« シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ | トップページ | ぼくはこう生きている 君はどうか »

2020年1月11日 (土)

メアリ・ポピンズ

190217_001  190217_002
安野さんの挿絵版は「小さな家のローラ」「森のプレゼント」「Little House in the Big Woods」に続いて4冊目。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-d0cf.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-4ab5.html
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-3d368f.html

「メアリ・ポピンズ」は、岸田衿子訳なので、岩波版とは雰囲気が異なる。
絵本ではなく挿絵なので、ページをめくるごとに安野さんの絵が登場するわけではない。
また、街に出かけるお話は収録されていないので、ロンドンの街っぽい絵がないのが残念だ。

P.L.トラバース/著
岸田衿子/訳
安野光雅/絵
朝日出版社
https://www.asahipress.com/bookdetail_norm/9784255010960/

|

« シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ | トップページ | ぼくはこう生きている 君はどうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ | トップページ | ぼくはこう生きている 君はどうか »