ドイツ関連

2020年3月18日 (水)

KLEINER WELTATLAS

200311_101
ゴータにあった地図出版社「VEB Hermann Haack Geographisch-Kartographische Anstalt Gotha」の小型世界地図。
日本の奥付のように出版年月日を入れていませんが、1960年のもののようで、この時代はまだ壁はありませんでした(壁の建設は1961年8月から)。

どのような地図なのか、今は変化してしまったところを中心に眺めてみました。

200311_111
まずはドイツ。

200311_112  200311_113_0
東の方が濃い赤で国境が縁取りされています。

200311_113_a  200311_113_b
記述のページは、「DEUTSCHE DEMOKRATISCHE REPUBLIK」と「WESTDEUTSCHLAND」、「ドイツ民主共和国」と「西ドイツ」。

200311_121  200311_122
スイスとオーストリア、国境そのものは今と変わりありません

200311_123
アドリア海に面した青い縁取りの国は、ユーゴスラビアです。

200311_130_0  200311_130_a
今は無き「UNION SOZ. SOWJ. REP.」、ソビエト社会主義共和国連邦。
記述のページはもちろん「UNION DER SOZIALISTISCHEN SOWETREPUBLIKEN」。

200311_131  200311_132
部分図として、ヨーロッパ部分、西アジア部、東アジア部分と3ページにわたっています。

200311_133  200311_134
千島列島は、ソ連領として色付けされています。

200311_141_0  200311_141_a
朝鮮半島は、休戦ラインは表示されていますが、「KOREA」と一刻扱い。
朝鮮半島の記述は「KOREANISCHE VOLKSDEMOKRATISCHE REPUBLIK」と「SÜDKOREA」、「朝鮮民主主義人民共和国」と「南朝鮮」。

200311_142
そして沖縄は、「RIUKIU」と赤の破線で囲まれています。
奄美諸島は1953年に日本に復帰しているので、赤破線の中にはありません。
尖閣諸島は、どうも赤破線枠の中にありそう。

200311_143  200311_144
記述でも、沖縄は「琉球」として独立しています。

200311_151  200311_152
ベトナムは一国として描かれています。
パキスタンは「WESTPAKISTAN」と「OSTPAKISTAN」との表記(西パキスタンと東パキスタン)で、1971年独立のバングラデシュは、まだ、ありません。

200311_153  200311_154
記述を見ると、「DEMOKRATOSCHEN REPUBLIK VIETNAM」と「SÜD VIETNAM」、「ベトナム民主共和国」と「南ベトナム」。

200311_161  200311_171
キューバはバチスタ時代か革命後か、微妙。
グアンタナモの記載はなさそうです。
アフリカの年と言われる1960年に多くのアフリカの国が独立しましたが、この地図で独立した国の名称は書かれているものの、国境の色分けは他の国ほどには明確ではありません。

目次
 テキスト、地図
発音規則
 ポーランド語、チェコ語・スロバキア語・ソロベニア語・クロアチア語・セルビア語、ハンガリー語、ルーマニア語、デンマーク語・ノルウェー語・スウェーデン語、オランダ語・フランドル語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語
地理学的数値
 地球(大きさ、緯度経度、タイムゾーン、大陸、海、近海と沿海、海峡、半島、島、高度、川、内陸湖、雪山脈、氷河、氷河域、最高度居住地、山岳鉄道が到達する最高度、トンネル、百万都市)
 ヨーロッパ(ドイツ民主共和国、西ドイツ、スイス、リヒテンシュタイン、オーストリア、チェコスロバキア、ポーランド、ハンガリー、ユーゴスラビア、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アトス、アルバニア、イタリア、バチカン、サンマリノ、マルタ、スペイン、ジブラルタル、ポルトガル、アンドラ、フランス、モナコ、ベルギー、ルクセンブルク、オランダ、イギリス、マン、カナル諸島、アイルランド、アイスランド、デンマーク、ノルウェー、スヴァールバル諸島とヤンマイエン島、スウェーデン、フィンランド)
 ソ連
 アジア(トルコ、キプロス、シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル、サウジアラビア、イエメン、アデン、アデン従属地域、マスカットとオマーン、休戦オマーン、カタール、バーレーン島、クェート、イラク、中立地帯、イラン、アフガニスタン、パキスタン、インド連邦、ブータン、ポルトガル領インド、セイロン、モルジブ、ネパール、ビルマ、たい、マレーシア連盟、シンガポール、北ボルネオ、サラワク、ブルネイ、インドネシア共和国、ポルトガル領チモール、フィリピン、カンボジア、中国、台湾、マカオ、ラオス、ベトナム民主共和国、南ベトナム、香港、日本、琉球、朝鮮人民ミンスy主義共和国、南朝鮮、モンゴル人民共和国)
 オーストラリア/オセアニア(オーストラリア、ココスまたはキーリング諸島、ノーフォーク諸島、ニュージーランド、西イリアン、パプア、ニューギニア、ナウル、イギリス領太平洋諸島、ニューヘブリディーズ、ニューカレドニア、フィジー諸島、フランス領ポリネシア、グアム、マリアナ・カロリン・マーシャル・パラオ諸島、西サモア、アメリカ領サモア、ハワイ)
 北および中央アメリカ(アラスカ、カナダ、サンピエール島・ミクロン島、グリーンランド、アメリカ合衆国、ばミューファ諸島、西インド連邦、バルバドス、ジャマイカ、トリニダード・トバゴ、リーワード諸島、ウィンドワード諸島、バージン諸島、プエルトリコ、ドミニカ共和国、ハイチ、キューバ、バハマ諸島、グアドループ、マルティニーク、小アンティル諸島、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、英領ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、パナマ運河地帯
 南アメリカ(コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、フォークランド諸島、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、フランス領ギアナ、ベネズエラ)
 アフリカ(アラブ連合共和国・エジプト、リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、スペイン領西アフリカ、ガーナ、マリ連邦、モーリタニア、象牙海岸、オートボルタ、ダホミ、ニジェール、チャド、中央アフリカ、コンゴ、ガボン、ガンビア、ポルトガル領ギニア、シエラレオネ、リベリア、ガーナ、トーゴ、ナイジェリア、カメルーン、スペイン領ギニア、コンゴ、ルアンダ・ウルンジ、ポルトガル領西アフリカ、南西アフリカ、南アフリカ連邦、ベチュアナランド、バストランド、スワジランド、ローデシア・ニヤサランド連邦、ポルトガル領東アフリカ、タンガニカ、ケニア、ウガンダ、スーダン、ソマリア、フランス領ソマリランド、エチオピア、カナリア諸島、カペヴェルデ諸島、セントヘレナ、アセンション、トリスタンダクーニャ、サントメ・プリンシペ、マダガスカル、カメルーン、レユニオン、サンジバル、モーリシャス、セーシェル)
 南極
索引、寸法と重量

地図
地球/両極、ヨーロッパ、中欧、両ドイツ(北部とデンマーク)、両ドイツ(南部)、スイス、チェコ西部とオーストリア、ベネルックス、スカンジナビア、バルト諸国、ドナウ諸国、バルカン諸国/西トルコ、イタリア、スペイン/ポルトガル、フランス、イギリス諸島、ソ連のヨーロッパ部分/ソ連の西アジア部分/ソ連の東アジア部分、アジア、オリエント、南西アジア、南東アジア、オーストラリア/オセアニア、北アメリカ、アメリカ合衆国/メキシコ、大きな湖、中央アメリカ、南アメリカ、アフリカ

索引

Hermann Haackについての、Wikiの記事。
https://de.wikipedia.org/wiki/Hermann_Haack_(Kartograf)

