文化・芸術

2020年10月25日 (日)

「もうひとつの江戸絵画 大津絵」@東京ステーションギャラリーと「錦秋に楽しむ 新しい茶会」@東京国立博物館園応挙館

201025_a01
「もうひとつの江戸絵画 大津絵」が開催されている東京ステーションギャラリー、日時指定制で11時のチケットを持っていて、10分ほど前に到着したのだが、そのまま入館できた。

201025_a11  201025_a12
3階の展示エリアから2階の展示フロアに降りる。

201025_a13  201025_a14
I 受容のはじまり ~秘蔵された大津絵~
II 大津絵ブーム到来 ~芸術家のコレクション
III 民画としての確立 ~柳宗悦が提唱した民藝と大津絵~
IV 昭和戦後期の展開 ~知られざる大津絵コレクター~ 
資料 

もともとは土産絵として売られていたそうだが、買う人は何を考えてお土産にしたのだろうか。
描かれるテーマはいくつかに絞られるようで、江戸時代後期に「大津絵十種」として 「寿老人」「座頭」「藤娘」「鷹匠」「雷公の太鼓釣」「釣鐘弁慶」「瓢箪鯰」「槍持奴」「矢の根」が定着したそうだ。
しかし、描かれ方は、たとえば「頼光」を描いた作品も複数あるのだが、ちっとも頼光らしい力強い姿ではないのである。
北斎漫画よりも「マンガ」に近い。
今回の展覧会は、大津絵そのものの展覧会というよりも、大津絵のコレクターのコレクションの展覧会といった趣きであるが、コレクターたちが「欲しい!欲しい!欲しい!」と駆り立てたものは、何なのだろう。
作品リスト
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/pdf/202008_list_otsue.pdf

201025_a21  201025_a22

201025_a31  201025_a32
「もうひとつの江戸絵画 大津絵」は、11月8日(日)まで
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202008_otsue.html

201025_b1
混まないうちにエキナカでお昼にすることにして、「肉卸小島」に行ってみた。

201025_b2  201025_b3
「国産牛ステーキ切り落とし重」をいただく。
「国産牛ステーキ切り落とし重」は昼夕各10食限定なので、お昼は完売となった。

肉卸小島
https://www.tokyoinfo.com/shop/mall/gransta/nikuoroshikojima.html

上野に移動、東京国立博物館にの西門に行く。
和服姿のお姉さまがたが集まっている。
受付したときに、思わず「こんな姿でもいいんでしょうか」と尋ねてしまった。

301025_c01  301025_c02
西門から平成館の裏を抜けて、応挙館へ。
きょうは、ここでお茶会なのである。

301025_c03  301025_c04
外から中を見ることはあるが、中に入るのはむろん初めてのこと。
一之間の内部では応挙の障壁画を間近に見ることができるが、本物は大切に保管されていて、ここで見るのは複製である。

301025_c05  301025_c06
そして、応挙館の中から外を見る。

301025_c07  301025_c08
欄間や廻廊下。

301025_c11  301025_c12
お茶会が始まり、まずは吉祥寺・亀屋万年堂の「桃」をいただく。
お茶は、酒田の本間さまゆかりの黒楽、持ったときに手に馴染む。

301025_c21  301025_c22
飾られた亀、雉、猿、風呂などを拝見。

301025_c31  301025_c32a
二之間に移り、床の間や床脇を拝見。
掛け軸は「茶左暮烟寒」、意味も解説していただいたが、覚えられなかった。

301025_c32b  301025_c32c
床脇違い棚に、お重や張り子が置かれている。

301025_c32d  301025_c33
曲げわっぱも置かれているが、これらには聞くが描かれているのは、きょうは旧暦9月9日、重陽の節句にちなんでだそうだ。
姫さまがピクニックに行くときに持っていったのだろうか。

301025_c41  301025_c42
二之間では、煎茶をいただく。
煎茶の場合は、まずお茶をいただき、次にお菓子をいただいて、もう一杯煎茶をいただくというルールらしい。
お菓子は自由が丘・蜂の家の「錦秋」、中に菊が練り込んである。

