特別企画 二十歳の原点

Title_2
二十歳の原点
190717_f2 20歳となったときから命を絶つまでの6か月が綴られています。
(紙書籍・電子書籍)
https://www.shinchosha.co.jp/book/118301
[新装版]http://www.kanzen.jp/book/b62784.html
(2019/7/17修正)
二十歳の原点序章
190717_f3 高校三年の秋から大学に入学し、20歳になるまでが綴られています。
(電子書籍)
https://www.shinchosha.co.jp/ebook/E029211/
[新装版]http://www.kanzen.jp/book/b62783.html
(2019/7/17修正)
二十歳の原点ノート
190717_f4 中学2年生から高校3年までが綴られています。
(電子書籍)
https://www.shinchosha.co.jp/ebook/E029221/
[新装版]http://www.kanzen.jp/book/b62782.html
(2019/7/17修正)
コミック版 二十歳の原点
190714_f1 「二十歳の原点」をベースにしています。
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-31461-8.html
ブログ記事:http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-f075fe.html
(2019/7/17追記)

「二十歳の原点」は昭和46年5月に新潮社から刊行され、昭和49年6月に「二十歳の原点序章」が、続いて「二十歳の原点ノート」が刊行され、後に文庫本となりました。
現在では、単行本を新刊で入手することはできませんが、「二十歳の原点」だけは文庫本で入手できます。(新潮文庫 た-16-1 ISBN4-10-118301-5 1979年 本体価格(税別)400円 解説:吉行理恵氏)
また、「二十歳の原点」は「新潮文庫の100冊」に選ばれたことがあり、1995年に発売された「新潮文庫の100冊」CD-ROM(販売元:NECインターチャネル)にも収録されていました。
なお、「二十歳の原点」「二十歳の原点序章」「二十歳の原点ノート」は、電子書籍で入手できます。(2019/7/17追記)
2009年の[新装版]は、「カンゼン」からの出版です。
2019年6月に、「コミック版 二十歳の原点」が刊行されました。(2019/7/17追記)

20_00

シアンクレール
彼女が通い詰めたジャズ喫茶「シアンクレール」は、立命館大学広小路キャンパス近くの河原町通「荒神口」交差点のそばにありました。
20_05 (1971.9撮影)
20_06 (1971.9撮影)
2階がジャズ喫茶で、壁に掛かっている舵輪の左側に階段がありました。
20_04 (2001.11撮影)
現在、シアンクレールは存在しません。

立命館大学(広小路キャンパス)
20_08 (2001.11撮影)
広小路にあった立命館大学広小路キャンパスは、1981年(昭和56年)に衣笠キャンパスへの全面移転が完了しました。
現在は、跡地に「立命館発祥之地記念碑」が建てられています。

略年表
1869年(明治2年) 私塾「立命館」が西園寺公望によって開校するが、後に閉鎖命令を受ける
1900年(明治33年) 中川小十郎によって「私立京都法政学校」が「清輝楼」において開校
1904年(明治37年) 「私立京都法政大学」に改称
1913年(大正2年) 大学を「私立立命館大学」と改称
1949年(昭和24年)1月 高野悦子出生
1953年(昭和28年) 「わだつみ像」が設置される
1967年(昭和42年)4月 高野悦子、立命館大学に入学、山科で下宿
1968年(昭和42年)4月 嵐山で下宿
1969年(昭和44年)1月 『「独りであること」、「未熟であること」、これが私の原点である。』を記す
1969年(昭和44年)4月 丸太町御前通で下宿
1969年(昭和44年)6月24日 高野悦子、没
1969年(昭和44年) 「わだつみ像」が破壊される
1976年(昭和51年) 「わだつみ像」再建
1981年(昭和56年) 広小路より衣笠へ全面移転