200311_181  200311_182
本書を送ってきていただいたショップがお使いになった詰め物が、これまたいい雰囲気。
Rimiというスーパーの、セールのカタログをひっちゃぶいたペーパーです。
このスーパー、ラトビアに本社があって、バルト三国に店舗展開しているようです。
このペーパーも、「KLEINER WELTATLAS」に挟んで保存です。

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

ティムとヤンのドイツ語講座

200307_001  200307_002
いやいや、早いドイツ語だ。
フレーズが使えるほどのドイツ語の力は全くないので、聴きながら独語文と訳を見るだけで精一杯。

ここから。
http://derdiedas.jp/category/%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a0%e3%81%a8%e3%83%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e8%aa%9e%e8%ac%9b%e5%ba%a7/

YouTubeでも視聴できる。
リンクは貼りません。

(1): Jemanden um den kleinen Finger wickeln
https://www.youtube.com/watch?v=wctL_JSIajE
(2): Sich am Riemen reissen
https://www.youtube.com/watch?v=wqAyENzqClc&list
(3): Sich mit jemandem in die Haare kriegen
https://www.youtube.com/watch?v=8ZiGNdy_YyI
(4): Im siebten Himmel schweben
https://www.youtube.com/watch?v=YoF3b427dX4
(5): der Schuh drückt
https://www.youtube.com/watch?v=oDuD2JI9fRE
(6): von jemandem / etwas die Nase voll haben
https://www.youtube.com/watch?v=CQiKaq743I0
(7): ins Fettnäpfchen treten
https://www.youtube.com/watch?v=kb1NNLzyn10
(8): am Ball bleiben
https://www.youtube.com/watch?v=QAQt7FgP0mQ
(9): In die Hose gehen
https://www.youtube.com/watch?v=CgBKRNl-iuM
(10): die Ohren steif halten
https://www.youtube.com/watch?v=cO4LhT5LVZM
(11): nicht (mehr) alle Tassen im Schranken haben
https://www.youtube.com/watch?v=v6EjafvD18A
(12): mit dem falschen Bein aufstehen
https://www.youtube.com/watch?v=GJ4EgfQqgIY
(13): seine Siebensachen packen
https://www.youtube.com/watch?v=qg8kGnsqDf0
(14): von allen guten Geistern verlassen sein
https://www.youtube.com/watch?v=mb-TiozeSEk
(15): das Salz in der Suppe sein
https://www.youtube.com/watch?v=1g5JHAK6jPE
(16): eine lange Leitung haben
https://www.youtube.com/watch?v=r3at9K0tQ6M
(17): nah am Wasser gebaut sein
https://www.youtube.com/watch?v=zagXBqHo3lU
(18): Däumchen drehen
https://www.youtube.com/watch?v=eUZvDbHoFlY
(19): den Faden verlieren
https://www.youtube.com/watch?v=4deHqo9oDN4
(20): auf jemanden / etwas ein Auge werfen
https://www.youtube.com/watch?v=nKYrXEL5y4c
(21): alles in Butter
https://www.youtube.com/watch?v=nrmdzIRm1ZM
(22): etwas durch die Blume sagen
https://www.youtube.com/watch?v=t8YfapPQaKM
(23): Eigenlob stinkt
https://www.youtube.com/watch?v=X6-VHduIckE
(24): im Eimer sein
https://www.youtube.com/watch?v=Db23yfAShJg
(25): Schwein haben
https://www.youtube.com/watch?v=f5XZHzFygSM
(26): leben wie Gott in Frankreich
https://www.youtube.com/watch?v=D8cgmfJ3VXc
(27): da ist der Wurm drin
https://www.youtube.com/watch?v=RIo3KAsuX88
(28): seinen Senf dazugeben
https://www.youtube.com/watch?v=wvl7VxSso-U
(29): Geld zum Fenster hinauswerfen
https://www.youtube.com/watch?v=V8YFjXmR2z4
(30): ein Auge zudrücken
https://www.youtube.com/watch?v=KQy-ml78C64
(31): hinter dem Mond leben
https://www.youtube.com/watch?v=bhX2DqtbHUE
(32): auf der Zunge liegen
https://www.youtube.com/watch?v=AJKCYNj_0Mc
(33): (etwas) in Kauf nehmen
https://www.youtube.com/watch?v=XdTtxECpfHc
(34): jemandem auf die Nerven gehen
https://www.youtube.com/watch?v=YBByfMogU9w
(35): das Thema ist gegessen
https://www.youtube.com/watch?v=SnAPuzalGuM
(36): einen Kater haben
https://www.youtube.com/watch?v=K9ZnSXTZ6wg
(37): ein großes Rad drehen
https://www.youtube.com/watch?v=D389jNZVEZU
(38): mit Kanonen auf Spatzen schießen
https://www.youtube.com/watch?v=lweiHAHl5uE
(39): etwas auf dem Herzen haben
https://www.youtube.com/watch?v=zSap0zw21uk
(40): etwas (genau) unter die Lupe nehmen
https://www.youtube.com/watch?v=sDBLgSAbPkw
(41): etwas auf die leichte Schulter nehmen
https://www.youtube.com/watch?v=oac1gg7wT5A
(42): einen Korb bekommen
https://www.youtube.com/watch?v=yh0J03jJxXk
(43): auf heißen Kohlen sitzen
https://www.youtube.com/watch?v=T55aI8mGc5w
(44): aus einer Mücke einen Elefanten machen
https://www.youtube.com/watch?v=IxOv2Kr44C8
(45): ein Herz und eine Seele sein
https://www.youtube.com/watch?v=hwk718ZxWss
(46): das ist nur die halbe Miete
https://www.youtube.com/watch?v=iUZQh672200
(47): die Fassung verlieren
https://www.youtube.com/watch?v=qVFM8G1b8Z0
(48): kein Blatt vor den Mund nehmen
https://www.youtube.com/watch?v=SCkTMwQvTNs
(49): sich (zu) weit aus dem Fenster lehnen
https://www.youtube.com/watch?v=Yg3QGnprfkw
(50): jemanden / etwas links liegen lassen
https://www.youtube.com/watch?v=fMA4nT0BlNc
(51): eine Schraube locker haben
https://www.youtube.com/watch?v=AHq0awkgVG4
(52): die Flinte ins Korn werfen
youtube.com/watch?v=YbhmxhKcnwM
(53): sich (nicht) mit Ruhm bekleckern
https://www.youtube.com/watch?v=Sd7o8tVly3s
(54): das Ruder herumreißen
https://www.youtube.com/watch?v=SlNuL_mxrBA
(55): (bei jemandem) einen Stein im Brett haben
https://www.youtube.com/watch?v=-SbAnu0s1fA
(56): jemanden übers Ohr hauen
https://www.youtube.com/watch?v=KRwe1w0iFZI
(57): etwas/jemanden auf Herz und Nieren prüfen
https://www.youtube.com/watch?v=fuxJ965IJk0
(58): vom Regen in die Traufe kommen
https://www.youtube.com/watch?v=oJFOwjLuSdo
(59): ein Haar in der Suppe finden / suchen
https://www.youtube.com/watch?v=csGIgRE7FM4
(60): am seidenen Faden hängen
https://www.youtube.com/watch?v=XMToemByteM
(61): Kopf und Kragen riskieren
https://www.youtube.com/watch?v=C05DuOjGnWI
(62): jemanden hinters Licht führen
https://www.youtube.com/watch?v=QKH4f5mDrgo
(63): jemanden auf die Palme bringen
https://www.youtube.com/watch?v=MlvjYHhpCVY
(64): den Nagel auf den Kopf treffen
https://www.youtube.com/watch?v=lM-3YLPTpa0
(65): jemandem die Daumen drücken
https://www.youtube.com/watch?v=uoT9u1xvE2g
(66): in der Not frisst der Teufel Fliegen
https://www.youtube.com/watch?v=RYtxp7y_ir0
(67): jemanden auf den Arm nehmen
https://www.youtube.com/watch?v=DAgXb-7kWxs
(68): jemandem rutscht das Herz in die Hose
https://www.youtube.com/watch?v=4n-ryPc1RGE
(69): auf Messers Schneide stehen
https://www.youtube.com/watch?v=ArJK_eWUtaI
(70): etwas an den Nagel hängen
https://www.youtube.com/watch?v=dxSFuA2RtlM
(71): der Zug ist abgefahren
https://www.youtube.com/watch?v=a5MrKEYCaMo
(72): jemandem in die Quere kommen
https://www.youtube.com/watch?v=efxxyWqsDCQ
(73): sich mit fremden Federn schmücken
https://www.youtube.com/watch?v=OU1TVjq_bHc
(74): (eine) gute Miene zum bösen Spiel machen
https://www.youtube.com/watch?v=uI-gG_zFbsg
(75): Perlen vor die Säue werfen
https://www.youtube.com/watch?v=ZlNGbftDDI0
(76): ein Tropfen auf den heißen Stein
https://www.youtube.com/watch?v=2BB1JCC78m8
(77): am Boden zerstört sein
https://www.youtube.com/watch?v=i3OULGPNCIQ
(78): total aus dem Häuschen sein
https://www.youtube.com/watch?v=akl6yYwxFlo
(79): die Katze im Sack kaufen
https://www.youtube.com/watch?v=7vDE13BpCrM
(80): jemandem ist eine Laus über die Leber gelaufen
https://www.youtube.com/watch?v=VUSQNv0A1IA
(81): einen Dickschädel haben/ein Dickschädel sein
https://www.youtube.com/watch?v=hv0lFDjpYxA
(82): das fünfte Rad am Wagen sein
https://www.youtube.com/watch?v=wHvjwjb1fAk
(83): über den eigenen Schatten springen
https://www.youtube.com/watch?v=yvePtFNouVQ
(84): jemandem einen Floh ins Ohr setzen
https://www.youtube.com/watch?v=gkxSdfQpP_Y
(85): jemandem kommt etwas spanisch vor
https://www.youtube.com/watch?v=-WZoUK66QSc
(86): den Kopf in den Sand stecken
https://www.youtube.com/watch?v=Tr7gMQ840bE
(87): ins Schwarze treffen
https://www.youtube.com/watch?v=W2yiHSjY58Q
