« ウィーンの日本 欧州に根づく異文化の軌跡 | トップページ | 図録「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」 »

2019年12月14日 (土)

「<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事」と神宮外苑いちょう並木

191214_101  191214_102
新宿テアトルに9時半過ぎに到着し、オープン(9:40)まで少し待つ。

191214_103  191214_104
今日は、13日に始まった「<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事」である。
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、12月20日(金)に公開。

191214_104  191214_106
中の階段にも、すずさんとリンさんをはじめとするパネルが並んでいる。
先月広島で特別先行版「さらにいくつもの」は見たけれど、完成版はどう仕上がっているのだろうか。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-638ac9.html

191214_111  191214_112
フロアに貼られているポスターには、のんさんと監督のサインが入っている。

191214_113
水口マネージャーの作品も並んでいる。

191214_114  191214_115
そして、写真撮影などに利用された、衣装や小道具。
クレヨンやおしろいなどは、監督のコレクションだそうな。

さて、映画は東京国際映画祭の様子からスタートし、映画製作に取り組む監督の姿を追う。
スタッフ以外にもさまざまな人たちとのかかわりから「片隅」が生まれ、「片隅」がささまざまな人たちのかかわりを生む様子が描かれる。
「さらにいくつもの」のネタバレあり。
https://ttcg.jp/theatre_shinjuku/movie/0641900.html

191214_201  191214_202
映画が終わってダブリナーズへ、久しぶり。
http://www.dubliners.jp/shop.html

191214_301  191214_311  191214_312
千駄ヶ谷に行く。
完成した国立競技場の脇から絵画館を抜け、神宮外苑いちょう並木を歩いてきた。

191214_313  191214_314  191214_315
すでにシーズンは終わり、葉は落ちてスカスカになっているいちょうが多い。
もっと朝早く来れば、落ち葉は柔らかいだろう。

191214_316  191214_317  191214_318
12月も中旬になろうとしているのに、よく割れて暖かな午後、人は多い。

191214_319  191214_320
この石垣は、1926年に神宮外苑を整備されたときに江戸城から持ってきたものらしい。
そして聖徳記念絵画館前通りは、「ワービット工法を利用したわが国最古級の車道用アスファルト舗装」ということでもあり、日本でも完成度の高い「直進街路の突きあたりに記念碑的な建造物を据えたヴィスタ景」だそうだ。
http://committees.jsce.or.jp/heritage/node/325

|

« ウィーンの日本 欧州に根づく異文化の軌跡 | トップページ | 図録「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウィーンの日本 欧州に根づく異文化の軌跡 | トップページ | 図録「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」 »