« 箱根三昧 7 桃源台から戻る | トップページ | 物語 東ドイツの歴史 分断国家の挑戦と挫折 »

2020年11月 6日 (金)

100分de名著 デフォー ペストの記憶

200927_001
2020年9月の放送。
https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/101_defoe/index.html

デフォーの「ペストの記憶」は、先日、読んだ。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-68569b.html

H・Fは、ロンドンにとどまるか逃げるかと逡巡するが、この逡巡は、
 子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え(俵万智)
 逃げないんですかどうして? 唇を噛む(ふりをする)炎昼のあり(高木佳子)
を、思う。

第二波、第三波と続くのだろうか。

【はじめに】パンデミックと記録文学
第1回 パンデミックにどう向き合うか?
第2回 生命か、生計か? 究極の選択
第3回 管理社会VS市民の自由
第4回 記録すること、記憶すること

NHK出版
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062231172020.html

|

« 箱根三昧 7 桃源台から戻る | トップページ | 物語 東ドイツの歴史 分断国家の挑戦と挫折 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根三昧 7 桃源台から戻る | トップページ | 物語 東ドイツの歴史 分断国家の挑戦と挫折 »