« 甦る三大テノール 永遠の歌声 | トップページ | 「絵画のドレス|ドレスの絵画」と「東日本大震災から10年 土門拳 × 藤森武写真展 みちのくの仏像」 »

2021年2月21日 (日)

劇画 ヒットラー

210120_2
ヒトラーと周囲の人たちとの関係が、本書が描いたような関係であったりやりとりが行われたりしたかどうかはともかく、周囲がヒトラーの妄想を支えていたのは確かだろう。
その妄想のなかにアーリア人を中心とする人種思想があったはずだが、本書ではユダヤ人根絶やスラヴ人奴隷化などはテーマとしては描かれていない。
戦争体験者たる水木氏に、ヒトラーの名で何が行われたのかを描くのではなく、むしろ、周囲の人たちとの関係を中心にヒトラーを描くという本書の描き方には、何か意図があったのだろうか。
飄々としつつ、一面では激昂するヒトラー、冒頭の黙示録の蒼褪めたる馬はヒトラーが連れてきたのか。

水木しげる/著
筑摩書房
https://www.chikumashobo.co.jp/special/hitler/

|

« 甦る三大テノール 永遠の歌声 | トップページ | 「絵画のドレス|ドレスの絵画」と「東日本大震災から10年 土門拳 × 藤森武写真展 みちのくの仏像」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 甦る三大テノール 永遠の歌声 | トップページ | 「絵画のドレス|ドレスの絵画」と「東日本大震災から10年 土門拳 × 藤森武写真展 みちのくの仏像」 »