« 幻の「天保十二年のシェイクスピア」 | トップページ | 絵葉書の余白に―文化のすきまを旅する »

2020年3月 2日 (月)

国宝ロストワールド 写真家たちがとらえた文化財の記録

191217_001  191217_002
2019年10月31日未明、首里城で火災が発生し、正殿、黄金御殿、書院・鎖之間、南殿・番所、二階御殿、北殿が全焼した。
だから、というわけではないが、本書を手元に置いてあったのだが、読む機会を逸していた。
本書は、「写真」に記録された撮影当時の国宝の姿、今は見ることができない姿を見ることができる。
首里城正殿も、沖縄戦で消失する前の姿を見ることができる。
そして、時代を経るにしたがい、「国宝」をどう撮影するかという観点での、写真の歴史をたどることができる。

「和楽」の書評がある。
https://intojapanwaraku.com/jpart/56017/

はじめに 国宝ロストワールドへようこそ! 岡塚章子
1 日光東照宮 唐門 横山松三郎
2 法隆寺 夢殿 横山松三郎
3 東大寺 大仏 横山松三郎
4 名古屋城 天守 横山松三郎
5 長谷の大仏 フェリーチェ・ベアト
6 平等院 三枝守富
7 東大寺大仏殿 日下部金兵衛
8 知恩院三門 アドルフ・フォルサーリ
9 法隆寺金堂 釈迦三尊像 小川一眞
10 興福寺 東金堂集合仏像 小川一眞
11 興福寺 無著菩薩立像 小川一眞
12 彦根城 光村利藻/光村写真部
13 興福寺 阿修羅像 工藤利三郎
14 法隆寺 玉虫厨子 工藤利三郎
15・16 東宮御所 小川一眞
17 首里城 正殿 鎌倉芳太郎
解説1 文化財撮影の歴史を切り拓いた3人の写真師の物語 岡塚章子
18 中宮寺 菩薩半跏像 小川晴暘
19 新薬師寺 伐折羅大将像 小川晴暘
20 法隆寺金堂壁画 第六号壁 佐藤浜次郎
21 日本観光写真壁画 小石清、木村伊兵衛、渡辺義雄ほか
22 観心寺 如意輪観音菩薩像 佐藤辰三
23 神護寺 薬師如来立像 辻本米三郎
24 高松塚古墳西壁面 女子像全図 大八木威男
25 法隆寺五重塔北面侍者像 坂本万七
26 室生寺弥勒堂釈迦如来坐像衣文 土門拳
27 神護寺 薬師如来立像 土門拳
28 平等院鳳凰堂 土門拳
29 東大寺戒壇堂 広目天像 入江泰吉
30 西の京の秋 入江泰吉
31 秋深き法起寺 入江泰吉
32 薬師寺 薬師如来坐像の足裏 藤本四八
33 唐招提寺 講堂内部の天井 渡辺義雄
解説2 国宝と闘った写真家たち 金子隆一
用語解説 金子隆一
KOKUHO COLUMN
 写真を用いた文化財調査の嚆矢・壬申検査
 大蔵省がつくった『国華餘芳』とは?
 外国人土産に大人気! 「横浜写真」とは?
 文化財指定の礎となった近畿宝物調査
 小川一眞と小川晴暘
 土門拳“走る仏像"全文掲載
 太平洋戦争中の国宝の疎開

岡塚章子/著
金子隆一/著
説田晃大/著
小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388722

|

« 幻の「天保十二年のシェイクスピア」 | トップページ | 絵葉書の余白に―文化のすきまを旅する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幻の「天保十二年のシェイクスピア」 | トップページ | 絵葉書の余白に―文化のすきまを旅する »