(88): jemandem Honig um den Bart schmieren
https://www.youtube.com/watch?v=9RBzF4P6F5M
(89): das passt wie die Faust aufs Auge
https://www.youtube.com/watch?v=1HUsDebF6dM
(90): in den sauren Apfel beißen (müssen)
https://www.youtube.com/watch?v=8vdScDhd8bE
(91): gehupft wie gesprungen
https://www.youtube.com/watch?v=aVwOzOmus4o
(92): jemandem Salz in die Wunde streuen
https://www.youtube.com/watch?v=9ZTDyHNV8CM
(93): vor Wut an die Decke gehen
https://www.youtube.com/watch?v=WV5J1ICHdYY
(94): (noch) grün hinter den Ohren sein
https://www.youtube.com/watch?v=1zVhnSQXB4g
(95): das Herz schlägt (jemandem) bis zum Halse
https://www.youtube.com/watch?v=ryijJY6Vllo
(96): sich in jemanden hineinversetzen
https://www.youtube.com/watch?v=jlXv6eYwlIE
(97): durch den Wind sein
https://www.youtube.com/watch?v=McdBuEtyQv8
(98): in jemandes Fußstapfen treten
https://www.youtube.com/watch?v=QPvLK3TDwbc
(99): jemandem einen Bären aufbinden
https://www.youtube.com/watch?v=cp_AtPQmbnk
(100): den Teufel an die Wand malen
https://www.youtube.com/watch?v=vL0WxuWE_rA
(101): ein Stein vom Herzen fallen
https://www.youtube.com/watch?v=Rw3s1akYIZ8
(102): den Bogen raus haben
https://www.youtube.com/watch?v=W2k3w7CRsjc
(103): etwas wie seinen Augapfel hüten
https://www.youtube.com/watch?v=jkrgHUwHgbQ
(104): jemandem schöne Augen machen
https://www.youtube.com/watch?v=-73vGwe_raQ
(105): sich an etwas nicht sattsehen können
https://www.youtube.com/watch?v=rDM-FbNUE4s
(106): 08/15 (nullacht-fünfzehn)
https://www.youtube.com/watch?v=qONig_loqmA
(107): auf Achse sein
https://www.youtube.com/watch?v=WQdqPX5L_gE
(108): Äpfel mit Birnen vergleichen
https://www.youtube.com/watch?v=nDVb1F-7o5c
(109): sich etwas abschminken
https://www.youtube.com/watch?v=BM0ObQsKB_k
(110): nur Bahnhof verstehen
https://www.youtube.com/watch?v=GuA5DRpXGjI
(111): sich vom Acker machen
https://www.youtube.com/watch?v=6HVRh3M4bbo
(112): das A und O (sein)
https://www.youtube.com/watch?v=dd5MWLxP5qE
(113): einen Affenzirkus veranstalten
https://www.youtube.com/watch?v=MOZP-TwPW7o
(114): (sich) etwas aus dem Ärmel schütteln
https://www.youtube.com/watch?v=1FclBmO2Qxw
(115): (etwas) auf die lange Bank schieben
https://www.youtube.com/watch?v=fbmE8t-Zfm8
(116): den Braten riechen
https://www.youtube.com/watch?v=09R0zmxqdP8
(117): einen Besen fressen
https://www.youtube.com/watch?v=Dfm0hnPoBCQ
(118): Blut und Wasser schwitzen
https://www.youtube.com/watch?v=7A_-dRbDmb4
(119): kleine Brötchen backen
https://www.youtube.com/watch?v=kMjyLnsTODk
(120): ein Brett vor dem Kopf haben
https://www.youtube.com/watch?v=mxuZbQXs_LU
(121): jemandem einen Bärendienst erweisen
https://www.youtube.com/watch?v=a2MowYfGQF8
(122): einen Denkzettel verpassen
https://www.youtube.com/watch?v=tn0seexuKK4
(123): n die Brüche gehen
https://www.youtube.com/watch?v=eDw1i9JFbFw
(124): unter einer Decke stecken
https://www.youtube.com/watch?v=TmrlZzGa25E
(125): einen Dachschaden haben
https://www.youtube.com/watch?v=EPs4nRQmI4w
(126): eine Brücke bauen
https://www.youtube.com/watch?v=NxkE1g5aYyw
(127): mit jemandem durch dick und dünn gehen
https://www.youtube.com/watch?v=FDq8Fz4njgg
(128): hier herrscht dicke Luft
https://www.youtube.com/watch?v=Pl1Eoi-y5LQ
(129): etwas aus dem Effeff beherrschen
https://www.youtube.com/watch?v=8n2l6ykKx38
(130): Dreck am Stecken haben
https://www.youtube.com/watch?v=kGt9-0KSt3U
(131): sich wie ein Elefant im Porzellanladen benehmen
https://www.youtube.com/watch?v=AtFlTPbWlpQ
(132): etepetete sein
https://www.youtube.com/watch?v=vlLUt2G2VoI
(133): Farbe bekennen
https://www.youtube.com/watch?v=sS6g3LnpTkg
(134): fix und fertig sein
https://www.youtube.com/watch?v=561jqEMI0uU
(135): einen Frosch im Hals haben
https://www.youtube.com/watch?v=-3XovCGbRmw
(136): jemandem schwimmen die Felle weg
https://www.youtube.com/watch?v=pSvc1sq-yrc
(137): weg vom Fenster sein
https://www.youtube.com/watch?v=z5K9RVQI5fI
(138): jemandem auf den Geist gehen // das geht mir auf den Geist
https://www.youtube.com/watch?v=Uc8nyke6yyw
(139): sein Fett weg bekommen
https://www.youtube.com/watch?v=OeiaCXxa98k
(140):Gewehr bei Fuß stehen
https://www.youtube.com/watch?v=xRZUFt0GmB4
(141): mit dem linken Fuß aufstehen
https://www.youtube.com/watch?v=pNwDPxpyP98
(142): zu tief ins Glas blicken
https://www.youtube.com/watch?v=3xECmhn1elc
(143): etwas an die große Glocke hängen
https://www.youtube.com/watch?v=ycScNBI_-DU
(144): jemandem auf den Keks gehen
https://www.youtube.com/watch?v=bCsB_F4tS8s
(145): die Sache hat einen Haken
https://www.youtube.com/watch?v=kfE15T1Q53g
(146): das hat Hand und Fuß
https://www.youtube.com/watch?v=CIjapgfN-7A
(147): sich nicht grün sein
https://www.youtube.com/watch?v=O3AgBnShzAw
(148): der Hahn im Korb sein
https://www.youtube.com/watch?v=d6UFp9GVrPQ
(149): mit offenen Karten spielen
https://www.youtube.com/watch?v=jRGKVbbvzdY
(150): (bei jemandem) auf Granit beißen
https://www.youtube.com/watch?v=wG6kZI2kX5o
(151): auf die schiefe Bahn geraten
https://www.youtube.com/watch?v=L3as5wODBno
(152): etwas auf die Goldwaage legen
https://www.youtube.com/watch?v=H4ldBF3zyfg
(153): Haare auf den Zähnen haben
https://www.youtube.com/watch?v=rmf0TTEcasg
(154): jemandem reißt der Geduldsfaden
https://www.youtube.com/watch?v=QuNXszTZhrU
(155): (sich) die Hände in Unschuld waschen
https://www.youtube.com/watch?v=u0L_QeIbw04
(156): eine beleidigte Leberwurst sein
https://www.youtube.com/watch?v=eM_eprzMIQc
(157): auf der faulen Haut liegen
https://www.youtube.com/watch?v=VS6tB5MdyG4&t=6s
(158): das Handtuch werfen
https://www.youtube.com/watch?v=QVR9RW--WcU
(159): auf den Nägeln brennen
https://www.youtube.com/watch?v=zIKizR_D0xg
(160): ein Ass im Ärmel haben
https://www.youtube.com/watch?v=tA_Aaejmyq0
(161): auf dem Holzweg sein
https://www.youtube.com/watch?v=77XNK6MlFGM
(162): das ist Jacke wie Hose
https://www.youtube.com/watch?v=TMlqfyaf854
(163): da liegt der Hund begraben
https://www.youtube.com/watch?v=v_73pW86ePE
(164): das ist kalter Kaffee
https://www.youtube.com/watch?v=W_A_ulSZRgw
(165): jemanden über den grünen Klee loben
https://www.youtube.com/watch?v=MYMFwg6synA
(166): etwas auf die (eigene) Kappe nehmen
https://www.youtube.com/watch?v=EyoMHZbiunA
(167): Kreide fressen
https://www.youtube.com/watch?v=9KlEuk7Uc8w
(168): durch die Lappen gehen
https://www.youtube.com/watch?v=RuXbnLZEJrU
(169): jemanden durch den Kakao ziehen
https://www.youtube.com/watch?v=kMhxA7Pcql4
(170):sich etwas unter den Nagel reißen
https://www.youtube.com/watch?v=ViG7fY9nOhM
(171): sich an die eigene Nase fassen
https://www.youtube.com/watch?v=CtmWrFM6ADo&t=7s
(172): den Kürzeren ziehen
https://www.youtube.com/watch?v=z4PcRT4dgoY
(173): jemanden in die Mangel nehmen
https://www.youtube.com/watch?v=Xngr63VJ_F8
(174): alles auf eine Karte setzen
https://www.youtube.com/watch?v=Arg5QItQHRQ
(175): das ist nicht auf jemandes Mist gewachsen
https://www.youtube.com/watch?v=eTXzGj1o6L4
(176): sich um Kopf und Kragen reden
https://www.youtube.com/watch?v=3MEUpQOmSLU
(177): eine Sache übers Knie brechen
https://www.youtube.com/watch?v=v6-U1dXEbpw
(178): das geht auf keine Kuhhaut
https://www.youtube.com/watch?v=tnP-M3xhVY0
(179): nicht auf den Mund gefallen sein
https://www.youtube.com/watch?v=qi9poxOJqmM
(180): es ist zum Mäusemelken
https://www.youtube.com/watch?v=Cm-p6S9lFPE

