« 新訳 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス | トップページ | ハプスブルク帝国 »

2020年3月16日 (月)

死刑判決に思う

相模原事件の初公判は2020年1月8日、16回の審理が行われ2月19日に結審、そして今日3月16日に死刑判決が下された。

事件を通じてさまざまな論議が起き、多くの課題が見えたと思うが、「裁判」は、審理が1か月強、判決言い渡しまでが約2か月、この長かったのか短かったのかわからない期間での過程で、議論や課題に向き合い探ることはできなかったということかもしれない。
裁判そのものは、そうした議論や課題を解きほぐす場ではないので当然といえば当然なのだが、被告は起訴事実を認めており、裁判の争点としては責任能力の有無という点に、ある意味矮小化されてしまったのだろう。
結果として、「なぜ」には触れることがなかった審理であり判決だった。
そうした裁判の過程では、被告が己に向き合うことはなかったのではないだろうか。
「あなたは重度障害者と接していて意思疎通しようと努力したことはありましたか」と問われるなど、被告の「心失者」に関わる問いがいくつかなされていたが、言い澱む場面はあったようだが、どこまで被告の内側に届いたのだろうか。
結審の日の被告の発言を見る限り、届いていない、届いたかもしれないが振り切ったとしか思えない。

Essveauwaaktve
雨宮処凛さんがサンデー毎日に書いた記事『「相模原事件」面会記』の最後の、『急に世間と隔絶された生活になり、「忘れられた」と感じた時、彼は初めて事件と向き合うのかもしれない」のを、待つしかないのか。
https://twitter.com/tsunday3/status/1238001187267338241

そして「死刑」、東京大学先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎准教授の「死刑判決はその被告の命に線を引くもので私にとっては複雑で、葛藤を伴う判決」も、重い。
https://news.goo.ne.jp/article/nhknews/nation/nhknews-10012333681_20200316.html

JDの藤井克徳さんが、今日開かれた会見でまとめていらっしゃる。
https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/yamayuri-decision-presscon

事件以後読んだ障害にかかわる本

障害福祉の父 糸賀一雄の思想と生涯(京極高宣/ミネルヴァ書房)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-22d2.html

生きたかった 相模原障害者殺傷事件が問いかけるもの(藤井克徳・池上洋通・石川満・井上英夫/大月書店)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-581f.html

現代思想10月号 相模原障害者殺傷事件(青土社)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-58f2.html

相模原事件とヘイトクライム (保坂展人/岩波書店)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-8414.html

涙より美しいもの (稲沢潤子/大月書店)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-7237.html

相模原障害者殺傷事件 ―優生思想とヘイトクライム―(立岩真也、杉田俊介/青土社)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-29ec.html

福祉の思想 (糸賀一雄/日本放送出版協会)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-cca7.html

おでかけは最高のリハビリ! 要介護5の母とウィーンを旅する(たかはたゆきこ/雷鳥社)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/5-c6d0.html

あんずの木の下で (小手毬るい/原書房)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-97bc1e.html

わたしで最後にして ナチスの障害者虐殺と優生思想(藤井克徳/合同出版株式会社)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-36e1af.html

この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代(雨宮処凛/大月書店)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-6f8525.html

ぶどう畑で見る夢は (小手鞠るい/原書房)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-153ab3.html

太平洋戦争下の全国の障害児学校 被害と翼賛(清水寛/新日本出版社)
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-c38bfb.html

健康で文化的な最低限度の生活 (1〜8、柏木ハルコ/小学館)
https://bigcomicbros.net/comic/kenkohdebunkatekina/

|

« 新訳 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス | トップページ | ハプスブルク帝国 »

コメント

投稿: 楠の末裔 | 2020年3月17日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新訳 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス | トップページ | ハプスブルク帝国 »