« チェコ・デザイン 100年の旅 | トップページ | 秋の長野に台風被害お見舞い旅1日目 その2 軽井沢万平ホテル »

2019年11月16日 (土)

秋の長野に台風被害お見舞い旅1日目 その1 小布施、鈴花さん、小布施ワイナリー

予想はしていたが、圏央道に入る手前の表示に「相模湖まで45分」と出ている。
一般道を走るよりは早いだろうと8時少し前に圏央道に入ったのだが、「八王子JCTから事故渋滞」との表示も出てきた。
相模原ICを過ぎると、走行車線・追越車線共にノロノロ運転となり、中央道に入るか関越で行くか、迷うところである。
しばらくすると、走行車線は動かなくなったので、関越に向かうことにした。
八王子JCTの分岐のところで、事故車は脇に移動されて、追突事故の処理をしていた。

圏央道は順調に走ったが、今度は「関越道坂戸西で事故」の表示が出てきた、やれやれ。
鶴ヶ島JCTの関越道新潟方面は数珠つなぎ、関越もノロノロ。
坂戸西SICをすぎたら、車は多いものの流れは普通になったのだが、またもや花園で事故となったのであった。
寄居PAで休憩、朝ごはん抜きで来たので、豚まんを食べる、このとき10時半、すでに2時間半経過。
上信越道は車は少なく、流れは順調であった。
しかし、碓氷軽井沢ICを過ぎて八風山トンネルから一車線通行となり、トンネルを出たところから上り線を利用した対面通行となっていた。
台風19号によって盛り土に異常があって、緊急対策工事を行ったらしい。
https://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/kanto/h31/1025/

目的地の小布施は、通常はPAからSICで出られるのだが、台風19号による千曲川決壊でSICが水没、現在も閉鎖されたままである。
https://travel.watch.impress.co.jp/img/trw/docs/1212/652/html/04_o.jpg.html
なので、信州中野ICまで行き、小布施に戻ってきたのだが、出発してから5時間近く経過していた。
小布施の街に入ると、土曜日なのにびっくりするほど人が少ない。
シーズンが終わったばかりではなく、台風被害の影響もまだまだ残っているのだろう。
栗の木テラスの前にも、人の姿がないのだから。

191116_101  191116_111
そのまま鈴花さんに行き、お昼にする。
食事は、いつものように2回のお部屋。
他には食事を終えた1組と、これからの1組がいるだけだった。

191116_121  191116_122
先付けは「きのことくるみの白和え」、お食事は「鰆の柚庵焼き御膳」。

191116_123  191116_124
栗がごろんごろんの栗ご飯、鰆は大変美味しゅうございました。

191116_125  191116_126
デザートはりんごの炊いたん、シャインマスカット、ほうじ茶のゼリーが載っている。
いつものように、鈴花さんのコーヒーカップ。

191116_127  191116_131
鈴花さんの大将、予てから闘病生活を続けていたのだが、去年の暮れに右足を切断していた。
でも、逆に今日のほうがお元気そうだった。
弟子さんたちは独立してお店の営業は縮小したけど、以前よりおうちごはん感たっぷりだった。

191116_132  191116_133
手斧のあとがそのままなのは、古い材料を使っているからで、鈴花さんとはかれこれ十年以上のおつきあいになっている。
食事を済ませて、大将、おかみさんとしばしの歓談。
台風のあとは避難所で炊き出しをなさったそうで、そうしたら「大将のご飯を食べられるから、まだ避難所にいたい」と避難所にいた子どもに言われて、涙ものだったそうな。
台風見舞いを置いてくる。

鈴花
https://www.obuse-suzuhana.com/

191116_201  191116_202
おぶせワイナリーに移動する。
こことはすでに15年以上のおつきあいになっている。
ここにも千曲川の水がぎりぎりまのところまで押し寄せたものの、幸いなことに、地下のワイン蔵は無事でワイナリーは大事に至らなかったそうだ。
けれど、スタッフの何人かの家や家族の家は床上浸水し、家族を住まわせたり未だに避難所暮らしの人もいるそうだ。
お見舞いを手渡す。

191116_203  191116_204
他にも、お見舞い持参のお客さんが来てらした。
セパージュ・ヨーロピアン(赤)と、プティ・コニャック(ブランデー)、そして同僚へのお土産用のブランをお持ち帰り。
冬に送ってもらうワインも、何本か注文しておいた。

小布施ワイナリー
http://obusewinery.com/

|

« チェコ・デザイン 100年の旅 | トップページ | 秋の長野に台風被害お見舞い旅1日目 その2 軽井沢万平ホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チェコ・デザイン 100年の旅 | トップページ | 秋の長野に台風被害お見舞い旅1日目 その2 軽井沢万平ホテル »