« 2年ぶりの音羽の森 | トップページ | 中世鎌倉のまちづくり 災害・交通・境界 »

2020年10月 1日 (木)

藤森照信×山口晃 探検! 東京国立博物館

201001_001
よく行く東京国立博物館。
博物館としての建物は、本館、表慶館、東洋館、法隆寺宝物館、平成館、黒田記念館、庭園の建築物などで、一番よく行くのは平成館、次いで本館。
今回は表慶館の天井画やレリーフについて知りたかったのだが、本書での表慶館の扱いは、詳細ではない。
表慶館の「建築ツァー」、やらないかしら。
神奈川県立歴史博物館の建築ガイドツァーは、面白かった。

本書の案内役
東博といえば・・・・・・
美術編
 勝手にトーハクセレクション
 茶室で茶の湯「感覚賞金」体験
建築編
 トーハク見取り図
 本館
 表慶館
 東洋館
 法隆寺宝物館
 平成館
 黒田記念館
 まだある庭園古建築
舞台裏編
 展示の舞台裏

藤森照信/著
山口晃/著
東京国立博物館/協力
淡交社
https://www.tankosha.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=1963

|

« 2年ぶりの音羽の森 | トップページ | 中世鎌倉のまちづくり 災害・交通・境界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2年ぶりの音羽の森 | トップページ | 中世鎌倉のまちづくり 災害・交通・境界 »