« 映像「天保十二年のシェイクスピア」 | トップページ | 洛中洛外図屏風 »

2020年12月30日 (水)

2020暮れの鎌倉

コロナに翻弄された2020年、昔行っていた1967年開業のお店も、父上の頃から40年以上にはなる知人のお店も廃業してしまった。

201230_01  201230_02
出かける時は雨だったが、青い空が出てきた。
和田塚2号踏切を、藤沢行き1002が通り過ぎる。

201230_11  201230_21
六地蔵はお正月装束になっていた。
鎌倉駅の西口駅前広場は、5月に整備工事が終わった。

201230_22  201230_23  201230_31
この広場にはラングドン・ウォーナーの碑がある。
ウォーナーによる文化財保護の進言によって鎌倉は空襲を受けなかったとする説があるが、異論もある。
八幡さまに行くと、手水舎の横に柄杓を使わない竹樋が置かれていた。

201230_32  201230_33
まもなく10年、子イチョウも育っている。
大階段下の吽形狛犬も、マスクをしている。

201230_34  201230_41
大階段を上りながら、イチョウを見下ろす。
丸山稲荷社に行ってみた。

201230_42  201230_51  201230_52
丸山稲荷社の狐もマスク姿であった。
源氏池のオナガガモ、うしろにはカモメ。

201230_61  201230_62
平家池には、アオサギが来ていた。

201230_71  201230_81
お昼はお蕎麦。
鎌倉駅のカエル、最近は飾ることをしなくなってしまった。
そして、藤沢駅のカエルは、姿を見せなくなってしまった。

|

« 映像「天保十二年のシェイクスピア」 | トップページ | 洛中洛外図屏風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映像「天保十二年のシェイクスピア」 | トップページ | 洛中洛外図屏風 »