301025_c51  301025_c52
煎茶を淹れる道具などが置かれた螺鈿の棚。

301025_c53  301025_c54
螺鈿の棚

301025_c61
会記と、いただいた懐紙。

301025_c62  301025_c63
薄茶席の会記抹と茶席の会記。

錦秋に楽しむ 新しい茶会
https://www.odakyu-card.jp/manatabi/learning/8206.html

301025_c71  301025_c72
そばに鶏頭が咲いていた。

301025_c73  301025_c74
応挙館
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=121
http://www.dnp.co.jp/denshoubi/works/fusuma/t01.html

ちなみに、「佐竹本三十六歌仙絵巻」を裁断して抽選会が行われたのがこの「応挙館」であるが、その時期はここに移築される前の、御殿山の実業家益田孝邸にあったとき。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

東京ミュージアムガイド

200322_001  200322_002
帯に「ふらっと、美術館 なんかちょっといいかも」とあるのだが、コロナ禍で多くの美術館は日時指定制のチケットとなって、「ふらっと、美術館」とは言えなくなってしまった昨今である。
刊行が2020年2月で、いくつかの美術館のページには2020年に予定されていた展覧会が載っている。
これらの展覧会は中止となっていったのだが、あらためて残念な思いで、中止となった展覧会の図録を購入してみたりしている。
反面、この記載は、貴重な記録になっていると思う。

行ったことのある美術館には○。
1 気になるテーマ別 この美術館に行きたい!
 空間が素敵!
  東京都庭園美術館○/国立新美術館○/根津美術館○/東京ステーションギャラリー○/世田谷美術館○/日本民藝館○
COLUMN ニュースな美術館
 仕事帰りに。
  三菱一号館美術館○/森美術館○/東京国立近代美術館○/NADiff a/p/a/r/t/Bunkamiura ザ・ミュージアム○/
COLUMN アートなナイトイベント
 お宝が見たい!
  東京国立博物館○/国立西洋美術館○/出光美術館○/五島美術館
COLUMN 建築ツアーで美術館をぐるり
 カフェが好き。
  東京都現代美術館○/サントリー美術館○/山種美術館
COLUMN パブリックアートを探す!
 いざ、現代アート!
  草間彌生美術館/森ビル デジタルアートミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス/21_21 DESIGN SIGHT○/ワタリウム美術館/HARMAS GALLEY
COLUMN メモリアルなアーティストたち
 あの芸術家の世界へ。
  すみだ北斎美術館/ちひろ美術館・東京○/岡本太郎記念館/台東区立朝倉彫塑館
COLUMN 美術館おディナーが素敵
 未知の扉をたたく。
  東洋文庫ミュージアム○/アドミュージアム東京/建築倉庫ミュージアム○/東京都江戸東京博物館○/ぬりえ美術館
COLUMN 体験ミュージアムへ行こう
・ミュージアムグッズ
2 アートを探して町歩き! エリアでミュージアムさんぽ
 六本木/上野/青山/目黒&恵比寿/渋谷/銀座/日本橋/丸の内/新宿谷/根千
3 東京からひと足のばして アートトリップ
  アートビオトープ那須/彫刻の森美術館○/鎌倉文学館○/益子陶芸美術館/ハラ ミュージアム アーク
INDEX

朝日新聞出版/編
朝日新聞出版
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=21736

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

GT-R誕生50周年記念ミニカー付きフレーム切手セット

コロナ禍で引き受けが停止されていたEMSが再開したので、郵便局に出しに行ったら、こんなものがあった。
EMSの料金を払うときに、思わず「これもください」と、言ってしまった。

20200624_gtr_11  20200624_gtr_12
箱に入っているので、扉を開く。

20200624_gtr_13  20200624_gtr_14
左側に切手。
切手は、上が、左から1969年(初代)、1970年(初代)、1969年のエンジン、1973年(2代)、2017年、下が1989年(3代)、1989年のエンジン、1995年(4代)、1999年(5代)、2007年。
2017年と2007年のGT-Rは、「スカイライン」ではない。