Martin Fritz/著
赤坂桃子/著
三修社
https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384058994/

| | コメント (0)

チロルの悲劇 アンドレーアス・ホーファー

200110_911  200110_912
オーストリアには十数度行っているが、ウィーンから西の地方はザルツブルクまでで、以西にはまだ足を踏み入れていない。
さまざまな映像などを見ていると、たぶん、ウィーンの人たちの気質とは全然違うのだろうなと思う。
そして、一度は行くべきところだと、強く思った。

解説で、作者のインマーマン(プロイセン生まれ)は、初版執筆後にチロルに行き、「チロル見聞記」にまとめたことが紹介されている。
このときのチロル見聞は、改訂版に活かされたらしい。
この時インスブルックでは、泊まった人の名前を見ることのできる「金鷲亭(Zum Goldenen Adler、現在もある)には泊まれなかったようだ。
同時代のハイネは、ここに泊まったようだ「ミュンヘンからジェノバへの旅」(ハイネ散文作品集第2巻「『旅の絵』より」に所収)。
そして、当時のオーストリア帝国政府は、「チロル農民蜂起の反政府的な側面が民衆の間に大きくもてはやされないように神経質に配慮し、同時に、オーストリアの忠臣としてのホーファーを讃えようという政策を取っていたことがうかがわれる」(P.247)とあるのは、先日読んだ「検閲帝国ハプスブルク」を重ねてしまう。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-302280.html

上下二段組の本書なので、初版と改訂版を上下にすれば、対比がおもしろかったかもしれない。

「Wien Geschichte Wiki」に、「Andreas Hofer」の記事がある。
https://www.geschichtewiki.wien.gv.at/Andreas_Hofer

独語版Wikipediaに、「Andreas Hofer」の記事がある。
https://de.wikipedia.org/wiki/Andreas_Hofer

「Südtirolerland」というサイトにも、「Andreas Hofer」の記事がある。
https://www.suedtirolerland.it/de/highlights/brauchtum-kultur/andreas-hofer/

『チロルの悲劇』(初版)
 第一幕 ベルクイーゼルにフランス軍登場、農民軍の団結
 第二幕 ベルクイーゼルの決戦
 第三幕 休戦とフランス軍司令本部、農民軍の困難
 第四幕 フィラハでのイタリア副王とホーファー
 第五幕 ホーファーの逃亡と逮捕
『アンドレーアス・ホーファー』(改訂版)
 第一幕 ベルクイーゼルにフランス軍登場、農民軍の団結
 第二幕 ベルクイーゼルの決戦
 第三幕 ウィーンのオーストリア宰相
 第四幕 フィラハでのイタリア副王とホーファー
 第五幕 ホーファーの逃亡と逮捕
解説
年表
訳者あとがき

カール・インマーマン/著
宇佐美幸彦/訳
酒井友里/訳
関西大学出版部
http://www.kansai-u.ac.jp/Syppan/product/detail_product.php?control=2&tbl_product_autono=702
http://www.ajup-net.com/bd/isbn978-4-87354-710-7.html

| | コメント (0)

