« 戦後オーストリアにおける犠牲者ナショナリズム | トップページ | ミオよ わたしのミオ »

2021年1月 6日 (水)

もっと知りたいバウハウス

200815_193_20210106195001  200815_194_20210106195001
昨年東京ステーションギャラリーで開催された展覧会「開校100年 きたれ、バウハウス」の関連で読む。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-2ebec9.html

10年前、汐留で「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展」も開催されていた。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-c118.html

Bauhausは、かつての学生寮に宿泊できるのだが、現在はコロナ禍で休止が続いている。
https://www.bauhaus-dessau.de/en/service/sleeping-at-bauhaus-1.html
またドイツに行くことがあったら、泊まらないまでも、ここには行ってみたい。

バウハウスとは何だったのか?
10のキーワードで知るバウハウス
作品が語るバウハウスの造形
バウハウスのデザインの秘密

杣田佳穂/著
東京美術
https://www.tokyo-bijutsu.co.jp/np/isbn/9784808711443/

|

« 戦後オーストリアにおける犠牲者ナショナリズム | トップページ | ミオよ わたしのミオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦後オーストリアにおける犠牲者ナショナリズム | トップページ | ミオよ わたしのミオ »