20200624_gtr_15  20200624_gtr_21
右側にミニカー。
ミニカーは、第1世代「スカイライン2000GT-R」、ハコスカ。
ミニカーは、ケース入り。

20200624_gtr_22  20200624_gtr_23
左側面、左前方から。

20200624_gtr_24  20200624_gtr_25
正面、右前方から。

20200624_gtr_26
背面。

https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/gtr50th_minicarkitte.aspx

| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 4−3 飛行

180120_151  180120_152
612便は雲の上を飛びます。

180120_153  180120_154
雲が切れてきて、海岸の形状から四国中央市上空のようです。

180120_161  180120_162
大鳴門橋が見えてきました。
「Flightradar24」が活躍します。

180120_163  180120_164
四国から淡路島、紀伊半島に抜けて飛ぶようです。

180120_165  180120_166
関西空港が見えてきました。
612便は本州南岸に沿って飛ぶ予定のようです。

180120_167  180120_168
関西空港を見下ろします。

180120_171  180120_172
伊勢湾、中部国際空港や知多半島が見えてきて、伊良湖水道上空を飛びます。

180120_173  180120_181
伊良湖水道の島、手前に篠島、向こうに日間賀島が見えます。
上空を飛ぶ飛行機の姿がありました。

180120_182  180120_183
「Flightradar24」でもすれ違っていて、マニラに向かうフィリピン航空の421便のようです。

180120_191  180120_192
浜名湖や天竜川が見えています。

180120_201  180120_202
駿河湾上空、遠くに富士山が見え、まもなく御前崎上空になります。

180120_203  180120_204
雲の上に富士山の姿がありました。

180120_205  180120_206
富士山

180120_207
富士山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

芸術の都 フィレンツェ大図鑑―美術・建築・デザイン・歴史

150715_001
「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展のショップで売っていたのだが、あまりに重いのでお持ち帰りはあきらめた。

フィレンツェでは4泊(その前にミラノ2泊)したが、これだけの日数ではとてもとてもフィレンツェのあれこれを見きれるものではない。
本書のなかにもいくつも見たことのある絵画や像などがあるが、たぶん記憶から去ったものもあるだろうし、機会があったらまた行きたいところだ。
もっとも、本書をガイドブックとして持ち歩くには、大きすぎるし重たすぎるが。
こういう本こそ、電子化するといいのかもしれない。

地図がついていて、教会や美術館などの位置をチェックできると、なお良い。

書評

序章 フィレンツェの美術と歴史—その600年の概観
第1章 中世のフィレンツェ(13~14世紀)
第2章 ゴシックから初期ルネサンスへ(15世紀)
第3章 盛期ルネサンスからマニエリスムへ(16世紀)
第4章 メディチ家末期の宮廷美術(17~18世紀)
第5章 新古典主義、アカデミー、「革新」(19~20世紀)
用語解説
参考文献
索引
監訳者あとがき
著者・訳者略歴
図版クレジット

A.パオルッチ、C.クレスティ、M.スカリーニ、A.タルトゥーフェリ、M.キアリーニ、E.カプレッティ、A.ジュスティ、C.モランディ、S.ビエトレッティ/著
森田義之/監訳
野村幸弘、芳野明、谷古宇尚 (翻訳)、鳥海秀実/訳
西村書店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

土門拳の昭和

130626_005
2009年から各地で開催されている生誕100周年を記念しての「土門拳の昭和」展の図録。
時代とともに変わっていった、あるいは変わらなかった土門拳の「写真」の歴史をたどることができる。

1 戦前・戦中の仕事
2 戦後日本の歩みとともに
3 風貌
4 日本の美
土門拳がいた:野町和嘉
本物を撮る写真家:水谷八重子
若き日の土門拳とその周辺:飯島実
土門拳 創造する眼差し:岡部信幸
エッセイ 土門拳
土門拳 年譜
文楽人形と絵画作品
作品リスト

クレヴィス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

「国宝鳥獣戯画と高山寺」展(京都国立博物館)

