« プレッシャー@本多劇場 | トップページ | 障害とは何か 戦力ならざる者の戦争と福祉 »

2020年11月15日 (日)

ちひろさんと過ごした時間 いわさきちひろをよく知る25人の証言

190903_021  190903_022
いわさきちひろの絵は、本や雑誌のページをめくると、いや、ページをめくるまえの表紙にもあって、常にそばにあったという記憶。

2年前に、東京ステーションギャラリーで開催されていた「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」に行った。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/11-100-f387.html

ちひろ美術館には、東京も安曇野にも行っているが、東京に行ったのはまだ「絵本美術館」だった頃だ。
安曇野に行ったのも2003年と、かなり月日は経ってしまった。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2003/05/post-9b11.html

黒柳徹子/著
高畑勲/著
ちひろ美術館/監修
新日本出版社
http://www.shinnihon-net.co.jp/general/detail/code/978-4-406-05801-8

|

« プレッシャー@本多劇場 | トップページ | 障害とは何か 戦力ならざる者の戦争と福祉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プレッシャー@本多劇場 | トップページ | 障害とは何か 戦力ならざる者の戦争と福祉 »