« 岩崎家のお雛さま@静嘉堂文庫美術館 | トップページ | 3大テノール '94 夢の競演 »

2021年2月24日 (水)

三毛猫ホームズの騎士道

210131_131
いまは行くことのできない欧州を舞台にしている、と言う理由で、ドイツのホームズを読む。
ホームズ嬢一行はデュッセルドルフからロマンチック街道に向かって古城に到着したわけだが、ローテンブルクの近くの古城だろうがどこの古城かは不明。

「鉄の処女」が登場するが、中世の処刑の道具あるいは拷問の道具としての説があるが、じっさいには存在せず後世につくられたという説、存在したとしても見せて脅すためのものだった、という説もあるようだ。
ザルツブルクのホーエンザルツブルク城塞に拷問部屋があったりするのだが、ガイドのお話ではじっさいに使われることはなかったそうで、「鉄の処女」も同様かもしれない。

赤川次郎/著
角川書店
https://www.kadokawa.co.jp/product/199999149788/

|

« 岩崎家のお雛さま@静嘉堂文庫美術館 | トップページ | 3大テノール '94 夢の競演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩崎家のお雛さま@静嘉堂文庫美術館 | トップページ | 3大テノール '94 夢の競演 »