2020年2月29日 (土)

ホロコーストを次世代に伝える アウシュビッツ・ミュージアムのガイドとして

200226_001  200226_002
以前、ミュンヘンに行ったときにNSDAP関連の跡を歩いてみたことがある。
 フーバー教授記念広場とショル兄妹記念広場 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-25da.html
 白バラ記念館 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-ee44.html
 NSDAP関連地の散策 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/nsdap-ce44.html
 国家社会主義犠牲者記念広場と白バラ記念碑 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-6b7c.html
 将軍堂とオデオンスプラッツ http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-d325.html
 卑怯者の小径と裁判所 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/10-eaf8.html
このときは、ミュンヘンから足を伸ばしてダッハウ収容所にも行ってきた。
 ダッハウへ http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7c7c.html
 ダッハウ収容所 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-190b.html
 食堂棟と囚人棟、ムゼウム http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e03f.html
 二度と繰り返すな http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-72f2.html
 白バラふたたび http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-16dc.html
 ペルラッハ・フォルスト墓地 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e1b0.html

200226_011  200226_012
ダッハウにも、門に「ARBEIT MACHT FREI」があるのだが、「B」の文字は、アウシュビッツのようには逆さまにはなっていない。

また、ウィーンでも、負の遺産にまつわるウィーンの碑めぐりをやってみた。
 ゲシュタポ犠牲者のための記念碑、ホローコースト記念碑、ナチ時代の澳人の脱走兵や兵役拒否者祈念の碑 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-d261b3.html
 戦争とファシズムに反対する記念碑 http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-7fdafb.html

ずっと以前のベトナムも、戦争の跡を訪ねた旅だった。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/vietnam-report.html

ここ、アウシュビッツも、いつかは行ってみたい。
他にも、自らのこととしては、中国にもいかなきゃとは思っている。

プロローグ
I アウシュヴィッツ・ミュージアムの道のり
  アウシュヴィッツ強制収容所からミュージアムへ
  体験者からの伝達
  東西冷戦のなかで
  東欧の自由・民主化を経て
  記憶の風化とその対策
  ローマ法王訪問と欧州連合の拡大
II ガイドとしてホロコーストと向き合う
  戦争を知らない世代からの伝達
  歴史学習のための戦争遺産
  フィールドワークのための戦争遺産
  日本人の見学者たち
  ひめゆり学徒の方々との出会い
  私とポーランドとの出会い
  日本人からの伝達
エピローグ

中谷剛
岩波書店
https://www.iwanami.co.jp/book/b254248.html

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

レクトロ物語

190522_001  190522_002
レクトロは、自分の気持ちに忠実で、その気持ちに沿った暮らしに一定入ることができるのだが、やがて裏切られてしまう。
最後は死を迎えるのだが、その死によってそれまでかかわった人たち生き物たちと邂逅できるのだが、これは、真面目に生きて報われない、現代社会に対する広い意味での「風刺」であろう。

クレーンから降りてこないクレーン男の親友としてのレクトロが登場する、チムニクの「クレーン男」は読んだ。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-d4c621.html
ドイツの絵本作家チムニク(Reiner Zimnik)の邦訳は、「タイコたたきの夢」(パロル舎)、「熊とにんげん」(徳間書店)、「かしこいふくろう」(佑学社)、「ゆきのプレゼント」(童話屋)、「ビルのふうせんりょこう」(アリス館)、「くまのオートバイのり」(佑学社)、「セーヌの釣りびとヨナス」(パロル舎)などが出ている。

ライナー・チムニク/著
上田真而子/訳
福音館
https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1011

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍

191111_011  191111_012
本書は、独ソ戦を、「通常戦争」「収奪戦争」そして「絶滅戦争」とのレベルを提示し、「通常戦争」から「絶滅戦争」へと進む中でのWehrmacht(国防軍)の役割を示す。
著者の本は、先日『「砂漠の狐」ロンメル』を読んだ。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-456c05.html
著者によるパウル・カレル批判は本書でも同様なのだが、正直言えば、パウル・カレルの本は、読んでいて面白いのだな、パウリ・カレル評価は横に置いておいて。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-6fd6.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-003c.html

マルクス・プランにしてもロスベルク・プランにしても、あるいは対フランスにあってのマンシュタイン・プランは、第一次世界大戦のシュリーフェン・プランにどう学んだのだろうか。

ソ連側からの対独戦争は、ナショナリズムを鼓舞して「大祖国戦争」として展開されたのであれば、スターリンによる「大テロル」がソ連を覆う中でいかに進めることができたのか、あるいはグルジア人のスターリンが、いかにして「ソ連の大祖国戦争」を組織化できたのか。
本書は主としてドイツ側から見た独ソ戦であるが、ソ連側から見たソ独戦としての「大祖国戦争」側からも、見てみたい。

そして、独ソ戦での役割はほぼなかったしナチス・ドイツのプロパガンダでしかなったにせよ、「ロシア解放軍」にも触れてみてよかったのではなかろうか。

巻末の年表は、表にしたほうがみやすかったと思う。

現在の日本がこれからどのような道を進んでいくのか、歴史から学んで進路をさだめていくことをしているのか、ドイツやソ連の独ソ戦での経験をどう学ぶかと不可分ではなかろう。

東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2019090802000176.html
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190922/ddm/015/070/002000c

はじめに 現代の野蛮
第一章 偽りの握手から激突へ
 第一節 スターリンの逃避
 第二節 対ソ戦決定
 第三節 作戦計画
第二章 敗北に向かう勝利
 第一節 大敗したソ連軍
 第二節 スモレンスクの転回点
 第三節 最初の敗走
第三章 絶滅戦争
 第一節 対ソ戦のイデオロギー
 第二節 帝国主義的収奪
 第三節 絶滅政策の実行
 第四節 「大祖国戦争」の内実
第四章 潮流の逆転
 第一節 スターリングラードへの道
 第二節 機能しはじめた「作戦術」
 第三節 「城塞」の挫折とソ連軍連続攻勢の開始
第五章 理性なき絶対戦争
 第一節 軍事的合理性の消失
 第二節 「バグラチオン」作戦
 第三節 ベルリンへの道
終章 「絶滅戦争」の長い影
文献解題
略称,および軍事用語について
独ソ戦関連年表
おわりに

大木毅/著
岩波書店
https://www.iwanami.co.jp/book/b458082.html

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

「馬車よ、ゆっくり走れ」と「ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集」

190522_021  190522_022
馬車よ、ゆっくり走れ
「馬車よ、ゆっくり走れ」は、東山魁夷さんがかつて留学したドイツ・オーストリアを、30数年後の1969年になって奥様とともにめぐった紀行エッセイである。
装丁も東山魁夷さん。
冒頭のカラーの「ローテンブルクの泉」と、各章の扉頁に描かれたスケッチ以外に、絵は登場しない。
その絵のない文章読んでいて、東山魁夷さん、ドイツが本当に好きなんだなと思う。
たしかに、ドイツの街、あまり大都会でない街、大都会でも大通りではない路地などを歩いていると、初めて来たところでも、妙に懐かしい思いがするのは何故なのだろう?
いくつかの街は歩いたことがあるので、出てくる場所(通りや川、お店など)を見て、ああ、あのあたりだと思い出しながら読むのだが、半世紀近く前の雰囲気はいまとは大きく違っているのだろう。

旅で飲むのは葡萄酒、レストランでは給仕、ホテルではメイドが世話をしてくれる。
それにしても、東山魁夷さんご夫妻の、アルツブルク音楽祭で終わる約5ヶ月に渡るドイツ・オーストリア旅行は、本書を読むと大使館からお迎えがあったり街の案内があったり、たぶん、このたびをプロデュースし支えた人の力があったのだろう。
そして、すべてのスケジュールがあらかじめ組まれていたのではなく、大まかな行程があって、旅しながら細部を決めて行ったのではないだろうか。

