« 箱根三昧 6 桃源台へ | トップページ | 100分de名著 デフォー ペストの記憶 »

2020年11月 4日 (水)

箱根三昧 7 桃源台から戻る

201104_e01  201104_f01
桃源台からロープウエーで大涌谷に戻る。
戻りのほうが、客は少ない。
相変わらず駐車場に入りたい車が連なっている。
大涌谷に直接入るのではなく、姥子などに置いてロープウエイを使うほうが、待ち時間は少ないのではないかと思う。

201104_f02  201104_f03
大涌谷の展望デッキから、相模湾が見えていた。
大涌谷モノレールには、一般客は乗れないか。

201104_g01  201104_g02
ふたたびロープウエーに乗って早雲山に向かい、大涌谷を越える。

201104_g03  201104_g04
ロープウエーは、早雲山に向かう。

201104_g05  201104_h01
早雲山からケーブルカーに乗る。

201104_h02  201104_h03
「各停」という表示があるのだが、急行や特急はあるのかしら?
ケーブルカーの最大斜度は、200‰。
ちなみに箱根登山鉄道は、80‰。

201104_h04  201104_i01
強羅からそのまま登山電車には乗らず、お昼を食べることにする。

201104_i02  201104_j01
祝日明けのせいか、お店は休みが多い。
入ったところで穴子天丼をいただくが、なんとなく限りなく素人っぽい。
マーミーキッチン
https://marmiekitchen.gorp.jp/

201104_j02  201104_j03
食事を済ませて、登山電車で降りる。
急カーブで後続車両が見えるのは、なんだかスイスっぽい景色だ。

201104_j04  201104_j05
車から眺めることが多い箱根駅伝踏切、車窓から眺めるとこう見えているのか。
工事の人たちが手を振ってくれる蛇骨陸橋を過ぎる。

201104_j06  201104_j07
宮ノ下でで車する。

201104_k01  201104_l01
ホテルに着いて、ピコットに行ってみるが、パンはほとんどない。
ホテルのショップに行ったら、あったあった最後のレーズンパン。
やれやれと、ラウンジで最後のお茶。

富士屋ホテル
https://www.fujiyahotel.jp/

ホテルから箱根湯本までは、数珠繋ぎだった。
この時間で箱根に上がる車は少ないだろうから、いったん元箱根に行き、旧道で畑宿を抜けて三枚橋でR138に出るほうが、もしかしたら早かったかもしれない。
それにしても、いつも不思議なのだが、箱根湯本を過ぎるとそれまでの渋滞が嘘だったように走ることができるのだが、箱根湯本まで連なっていた車は、いったいどこに行ってしまったのだろうか。
今回のおみやげは、登山電車のトレインショーティーと富士屋ホテルのステッカー。

箱根三昧」に戻る

 

|

« 箱根三昧 6 桃源台へ | トップページ | 100分de名著 デフォー ペストの記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根三昧 6 桃源台へ | トップページ | 100分de名著 デフォー ペストの記憶 »