« 七十五羽の烏 | トップページ | 赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD 6 »

2019年11月11日 (月)

ぶどう畑で見る夢は

190809_001  190809_002
今日11月11日はMartinstag、聖マルティンの日、ガチョウを食べる日であり、オーストリアではワイン解禁の日。
個人的には、ボジョレー・ヌーヴォーよりも、こっちだ。
https://www.austria.info/jp/%E6%97%85%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%EF%BC%86%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%93%E3%83%86%E3%82%A3/%E9%A3%9F%E3%81%AE%E6%84%89%E3%81%97%E3%81%BF/%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B2
というわけで、ワインの本であるが、サブタイトルは「こころみ学園の子どもたち」。
実家の街にココ・ファームの特約店があるので、立ち寄った際にボトルを見つけるとお持ち帰りすることが多いのだが、現地に行ってみたい行ってみたいと思いつつもなかなか行くことのできない、こころみ学園、そしてココ・ファーム。
http://www.cocoromi.or.jp/
https://cocowine.com/

以前、「あんずの木の下で」を読んだことから、本書も読んでみることにした。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-97bc1e.html
ぶどうの熟成を待っていたのではないが、本棚に寝かしておいたままにしておいたら、台風19号で被害があったというニュースである。
これが流れたときは心配したが、今年も収穫祭は行われるようだ。
https://cocowine.com/home_info/harvest-festival/

こころみ学園の開所は1969年、ココ・ファーム・ワイナリー設立が1980年、最初のワイン販売が1984年。
自分が障害者に関係する業務についたのは1985年だったはずで、しばらくして関東の同じ県域で同じ仕事をしている人たちと徒党を組んで施設見学をしようとする動きをやり始め、いきなり遠くだと予算はつかないから、近場から次第に遠方に毎年毎年実施していこうとしたのだが、そのとき目標にしたのは、近江学園だった。
西へ西へだったので、近場の北へという発想は、なかったな。

こころみ学園でつくられたスパークリング・ワインが、沖縄サミットや洞爺湖サミットで使われたことは、当時ニュースとなったのだが、それ以外にもさまざまな機会に使用されている。
けれどそのことは、本書では年表に掲載されているものの、本文には登場しない。
登場させる必要はない、ということだろう。
https://cocowine.com/vineyard_winery/kokoromi/kokoromi_history/

自分の商売柄気になるのは、こころみ学園の栽培したぶどうをワイナリーが購入し、ワイナリーでの作業をこころみ学園に業務委託といったなかで、各利用者にどのくらいの工賃が支払われるのだろうか、というところ。
いや、無粋な話だ。

小手鞠るい/著
原書房
http://www.harashobo.co.jp/book/b369319.html

|

« 七十五羽の烏 | トップページ | 赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七十五羽の烏 | トップページ | 赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD 6 »