ザンクト・ヴォルフガングの記述で、「ザルツカムマーグートと呼ばれるこの地方は、ザルツブルクの西方の山地に」(P.412)とあるが、「ザルツブルクの東方の山地」である。

この旅で「ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集」が生まれた。
「馬車よ、ゆっくり走れ」訪れたところが「ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集」のどこに出てくるかを、左に「馬車よ、ゆっくり走れ」で出てきた街とページを、右に「ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集」の作品名とページを記しておく。

リューベック 9 窓明り 14
リューベック 9 霧の町 18
リューベック 9 石畳の道 20
リューベック 9 ホルシュテン門の窓 106
メルン 33 水辺の町 30
リューネブルガー・ハイデ 49 燎原 32
ツェレ 55 ツェレの家 34
リューデスハイム 130 リューデスハイムにて 130
リンブルク 139 朝の聖堂 24
リンブルク 139 夕べの聖堂 26
ハイデルベルク 148 緑のハイデルベルク 50
ヴィムプヘン 163 静かな町 44
ヴィムプヘン 163 古都遠望 46
フライブルク 168 晩鐘 40
フライブルク 168 フライブルクにて 115
ニュールンベルク 182 ニュルンベルクの窓 36
ニュールンベルク 182 デューラーの家より 42
バンベルク 192 バンベルクのドーム 14
バンベルク 192 バンベルクにて 118
ローテンベルク 204 ローテンベルクの門 16
ローテンベルク 204 赤い屋根 17
ローテンベルク 204 窓明り 18
ローテンベルク 204 19
ローテンベルク 204 丘の上のローテンベルク 20
ローテンベルク 204 ローテンブルクの泉 56
ディンケルスビュール 225 ホテル・ドイチェス・ハウス 50
ネルトリンゲン 247 石の窓 10
ネルトリンゲン 247 ホテル・太陽 109
ネルトリンゲン 247 ネルトリンゲンの町 120
ケーニヒスゼー 290 明けゆく山湖 66
オーバーゼー 294 緑深き湖 68
オーバーゼー 294 みづうみ 70
クレームス 354 坂道の家 88
クレームス 354 ホテル・ポスト 138
メルク 359 青きドナウ 86
フェルンパス 380 水澄む 92
エッツ 396 丘の教会 94
エッツ 396 マリアの壁 96
ザンクト・ヴォルフガング 412 湖畔の村 84
ザンクト・ヴォルフガング 412 白馬亭 134
ザルツブルク 422 ホーエン・ザルツブルク城 76
ザルツブルク 422 雪の城 80
ザルツブルク 422 緑苑の花 140

190522_023  190522_024
ドイツ
1 リューベック
2 ラウエンブルクの春
3 ホルシュタイニシェ・シュヴァイツ
4 リューネブルガー・ハイデ
5 ゴスラー
6 ベルリン
7 ハンブルグ
8 ラインに沿って
9 フランクフルト・アム・マイン
10 ヴォルムス
11 アルト・ハイデルベルク
12 ネッカー河に沿って
13 フライブルク
14 ニュールンブルク
15 バンベルク
17 アウグスブルク
17 ローテンブルク
18 ディンケルスピュール
19 ネルトリンゲン
20 ミュンヘン
21 南バイエルンの山で
22 山の湖
23 ベルヒテスガーデン
オーストリア
1 ウィーン
2 ブルゲンラント
3 ドナウ河に沿って
4 インスブルック
5 フェルン峠
6 ザンクト・アントン
7 エッツ谷
8 ツェル・アム・ゼー
9 ザンクト・ヴォルフガング
10 ザルツブルク

東山魁夷/著
新潮社

190210_041  190210_042
ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集
「ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集」は、「馬車よ、ゆっくり走れ」の旅から生まれた作品である。
大都市を描いた作品は、ない。
いくつかの作品は、1年前の「生誕110年 東山魁夷展」で観ることができた。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/110-d0d4.html

「馬車よ、ゆっくり走れ」で訪れたところが「ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集」に掲載された作品が「馬車よ、ゆっくり走れ」のどこに出てくるかを、左に「ドイツ・オーストリア 東山魁夷小画集」の作品名とページ、右に「馬車よ、ゆっくり走れ」で出てきた街とページを記しておく。

1 窓明り 14 リューベック ドイツ 9
2 霧の町 18 リューベック ドイツ 9
3 石畳の道 20 リューベック ドイツ 9
4 朝の聖堂 24 リンブルク ドイツ 139
5 夕べの聖堂 26 リンブルク ドイツ 139
6 水辺の町 30 メルン ドイツ 33
7 燎原 32 リューネブルガー・ハイデ ドイツ 49
8 ツェレの家 34 ツェレ ドイツ 55
9 ニュルンベルクの窓 36 ニュールンベルク ドイツ 182
10 石の窓 38 ネルトリンゲン ドイツ 247
11 晩鐘 40 フライブルク ドイツ 168
12 静かな町 44 ヴィムプヘン ドイツ 163
13 古都遠望 46 ヴィムプヘン ドイツ 163
14 バンベルクのドーム 48 バンベルク ドイツ 192
15 緑のハイデルベルク 50 ハイデルベルク ドイツ 148
16 ローテンベルクの門 52 ローテンベルク ドイツ 204
17 赤い屋根 56 ローテンベルク ドイツ 204
18 窓明り 58 ローテンベルク ドイツ 204
19 60 ローテンベルク ドイツ 204
20 丘の上のローテンベルク 62 ローテンベルク ドイツ 204
21 明けゆく山湖 66 ケーニヒスゼー ドイツ 290
22 緑深き湖 68 オーバーゼー ドイツ 294
23 みづうみ 70 オーバーゼー ドイツ 294
24 ホーエン・ザルツブルク城 76 ザルツブルク オーストリア 422
25 雪の城 80 ザルツブルク オーストリア 422
26 湖畔の村 84 ザンクト・ヴォルフガング オーストリア 412
27 青きドナウ 86 メルク オーストリア 359
28 坂道の家 88 クレームス オーストリア 354
29 水澄む 92 フェルンパス オーストリア 380
30 丘の教会 94 エッツ オーストリア 396
31 マリアの壁 96 エッツ オーストリア 396
32 森の幻想 98 - ドイツ -
33 ステンド・グラス 104 - ドイツ -
34 古道具屋の窓 105 - ドイツ -
35 ホルシュテン門の窓 106 リューベック ドイツ 9
36 揺れる窓 107 - ドイツ -
37 町角 108 - ドイツ -
38 ホテル・太陽 109 ネルトリンゲン ドイツ 247
39 古いガラス絵 110 - ドイツ -
40 花のある窓 111 - ドイツ -
41 青い窓 112 - ドイツ -
42 デューラーの家より 113 ニュールンベルク ドイツ 182
43 祭りの日 114 - ドイツ -
44 フライブルクにて 115 フライブルク ドイツ 168
45 鐘のある窓 116 - ドイツ -
46 内庭 117 - ドイツ -
47 バンベルクにて 118 バンベルク ドイツ 192
48 穀倉 119 - ドイツ -
49 ネルトリンゲンの町 120 ネルトリンゲン ドイツ 247
50 ホテル・ドイチェス・ハウス 121 ディンケルスビュール ドイツ 225
51 聖堂の中 122 - ドイツ -
52 夕かげ 123 - ドイツ -
53 家並 124 - ドイツ -
54 人形芝居の小屋 125 - ドイツ -
55 塔の影 126 - ドイツ -
56 ローテンブルクの泉 127 ローテンブルク ドイツ 204
57 絵のある窓 128 - ドイツ -
58 野の花 129 - ドイツ -
59 リューデスハイムにて 130 リューデスハイムにて ドイツ 130
60 ティロルの窓 131 - オーストリア -
61 描かれた窓 132 - オーストリア -
62 酒場の看板 133 - オーストリア -
63 白馬亭 134 ザンクト・ヴォルフガング オーストリア 412
64 骨董屋 135 - オーストリア -
65 鐘楼の窓 136 - オーストリア -
66 裏窓 137 - オーストリア -
67 ホテル・ポスト 138 クレームス オーストリア 354
68 ザルツブルクの看板 139 ザルツブルク オーストリア 422
69 緑苑の花 140 ザルツブルク オーストリア 422
70 ミラベル宮殿 141 ザルツブルク オーストリア 422
71 居酒屋 142 - オーストリア -

