« ノスタルジア食堂 労働者の在りし日の食卓 | トップページ | Плов / プロフ »

2020年7月24日 (金)

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本

200527_011  200527_012
新書版ではあるが、四百数十ページにわたって、1950年代後半から60年代前半の、鉄道を中心とした写真で埋め尽くされている。
著本書の写真を見て蘇る記憶は、鎌倉大仏のような変わらない姿のものを除いて、まず、ない。
けれども、者が撮影したあとになって同じ場所に行った写真は、たくさんあって、その記憶と重ねることで、そして、鉄道車両、とくに今は廃止された路線の車両や、かつて走行していた車両などが撮られていることで、時代を感じることができる。
カメラは、何をつかっていたのかな、当時のことだから、ライカかしら。

そして、大判で見たい、平らにしてみたいという欲求は湧いてくるけれど、デジタル写真にはない粗さが味を出していることを楽しもう。

江ノ電の写真が3葉。
1962年8月の腰越の併用区間を走る藤沢行き302(P.213)、1956年7月の腰越駅から出て神戸橋を過ぎる藤沢行き106(P.214-215)、そして境川鉄橋を渡る1956年12月の103(P.441)。
自分で撮った写真と並べてみよう。

200527_013
102
1929/4:雨宮製作所製造
1957/4:101、102を連接車化し300型302に改造
1960:302+352に改称
1997/3、廃車、山梨県南巨摩群富沢町のオートキャンプ場でバンガローに利用

200527_014
106
1931/9:新潟鐵工所製造
1958:106、109を連接車化し300型304に改造
1960:304+354に改称
2005/9:運用終了、廃車、先頭部を極楽寺検車区に保存

200527_015
103
1929/4:雨宮製作所製造
1957/4:103、104を連接車化し300型303に改造
1960:303+353に改称
2007/9:運用終了
2008/3:廃車、部品の一部を502Fに流用、303先頭部を江ノ島駅待合室で保存

はじめに――自己紹介
【東京編】
山手線沿線
◇コラム:東京の夜景/コラム:米軍のいる風景
中央線沿線
◇コラム:東京タワー
地下鉄沿線
◇コラム:新幹線のテストラン
私鉄沿線
◇コラム:東京の子どもたち
東京東部・島部
◇コラム:台風一過
【各地方編】
北海道
◇コラム:布団・洗濯物のある風景
東北地方
◇コラム:東日本の子どもたち
北陸地方
◇コラム:漁師たち
関東地方
◇コラム:農作業
中部・東海地方
◇コラム:行楽(レジャー)
近畿地方
◇コラム:電車を飾る「花電車」
中国地方
◇コラム:西日本の子どもたち
四国地方
◇コラム:集合写真
九州地方
【テーマ別写真集】
運ぶ/モノレール/危ない!/SL/働く人たち/
面白い看板/危険な鉄橋/季節の行事

J・ウォーリー・ヒギンズ/著
光文社
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334043759

|

« ノスタルジア食堂 労働者の在りし日の食卓 | トップページ | Плов / プロフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノスタルジア食堂 労働者の在りし日の食卓 | トップページ | Плов / プロフ »