア(ジョージア)(2)、ハンガリー(1)、アルバニア(1)。
凝った料理ではないので、トライしてみる価値はあるかもしれん。

第1集
第2集

イスクラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

Weltraumflug UdSSR - DDR

150529_010
「宇宙飛行 ソ連―東ドイツ」。
1979年にライプツィヒで発行された、1978年8月26日にソ連のソユーズ31号に搭乗してサリュート6号に滞在し、11月2日にソユーズ29号で地球に帰還した、ドイツ人初の宇宙飛行士ジークムント・イェーンの、帰還後の歓迎ぶりを記した豆本である。
また、製1937年2月13日に生まレ、父は製材所の労働者で会ったこと、軍に入ってソ連の軍事アカデミー「ユーリ・ガガーリン」を卒業したこと、2人の子供がいることも紹介されている。
帰還後、大佐に昇進。
当時の東ドイツ各地で視察や講演を重ね、当時のホーネッカー国家評議会議長にも会っている。
内容は、ソ連と東独の協力による宇宙飛行の成功が、インターコスモス計画に参加していた東独の技術によるものであり、宇宙での実験の成果が東独の科学技術に役立てられることも期待されていた。
こうしたことを紹介する展覧会も開催されたようだ。
最後に、ホーネッカー氏の挨拶も紹介されているが、「すでに多くの点で地球上で実りある結果を生み出してきたソ連と東独の友情は、今や宇宙で証明されている!」だったり、「今日世界は、科学、経済、文化の発展において社会主義諸国の目覚しい成功を目の当たりにして」おり、それは「マルクス、エンゲルス、レーニンの思想を証明してい」たりするのは、その10年後に何が起こったかを知っているものとしては、感慨深いものがある。

Offizin Andersen Nexö Leipzig
150529_011  150529_012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