はじめに・憧憬と郷愁
ドイツ
オーストリア
スケッチ・ドイツ
スケッチ・オーストリア
あとがき・ドイツ、オーストリアを旅して
文庫版あとがき
図版目録

東山魁夷/著
新潮社
https://www.shinchosha.co.jp/book/123204/

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

Das schweigende Klassenzimmer/沈黙する教室

190708_021  190708_022
先日見た映画「僕たちは希望という名の列車に乗った」の原作を、独語原著と翻訳とを同時進行で読む。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-371ced.html
原著のサブタイトルは「Eine wahre Geschichte über Mut, Zusammenhalt und den Kalten Krieg」、「勇気、結束、冷戦についての真実の物語」ってところか。
190624_011  190624_012
邦訳本(本書)のサブタイトルは「1956年東ドイツ—自由のために国境を越えた高校生たちの真実の物語」。

映画と本書とでは、黙祷事件→調査→退学処分→西への逃亡という大筋のストーリーは同じだが、ひとつひとつのエピソードは異なっている。
映画でのような盛り上がりシーンは、ない。
また、映画の登場人物に相当するような人物は、本書には明確には登場しない。
そして、原著は発言をクォーテーションマークで囲んでいないので、発言なのか文章なのかが判然としないところが多々ある。
改行位置も、原著と訳書とでは異なっているところが多い。

そして、「全訳」(訳者あとがき、P.416)となっているが、ところどころ訳されていない文章がある。
●原文「...und im Rückspiel in Budapest mit 7 : 1 nach Hause schickte. Wir konnte die Spiele im DDR Rundfunk verfolgen. Dass diese ungarische Mannschaft im WM-Endspiel 1954 gegen Deutschland verloren hatten...」(P.34)は、「...さらにブダペストで行われた第二試合では、七対一の大差で勝利し、ホームへ送り返したのである。このハンガリーチームは一九五四年のW杯決勝でドイツに敗退したが...」(P.51)と、「Wir konnte die Spiele im DDR Rundfunk verfolgen.」(私たちは東独の放送で試合を追うことができた。)の訳文がない。
●本書P.102の「RIASがハンガリーの自由放送局による支援の呼びかけを流した。」の次の「Einigen von uns ruft er immer noch ins Ohr.」(P.64)が訳されていない。
訳されていない文章は、他にもあり。

また、この訳でいいのかしらと思うところもある。
本書P.18最終行「その三年前にあたる一九五三年六月十一日」、原文は「Drei Jahre zuvor, am 17. Juni 1953」(P.16)、「17」がなぜ「十一日」になった?。
当然「6月17日蜂起」(Aufstand des 17. Juni)であるなら「一九五三年六月十七日」でなきゃ。
本書P.266では「一九五三年六月十七日の暴動」となっている。

これは原著への疑問だが、本書P.27の2行目「それからカラシニコフを構えたロシア兵が穴に入ってきて」、原文は「Denn kam ein Soldat mit einer vorgehaltenen Kalaschnikow.」(P.21)とあるが、「カラシニコフ」が設計したAK-47がソ連で採用されたのは1949年で、ドイツに侵攻したソ連軍は、当時はまだ所持していなかったのではないか。
当時だと、ドラム型弾倉のPPSh-41、バラライカまたはマンドリンではなかったか。
本書P.35の歴史教科書について「(フォルク・ウントヴィセン社)、一九五三年。」とあるが、原文の「Volk und Wissen Volkseigener Verlag Berlin, 1953, das..」(P.25)は「(フォルク・ウントヴィセン社、一九五三年)」とする方がいいと思う。
「人と知識人民出版社」としてしまうかは別として。
なお、「Volk und Wissen Volkseigener Verlag」は再統一後民営化され、存続しているようだ。
https://www.cornelsen.de/empfehlungen/volk-und-wissen
本書p.37「領土の二万八千五百三ヘクタール」の原文は「Gebiet von 28.5 Millionen Hektar」(P.27)だから、「二千八百五十万ヘクタール」だろう。
本書P.65の市長フランツ・ベッカーのが書いた言葉の中に、学校が「民主主義と人文主義の、シンボル」とされている記述があるが、「ein Symbol der Demokratie und des Humanismus」(P.43)は、「人文主義」ではなく「ヒューマニズム」でいいのではないか。
本書P137「大臣にはすでに首謀者の検討がついていた。」は、「大臣にはすでに首謀者の見当がついていた。」
本書P.174「Sバーン」が2か所に出てくるが「(国営の都市近郊鉄道)」と注釈がついているのは、2度目の「Sバーン」、ホントは最初の「Sバーン」につけなきゃ。

以外にも、日本語としてこなれていない、意味不明な文章も多いと感じたのだが、原著著者じしんが文章を生業とする人ではないのだろうし、映画に合わせた突貫工事での翻訳だったであろうことは、想像できる。

シナリオ本もあるので、おいおい読んでみよう。

Dietrich Garstka/著
Ullstein Buchverlage GmbH, Berlin
https://www.ullstein-buchverlage.de/nc/buch/details/das-schweigende-klassenzimmer-9783548607696.html

ディートリッヒ・ガルスカ/著
大川珠季/訳
アルファベータブックス
https://ab-books.hondana.jp/book/b439134.html

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

ファービアン

130812_002
頽廃に満ち混沌としたワイマール時代、「モラリスト」であるファービアンの日々。
どのような世の中だったか、マレーネ・ディートリヒが出た映画「嘆きの天使」を思い出せばよかろう。
人生をめぐる主観的な理想や現実がないまぜとなり、したたかに生きる人たちとの邂逅。
そうした世の中が全体主義国家に収斂していった歴史を見れば、今の日本のこれからの方向性を示唆しているようにも見える。

「まえがき」より。
モラリストは彼の時代の鏡でなしに、ゆがんだ鏡を突きつけるのが常である。戯画──1つの正当な芸術手段──は、彼のなしうる最高のものである。これで効果がなければもはや何ものも全然効果がない。・・・彼のスローガンは常に、そして現在もDennoch(それにもかかわらず!)である。

E・ケストナー/著
小松太郎/訳
筑摩書房
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480024589/

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

アウシュヴィッツのタトゥー係

190921_901 190921_902
本書は、実話を元にした「フィクション」である。
まず最初に書いておく。
タイトルにある「タトゥー係」、原著はTATTOOISTで、ペパンが自己紹介した時の「タトゥー係」に「タトヴィエラ」とのルビがあるが、「Tätowierer」だろう。
この「タトゥー」であるが、いまのファッション的「タトゥー」を連想させる「タトゥー」ではなく、第二次世界大戦時の収容所における収容者識別のための番号のためなので、ここではあえて「入れ墨」としたい、

著者の本書への思いは、The Telegraphで記事になっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00010001-clc_teleg-int
その、元記事もある(会員登録必要)。
https://www.telegraph.co.uk/men/thinking-man/tattooist-auschwitz-moving-love-story-inside-horror-nazi-death/
この記事で言えることは、モデルとなった人が被収容者に入れ墨の番号を彫る係であったこと、少女に番号を彫ったこと、そして戦後に再開し家庭を持ったことは、事実のようだ。
しかし、本書に記述された収容所内での様子は、どこまでが「事実」に近いのか、「創作」なのか、わからない。

