« 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 | トップページ | レクトロ物語 »

2020年1月22日 (水)

コメコンデザインシリーズ8 「ウンゼレ ハイマット 我らがふるさと」旧東ドイツチューリンゲンのおもちゃ街道を訪ねて

200117_011
以前、「DDR Spielzeug」という東ドイツの玩具の本を読んだが、ホセとイスクラさんが訪れたゾンネベルクは玩具生産地としてなんども出てきた。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-5b29.html
ここまで行くのも、ちょっと大変そうだ。

玩具類は、ドレスデンのDDR博物館にもたくさん展示されていた。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_3-die-welt-d.html
そして、プラッテンバウ(Plattenbau)の様子も再現されていたが、これをそのまま縮小すれば、ドールハウスになりそうだった。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/10_2-die-welt-d.html

第一部
アリドールとの出会い
私は、私は一体...どこから...?
郷土資料館を訪ねて
A.Riedelerの歴史
アリドールのあれこれ
スタイリッシュなドールハウス家具
ドールハウスの焦点に並んでいたもの
仲間たち
第二部
ゾンネベルクへ
ゾンネベルク地方のおもちゃ産業の歴史
コンビナートと周辺で作られていた製品
終わりに

イスクラ
http://iskra.ocnk.net/product/18742

|

« 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 | トップページ | レクトロ物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 | トップページ | レクトロ物語 »