« 三浦半島でお泊まり 5 オーシャンビューのホテル (3) 朝、そしてイワタでお昼 | トップページ | マサリクとの対話 哲人大統領の生涯と思想 »

2020年11月26日 (木)

三浦半島でお泊まり 6 建長寺

201126_c001  201126_c002  201126_c011
紅葉はどうかと、建長寺に行ってみる。

201126_c012  201126_c013  201126_c014
国重要文化財の仏殿、もとは増上寺の徳川秀忠夫人崇源院の霊屋で、建て替えに際して1647年に建長寺に移築された。
格天井に描かれた天井画の色は落ちているが、建てられた当時は色鮮やかだったのだろう。
仏殿には、本尊地蔵菩薩坐像が安置されている。

201126_c021  201126_c022  201126_c023
国重要文化財の法堂は1825年の竣工と、比較的新しい。
天井には雲龍図が描かれているが、小泉淳作氏の2000年の作。
本尊千手観音坐像を安置している。

201126_c024_2  201126_c025_1  201126_c025_2
そしてレプリカであるが、ラホール中央博物館所蔵の釈迦苦行像が置かれている。

201126_c101  201126_c111  201126_c112
境内では紅葉は見当たらないので、半僧坊にあがってみることにした。
半僧坊の真下には、天狗と烏天狗が並んでいる。

201126_c113  201126_c114  201126_c115
岩に天狗の団扇が刻まれている。
半僧坊からの眺望、富士山が見えるはずだが、雲の中らしい。
「富士見台」から相模湾、かすかに光っている。

201126_c116  201126_c117  201126_c118
半僧坊。

201126_c119  201126_c120  201126_c121
楓や銀杏が色づいていた。

201126_c131
国重要文化財の唐門、増上寺の徳川秀忠夫人崇源院の霊屋の門だった。
この奥にある方丈(竜王殿)で2012年に行われた「東日本大震災 追悼・復興祈願祭 ~3・11 建長寺 1年目の祈り~」に行ったのだが、建長寺はこのときが最後だった。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/1-71fe.html

201126_c142  201126_c143  201126_c144
なぜか報道の屋根に、サギの姿。

201126_c201  201126_c202
建長寺
https://www.kenchoji.com/

三浦半島でお泊まり」に戻る

|

« 三浦半島でお泊まり 5 オーシャンビューのホテル (3) 朝、そしてイワタでお昼 | トップページ | マサリクとの対話 哲人大統領の生涯と思想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三浦半島でお泊まり 5 オーシャンビューのホテル (3) 朝、そしてイワタでお昼 | トップページ | マサリクとの対話 哲人大統領の生涯と思想 »