収容所に連れてこられる前、ラリはどのような暮らしをしていたのか。
家畜運搬用の貨車に乗せられたときは「いつも通りの服装」、アイロンのかかったスーツ、清潔なワイシャツとネクタイ」といういでたち。(P.10)
親衛隊曹長の「何語が話せる?」の問いに「スロバキア語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、ハンガリー語、それからポーランド語を少し」と答える。(P.51~52)
欧州に住む者として複数の言語の読み書きができることは当たり前だとしても、これだけの言語ができると親衛隊曹長自ら言うと言うことは、ラリはそれなりの教育を受けており、服装からしても上層階級に属していたのだろうと想像できる。

ラリは、入れ墨係から選ばれて、入れ墨係助手となり、前の入れ墨係がいなくなったことですぐに入れ墨係となる。
入れ墨係にあんったことで、ラリは特権を得ることができたようだ。
収容所そのものは親衛隊の管理下にあったが、収容所の被収容者の選定権がゲシュタポにあったことから、収容所にゲシュタポ政治局が置かれていて、入れ墨係は被収容者の収容に関わるということでその政治局直轄となっていたらしい。(P.60)
その特権に対し、ラリ自身「自分が特権を得たことを恐れるべきなのだろうか?」と自問し(P.64)、それまでいた収用棟から出るとき、「裏切り者」と言われる経験をする。(P.65)
しかし、「裏切り者」に対する報復は、ない。
それは、特権を利用したラリが得た食料を、元の収用棟に運んだからなのか。
それにしても、入れ墨係となったことでラリは担当親衛隊員より上位に立つことになる。

収容所では、ラリはさまざまな「偶然」と「幸運」に恵まれ、そして、特権を得ていることを示せる(入れ墨のための鞄をいつも持ち歩いている)とはいえ、親衛隊員と話ができる、交渉もできる、収容所内を歩きまわれる、他被収容者、女子被収容者や外部から来た作業員と話ができる、さらに食料や略奪された宝石貨幣を得ることができるといった描写が続く。
不思議なことに、接する人物や親衛隊の側にいる人物は、ほとんど「悪人」としてはラリに面と向かって登場しない。
ラリ担当の親衛隊員バレツキにしても根っからの「悪人」ではなさそうで、道の途中でユダヤ人を射殺するシーンはあるが、その前にラリは「今日のバレツキはひどく様子がおかしい」と感じ(P.121~122)、ふだんはそうではない人物像を匂わせている。
その親衛隊員バレツキは、ドイツ人ではなくルーマニア生まれ(P.74)であるが、どうして親衛隊員になることができたのだろうか。
バレツキは「ルーマニア生まれ」とあるだけで、非アーリア人とは書かれていないことが、その答か。
そして、さすがにメンゲレの描写は「悪人」っぽいが、逆に、いかにも的すぎるような気もする。
人が殺される場面、たとえば監視塔から被収容者が銃撃される場面、作業で最後になった者が銃殺される場面は、ある。
ラリは被収容者が殺されるところを目撃するのだが、人を殺す親衛隊員についてのいい意味でも悪い意味でも人間臭い描写はなく、ラリの受け止め方も第三者的な受け止め方だ。
収容された年月と経験が、ラリの受け止め方をそうさせたということになるのだろうか。

と、辛口に評してみた。

訳者あとがきに「ラリは、アウシュビッツという現実を構成の人々のために語るために、その証人として神から遣わされた人物だったような気がする」とあるが、本書は、「ひとりを救うことは、世界を救うこと」の言葉によって犠牲になった者、そのような言葉を発することすらできずに犠牲になった者、「この借りは、かえづことができない。今、ここでは返せない。つまりは永遠には返せないということだ」と思いながら生きのびる者、あるいは「ひとりを殺してほかの住人が助かるなら、おれは殺す」と「仕事」をする者、さまざまな被収容者たちの生き方(あるいは死に方)に対して、読む者としてどのように共感できるのかできないのか、という投げかけであると言えるのかもしれない。
共感したからと行って、現実の数多くの死者の群れに対する救いにはならないのだが。
もっと具体的に示せば、コルベ神父の行為をどう受け止めるのか、ということと重なるのだろう。

「謝辞」によれば、元々は脚本として存在していたとのことだ。
それを小説としたのが本書だという。
そう言われると、本書の淡々とした人物や情景の描写は、うなずくことができる。
とはいえ、本書の描写によって、アウシュビッツの、あるいは、他の収容所の持つ非道さが薄まってしまうことを危惧する。
ドイツ首相がなぜアウシュビッツのことを謝罪し続けるのか、目的は謝罪というよりも、忘れていないことを表すことだと考えるし、ヴァイツゼッカーの「過去に目を閉ざす者は、現在に対してもやはり盲目となる」(Wer aber vor der Vergangenheit die Augen verschließt, wird blind für die Gegenwart.)演説とともに、その底にはキリスト教の罪と贖罪、神と人間との関係があると考えるが、そうしたアウシュビッツをめぐるさまざまな考え(「なかった」とする考えも含め)も、あわせて知っておいて欲しいと思う。

本書のことを知ったときに真っ先に思ったことは、ふたつ。
ひとつはフランクル氏のこと、もうひとつは、マシュカン教授のこと。
本書を読む少し前に、フランクル氏の「夜と霧の明け渡る日に」を読んだのだが、フランクル氏についてはあらためて言及するまでもなかろう。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-758f87.html
「夜と霧の明け渡る日に」を読んでいたことが、これまでここに書いたように、本書に対して厳しい視線を向けることになったのだとは思う。
そしてマシュカン教授は、「詩人の恋」(加藤健一氏が何度か演じ、4度くらい舞台を見た)に登場するウィーンの声楽の先生で、劇の後半で、マシュカン教授はかつては収容所の被収容者で、腕に入れ墨があることが明らかになる。
また、マシュカン教授の指導を受けるスティーブンはダッハウ収容所を訪れ、観光地まがいの、そしてドイツ語の説明しかないダッハウの様子を見て、ドイツ語表記しかないのでドイツ人以外にはわからない、展示のしかたについてもこんな展示は真実を伝えていない怒りを爆発させる。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-ae42.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-ae42.html
アウシュビッツまで行くのは大変だが、ダッハウなら、ミュンヘンから半日あれば行ってくることができるので、バイエルンに行く機会があれば、ぜひ訪れてほしい。
8年前に行ったが、今は、英語の説明もある。
ダッハウへ
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7c7c.html
ダッハウ収容所
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-190b.html
食堂棟と囚人棟、ムゼウム
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e03f.html
二度と繰り返すな
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-72f2.html

ちなみに、欧米での「The Tattooist of Auschwitz」の評価をAmazonで見ておこう
Amazon.com
2,808 customer reviews
4.6 out of 5 stars
5 sta:72%
4 star:14%
3 star:6%
2 star:4%
1 star:4%

Amazon.co.uk
5,300 customer reviews
4.7 out of 5 stars
5 star:81%
4 star:10%
3 star:4%
2 star:2%
1 star:3%

Amazon.co.au
253 Customer reviews
4.6 out of 5 stars
5 star:76%
4 star:15%
3 star:5%
2 star:2%
1 star:2%

Amazon.de
12 Kundenrezensionen
4,2 von 5 Sternen
5 Sterne:67%
4 Sterne:17%
3 Sterne:8%
2 Sterne:0%
1 Stern:8%

ヘザー・モリス/著
金原瑞人・笹山裕子/訳
双葉社
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-24204-1.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