近鉄奈良駅0825発京都行き特急は、伊勢志摩ライナーであった。
141105_101
近鉄奈良駅から乗車した乗客は多くなかったが、大和西大寺駅でほぼ満席近くになり、0906に京都駅に到着する。
コインロッカーに荷物を預け(コインがなくて飴を買わなければならなかったが)、タクシーで京都国立博物館に向かう。
京阪七条駅を過ぎると七条通を歩く人の姿が増え、9時半に京都国立博物館の前に到着するが、博物館前の道路上には行列ができていた。
この行列は敷地内に入るまでの行列でチケットの有無にかかわらず並ばなければならず、約5分並んでチケットブースの前を通って博物館の敷地に入ることができた。
この時点で「只今の入場待ち時間80分」との表示が出ているので、さっそく博物館に向かっての右側の最後尾に並ぶ。
列は、右側の最後尾から前庭を横切って正面へ、正面から博物館前にすすみ、もう一度右側に折れて建物の右角のスロープ下まで続いている。
並び始めて約15分たって、博物館正面にすすんだ。
141105_201
スロープ下では15人ぐらいづつ、数分おきに入場を案内していた。
結局、館内に入ったのは、10時40分頃であったが、このとき最後尾は博物館の右の奥の裏手まで延びてからUターンして博物館正面まで来ていた。
141105_r
赤が並んだ列、グリーンが10時40分頃の伸びた列。
この混雑は、ちょうどこの日が後期の初日だったことが影響しているようだ。

入口を入ると「I 高山寺の開創」「II 明恵上人」「III 高山寺の典籍」と展示が並んでいる。
それぞれじっくり見たいものもあるが、ここはさら~っと見るだけにして、鳥獣戯画をめざす。
そしていよいよ「IV 鳥獣人物戯画」、最初に甲巻の展示であるが、ここでは展示室のなかの行列で15分ほど待たなければならなかった。
巻物なので長さはあるが、縦は約30cnm、ガラスケースの中では思ったより小さく見えた。
乙巻、丙巻、丁巻では、長い行列はなかった。
141105_202
「国宝鳥獣戯画と高山寺」展は前期と後期とで展示物の一部入れ替えがあり、鳥獣人物戯画も前期は各巻の前半、後期は各巻の後半を見ることができる。
全巻を見たければ、前期と後期とに来なければならないのである。
京都国立博物館は片山東熊の設計により1897年(明治30年)開館したもので、建物をもっと詳しく見たかったが、今回は断念、ショップで図録を購入する。
141105_205  141105_203
図録には、甲乙丙丁全巻のすべてを見ることができる豆本が特典としてついていた。
11時半過ぎに疲れて外に出ると、180分待ちの列であった。
141105_204
カフェでお昼(テーブルにつくまで20分待ち)。

三十三間堂前からタクシーで京都駅へ向かい、京都駅1354発ののぞみ24号の特急券を購入する。
京都駅最上階大空広場にあがって、下界の見物。
141105_301  141105_302
のぞみ24は、新横浜駅に1555に到着し、午後5時前に帰宅することができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

正倉院展(奈良国立博物館)

奈良国立博物館新館の前には列ができているが、最後尾は30分待ちよりもやや前であった。
141103_204  141103_205
少し前に進んだところで、「館内が混雑しているので、入場をお待ちいただきます」とのアナウンスがあったが、30分待たずに館内に入ることができた。
141103_206
館内は、いつものとおり混雑していて、鑑賞する人たちの後頭部ばかりが見える。
「1.大仏開眼会と楽舞」
今回初出陳の「伎楽面」、ギリシャ劇の面と共通しているような印象である。
「桑木阮咸」、音を聞いてみたい。
「衲御礼履」、歩きにくそうだ。
「2.聖武天皇ご遺愛の宝物」
そして今回の正倉院展の目的の、「樹下美人図」とも言われる天平美人の「鳥毛立女屏風」である。
「鳥毛立女屏風」は、京都と東京で分散して展示されている。
141103_207 141103_208
正倉院展では、第2扇、第4~6扇が鑑賞でき、第1扇、第3扇は日本国宝展(東京国立博物館・平成館)で鑑賞できるのだが、日本国宝展での展示は11月3日までであった。
「鳥毛立女屏風」のポストカードを拝借して、上左から第1扇、第2扇、第3扇、下左から第4扇、第5扇、第6扇と並べておこう。
141103_211  141103_212  141103_213
141103_214  141103_215  141103_216
「3.聖武天皇の坐臥具」
「白石鎮子」、大理石のレリーフ、メソポタミアあたりで見かけるものと共通。
「4.正倉院の武器・武具」「5.正倉院の鏡」「6.地図と正倉院文書」
「7.献納に関わる品」
「白瑠璃瓶」、写真ではもっと白っぽい印象だったが、思ったより透明である。
デキャンタに使って、前々回の第64回正倉院展に展示された「瑠璃杯」で葡萄酒を飲みたい。
141103_217
「8.聖語蔵の経巻」
展示物などは、↓を参照。

