« 井上ひさし展-希望へ橋渡しする人@せたぶん | トップページ | Beethoven: Complete Symphonies / Andris Nelsons / Wiener Philharmoniker »

2020年11月23日 (月)

「プレッシャー」千穐楽@本多劇場

201123_11
お昼に入ったお店は、まだ席を選べたが、5分もたたないうちに満席となってしまった。
本多の側にばかり行ってこっちのほうはあまりこないが、こんなお店もあったんだ。

201123_12  201123_13
来たのは、「とろける大人のハンバーグ」、目玉焼きの下にハンバーグ。
Sサイズ(130g)、Mサイズ(180g)、Lサイズ(260g)から選択できる。
鉄板が熱々なので、それなりの作法があるらしい。
作法に従って、いただく。

201123_14  201123_15
なお、このようなものもあるので、いただく。
卵の黄身だけ、そして和三盆糖しようだそうな。

201123_16
とろける大人のハンバーグ
https://www.facebook.com/%E4%B8%8B%E5%8C%97%E6%B2%A2%E3%81%A8%E3%82%8D%E3%81%91%E3%82%8B%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0-929665010438354/

201123_21
まだ時間があるので、お茶。
ザック
https://twitter.com/cafe_zac

201123_31  201123_32
「プレッシャー」は二度目、せっかくなので千穐楽の日の席にした。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-0d8ddb.html
席はH列の1番、ってことは下手の端っこ。

201123_33  201123_34
気づいたこと。
・2幕から風速計風力計が設置される柱の上にあるのは、形が、テイクアウトのコーヒーカップっぽいのだが、ランプかしら。
・ヤードポンド法が飛び交うが、上空2万8千ftは上空8400m、雲の高さ500ftは150m、波が6~10ftは1.8~3m。
・サマズビー中尉が間にカーボン紙を入れて4枚重ねで打つタイプライター(形式不明)の紙には、なにかが打たれているようだ。
・アンツィオ作戦はh、Wikiにあり。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
・サマズビー中尉がアイクにもらったオレンジを剥くのだが、ナイフもなしによく剥けるなと思っていたら、カラクリはわかった(明かさない)。
・二幕冒頭は朝の5時、窓から陽が差し込んでいるが、英国の6月の日の出時刻は午前5時より前のようだ。
・サマズビー中尉とスタッグ博士が食べる感想卵のスクランブルドエッグ、ステージ上でも食しているが、ずいぶんぱらぱらしている。
・スタッグ博士が鞄から取り出す「TALISKER」、そんなものを忍ばせてOKだったのか。
https://talisker-online.jp/
・カーテンコールで、それまで天気図があったスクリーンに空が映され雲がいっぱいだが、挨拶が終わって舞台に誰もいなくなったあと雲は消えていく。

201114_b51  201114_b52
加藤健一:ジェイムズ・スタッグ博士
山崎銀之丞:アーヴィング・クリック大佐
原康義(文学座):ドワイト・D・アイゼンハワー大将
加藤忍:ケイ・サマズビー中尉
西尾友樹(劇団チョコレートケーキ):アンドルー・カーター大尉
加藤義宗:ジョンズ大尉/デイヴィッド・バタズビー中尉
鈴木幸二:海軍気象官
新井康弘:サー・バートラム・ラムゼイ大将/電気工
林次樹(Pカンパニー):カール・アンドリュー・スパーツ大将/コリン・フランクリン中佐
深貝大輔:サー・トラフォード・リー=マロリー大将/若い海軍下士官(水兵)
作:デイヴィッド・ヘイグ
訳:小田島恒志、小田島則子
演出:鵜山仁
http://katoken.la.coocan.jp/108-index.html
公演解説
http://katoken.la.coocan.jp/108-kaisetsu.html

|

« 井上ひさし展-希望へ橋渡しする人@せたぶん | トップページ | Beethoven: Complete Symphonies / Andris Nelsons / Wiener Philharmoniker »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 井上ひさし展-希望へ橋渡しする人@せたぶん | トップページ | Beethoven: Complete Symphonies / Andris Nelsons / Wiener Philharmoniker »