20_07

鴨川
20_10 (2001.11撮影)
彼女が歩いたに違いない鴨川。
架かっている橋は荒神橋。

天神踏切
20_12 (1971.9撮影)
1971年(昭和46年)当時は単線・未電化だった山陰線。
京都~園部間が電化されたのは、1990年(平成2年)3月のことでした。
20_11 (2001.11撮影)
山陰線はさらに1996年に二条~花園間が高架化され、「天神踏切」は無くなってしまいました。
2000年9月、二条~花園間が複線化され、「円町」駅が開業しました。
20_09

Map_1(2019/7/17追記)

Map_2(2019/7/17追記)

Map_3(2019/7/17追記)
現在の地図、1970年発行の地図、1960年代の航空写真の画像は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成した。
http://ktgis.net/kjmapw/
(2019/7/17追記)

映画・サウンド
「二十歳の原点」は、1973年に映画化され、サウンドトラックLPは、四人囃子の『ある青春/二十歳の原点』でした。
ビデオ化、DVD化は、されていません。
『ある青春/二十歳の原点』は、1998年に出されたCDアルバムの『EarlyDays(二十歳の原点+未発表ライヴ)』に収録されました。
2007年には、『二十歳の原点(+2)』が発売になりました。

映画
1973年 カラー 89分
製作 東京映画
配給 東宝
製作 金子正且
企画 小林八郎
監督 大森健次郎
助監督 松沢一男
脚本 重森孝子 森谷司郎
原作 高野悦子
撮影 中井朝一
音楽 小野崎孝輔
美術 樋口幸男
録音 原島俊男
照明 羽田昭三
編集 山地早智子
出演 高野悦子・・・・角ゆり子
昌彦(父)・・・・鈴木瑞穂
妙子(母)・・・・福田妙子
芳子(姉)・・・・高林由紀子
昌夫(弟)・・・・丹波義隆
渡辺(立命館大生)・・・・大門正明
鈴木(国際ホテル・食堂主任)・・・・地井武男
中村(京大生)・・・・富川徹夫
牧野(悦子の友人)・・・・川島育恵
松田(悦子の友人)・・・・津田京子
下宿のおばさん・・・・京千英子
「ろくよう」のマスター・・・・北浦昭義
 
サウンド
ある青春/二十歳の原点
1 二十歳の原点のテーマ
*2 学園闘争
*3 あなたはわたし
*4 涙の年令
*5 青春
6 二十歳の原点テーマ
*7
*8
*9 四人囃子から高野悦子さん江
「*」は、「EarlyDays(二十歳の原点+未発表ライヴ)」に収録されたもの
 
EarlyDays(二十歳の原点+未発表ライヴ)
*1 学園闘争
*2 夜part1(詞:コンフィデンス)
*3 青春(詞:岡田富美子)
*4 ?(詞:高野悦子)
*5 あなたはわたし(詞:末松康生)
6 煙草(夜part2)(詞:コンフィデンス)
*7 涙の年齢(詞:末松康生)
8 今朝は20才(詞:末松康生)
*9 四人囃子から高野悦子さんへ(詞:末松康生)
10 映画用BG
11 映画用BG
12 煙草(1973年 新橋ヤクルト・ホール)(詞:コンフィデンス)
13 ライト・ハウス(1973年 杉並公会堂)(詞:森園勝敏)
「*」は、「ある青春/二十歳の原点」で収録されていたもの
Pヴァイン・レコード PCD1460
 
20_13
二十歳の原点(+2)
1. タイトルなし
2. 今朝は二十歳
3. タイトルなし
4. 学園闘争
5. タイトルなし
6. あなたはわたし
7. タイトルなし
8. 涙の年令
9. 青春
10. タイトルなし
11.
12. タイトルなし
13. 煙草(夜 partII)
14. タイトルなし
15.
16. タイトルなし
17. 四人囃子から高野悦子さん江
ボーナス
トラック
BGM I
ボーナス
トラック
BGM II
ハガクレ・レコード UPCH‐20016