とても出陳物をひとつひとつじっくり見ることはできないが、ざっと見ただけで疲れてしまう。
庭園前で、抹茶のサービスで休むことにした。
141103_221  141103_222
庭園には興福寺の大乗院庭園にあった茶室・八窓庵が移築されている。
外に出ると、列ははるかに短くなっていた。
141103_223_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムは、地下鉄東西線烏丸御池駅から徒歩1分。
京阪大津線の電車は東西線に乗り入れているので、大津から乗り換えなしで来ることができる。
京都国際マンガミュージアムは、昭和4年建造の龍池小学校の校舎を利用していて、建物の躯体のほか廊下や階段は当時のままで、校長室も保存されている。
Dsc_0914
保存されている資料は約30万点、マンガ5万点が館内の廊下の壁に「マンガの壁」として配架されていて、好きに手に取って読むことができる。
当日再入場可なので、1日いることもできる。
外国人の入館者が多いのは、夜の流れか。
この日は、
バレエ・マンガ ~永遠なる美しさ~
諸星大二郎原画展:不熟1970-2012
竹宮惠子監修 原画´(ダッシュ)展示シリーズ
凛々しく 可愛らしく
なつかしの昭和おもちゃ展 女の子のほしいもの
が展示されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

Wien2013 16日 (2) Sissi im Film und Maximilian von Mexiko

続いて、Romy Schneiderが出演した映画「Sissi(1955)」に使われた家具を展示する「Sissi im Film」に行ってみた。
Romy Schneiderは、ルキーノ・ヴィスコンティの「Ludwig」(1972年、日本公開は1980年、公開時邦画名「ルードウィヒ/神々の黄昏」)においてもElisabethとして出演している。

16_113
家具博物館には何度か来たことがあるが、ここに足を踏み入れるのは初めてである。

「Sissi im Film」では、映画のシーンと、そのシーンで使われた家具が展示されている。

16_114
モニターに映るシーンはモノクロの画像だが、使われた家具はカラーなので、よくわかる。
16_115
「Sissi」はその後「Sissi - Die junge Kaiserin(1956)」、「Sissi - Schicksalsjahre einer Kaiserin(1957)」と続いて映画化された。
16_116
いずれもDVD化され、日本でも視聴できる。
16_117
それにしても、大量の家具類ではある。
16_118

そして、Maximilian von Mexiko展に行く。
展示場内は撮影禁止である。
16_119
見応えある内容だけれど、Maximilianの生涯やメキシコとの関係を知らないと、展示内容がなかなか理解できないかもしれない。
130516_002
Maximiliano I de Méxicoは、フランツ・ヨーゼフ1世の弟で、1864年にナポレオン3世によりメキシコ皇帝となるが、1867年に処刑された。
処刑の場面はÉdouard Manetの絵画「L'Exécution de Maximilien」が知られているが、Elisabethでも「An Deck der sinkenden Welt」の場面に登場しLuigi Lucheniがしゃべっている。
Maximilian von Habsburg:
Elisabeths Schwarger, Kaiser von Mexico.
Von Revolutionären erschossen.
Uno, Due, Feuer!

カタログを購入。
130516_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)