« ニーベルンゲンの歌 前編 後編 | トップページ | 井上ひさし 鎌倉の日々 »

2020年6月27日 (土)

Ein Spaziergang in Kamakura nach dem Gartenarbeit machen

コロナ禍で行けなかった実家の庭、すごいことになっていた。
とりあえず草刈機でほぼなぎ倒しておくことにする。

200627_001  200627_002
正午をだいぶ過ぎてから、大船軒の「鯵と小鯛の押寿し」でお昼。

200627_101  200627_111
片付けを終えて、「井上ひさし 鎌倉の日々」展が開催中の、鎌倉文学館へ行ってみる。
券売所で手指アルコール消毒、文学館玄関ドアは来客者が触らないためだろう、職員が開けてくれ、玄関でも指アルコール消毒、そして感染者が出た時にそなえて連絡先(メルアドやライン)を伝えなければならない。

200627_121  200627_122
展示されていたなかで印象的だったものや作品も書いておこう。
*は見たり読んだりした作品。
第一部 井上ひさし、生活者として
第一章 1989—1993
 今小路西遺跡
第二章 1984—1999
 広町緑地
第三章 2000—2010
 「モスクワのボリショイ劇場の前で」の写真に米原万里さんも映っている。
 米原万里訳ロシア語版「父と暮らせば」。
 こどもにつたえる日本国憲法
 木の上の軍隊 *
第二部 井上ひさし、創作活者として
第一章 1989—1997
 人間合格 #(これから見る)
 シャンハイムーン
 ある八重子物語
 中村岩五郎
 一分ノ一 #
 マンザナ、わが町 #
 父と暮らせば #
 黙阿弥オペラ
 紙屋町さくらホテル #
第二章 1988—2000
 東京セブンローズ
 東慶寺花だより
 貧乏物語
 連鎖街のひとびと
 化粧二題
 一週間 #
第三章 2001—2010
 夢の裂け目
 太鼓たたいて笛ふいて
 兄おとうと
 夢の泪
 水の手紙
 イソップ株式会社
 円生と志ん生
 箱根強羅ホテル #
 夢の痂
 私はだれでしょう
 ロマンス
 少年口伝隊一九四五 #
 ムサシ #
 組曲虐殺 #

今年は、1989年から鎌倉で暮らしていた遅筆堂の没後10年である。
http://kamakurabungaku.com/exhibition/index.html

200627_131  200627_132
前田さま邸の紫陽花

200627_133  200627_134
前田さま邸の紫陽花

200627_135  200627_136
前田さま邸の紫陽花

200627_141  200627_142
前田さま邸の薔薇

200627_143  200627_144
前田さま邸の薔薇

200627_145  200627_146
前田さま邸の薔薇のなかに「鎌倉」

200627_151
前田さま邸
http://kamakurabungaku.com/

200627_201  200627_301
旧諸戸邸と紫陽花、そして甘縄神明宮と紫陽花

200627_302  200627_303
甘縄神明宮と狛犬

200627_401  200627_402
Bergfeldでパンとシュークリームを買う
http://bergfeld-kamakura.com/

200627_501
SEA CASTLEでパウぜ
https://www.facebook.com/seacastlekamakura/

200627_601  200627_602
由比ヶ浜海岸

200627_603  200627_604
由比ヶ浜海岸

200627_605  200627_606
由比ヶ浜海岸

200627_607
由比ヶ浜海岸

200627_701  200627_702
長谷駅に向かう2001F、藤沢方に連結されていた502Fの台車TS-838Bは300型(303~305)からの流用

200627_703  200627_704
長谷駅に向かう2001F+502F、新装なった長谷駅

200627_801  200627_802
車窓から七里ガ浜

200627_811  200627_812
1501F「日の丸セーラーズ号」

200627_813
藤沢駅にて、2002F+1501F

|

« ニーベルンゲンの歌 前編 後編 | トップページ | 井上ひさし 鎌倉の日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニーベルンゲンの歌 前編 後編 | トップページ | 井上ひさし 鎌倉の日々 »