« ハバナの男 | トップページ | アイガー北壁・気象遭難 »

2020年2月 8日 (土)

小曽根真×児玉桃 スペシャルコンサート

200208_1
大和のSiRiUSで、小曽根真さんと児玉桃さんのコンサート。

200208_2  200208_3
なかなかの盛況ぶりで、1階席はほぼ満席だったようだ。
演奏が始まると、その楽曲が終わるまで遅れてきた客を入れないのは、よかった。

200208_4  200208_5
児玉桃さん
F.ショパン:4つのマズルカ op.24
 第14番 ト長調
 第15番 ハ長調
 第16番 変イ長調_
 第17番 変ロ長調
F.ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66___ちょっとばかしテンポが早かったような
F.ショパン:スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31___ちょっとばかしテンポが早かったような

小曽根真さん
前半の児玉桃さんが演奏いたショパンにインスピレーションを得て弾いたのは・・・・
ショパン:マズルカ
 第13番からの即興
 第24番からの即興
小曽根真:ミラー・サークル
ポーランド民謡:「クヤヴィヤック」からの即興

インターミッション

小曽根真×児玉桃 共演:西岡まり子・大場章裕
バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタ Sz110
 1.アッサイ・レント・アレグロ・モルト
 2.レント・マ・ノン・トロッポ
 3.アレグロ・ノン・トロッポ
ステージ手前の下手側に小曽根さん、上手側に児玉さんのピアノが、鍵盤を客席側にして「ハ」の字型に置かれている。
その奥に、下手側から、合わせシンバル、木琴、大太鼓、銅鑼、銅鑼にトライアングルがぶら下がる、銅鑼の手前に吊りシンバルと小太鼓(響き線有りと無しと)、ティンパニー3台、吊りシンバルが並び、これを西岡まり子さんと大場章裕さんが弾くというか打つというか。

アンコールは小曽根さん、児玉さん、西岡さん、大場さんで。
チック・コリア:アルマンドのルンバ

https://yamato-bunka.jp/hall/2019/004902.html

小曽根さんのコンサートは何度か行っているし、舞台でのピアノも聴いている。

2012/12/9:組曲虐殺
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-e16a.html
2016/10/23:小曽根真 ピアノ・ソロ ライブ
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-7b9c.html
2017/4/14:小曽根真 ピアノ・ジャズライブ
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-faed.html
2018/1/14:日本フィルハーモニー交響楽団第10回相模原定期演奏会 mit 小曽根真
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/10-mit-ced8.html
2019/10/19:組曲虐殺
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-8aeacc.html

|

« ハバナの男 | トップページ | アイガー北壁・気象遭難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハバナの男 | トップページ | アイガー北壁・気象遭難 »