« 猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 | トップページ | THE MERRY WIDOW »

2019年10月 5日 (土)

華頂宮邸公開と「オクトーバーフェストKAMAKURA 2019」

年2回の華頂宮邸公開、そして「オクトーバーフェストKAMAKURA 2019」に行ってきました。

191005_a01  191005_a02
藤沢駅では、「2019江ノ電沿線フォトコンテスト」の応募作品展が開催されています。
191005_a03
https://enoden-photocon.com/

191005_a11  191005_a12
1000形生誕40周年記念ヘッドマークをつけた1000形1001Fが藤沢駅に入線しました。
鎌倉方に連結されていたのは、501Fでした。

鎌倉駅からバスで常明寺へ。
ちなみにお寺は浄妙寺。

191005_b001  191005_b002
報国寺に入る人が多いですが、そのまま歩くと華頂宮邸正門です。
ふだんは入れない邸宅に、春と秋に2日づつ公開日が設定されていて、今日は中に入ることができます。

191005_b100  191005_b101
明かり取りのある玄関からホールに上がり、階段を2階に上がります。

191005_b110  191005_b111
2階ホールの天井はかまぼこ型が続きます。
「ヴォールト」と言って欲しいようですが、これはどう見ても「かまぼこ」でしょう。
そしてなぜか丸い出っ張りがありますが、下のホールを覗き込んだのでしょうか。

191005_b112  191005_b113
北側の窓と窓の下のスチーム暖房機、グリル模様はいたってシンプル。

191005_b114  191005_b115  191005_b116
西側窓、南側窓、そして北側窓。
それぞれデザインが異なっています。

191005_b117  191005_b118
ホールの丸い出っ張り。

191005_b119  191005_b121
2階ホールの天井、北側壁です。
この日は公開されていない浴室前の小部屋は寝室として使われていたはずで、石づくりの棚が置かれています。

191005_b131  191005_b141  191005_b142
2階南東の部屋は、洗面台があります。
南東の部屋の西側の東洋室。

191005_b143  191005_b144
窓の掛け金の意匠が優美です。
ベランダには出ることができませんが、椅子を置いて庭園を眺めながらゆったり過ごすことができそう。

191005_b151  191005_b152
西側の洋室に入ります。
東の洋室よりも明るい雰囲気です。

191005_b153
天井の漆喰模様も見事です。

191005_b161  191005_b171
西側洋室のさらに西側は、和室です。
元は洋室だったので、マントルピースが残っています。
和室の北側は、小さな洋室です。

191005_b201  191005_b211
一階に降りて東側洋室です。
この洋室の右手(南側)は、サンルームです。
食堂に入ります。
テーブルに座って、コーヒーをいただけます。
コーヒーは無料ですが、テーブルにはご喜捨用のボトルが置かれています。

191005_b212  191005_b213
この食堂の天井も、漆喰細工が見事です。

191005_b301  191005_b302
ベランダから庭園に出ます。

191005_c01  191005_c11
庭園の南側の薬医門をくぐると、無為庵です。

191005_c12  191005_c21
薬医門と無為庵は、1971年に東京から移築されました。

191005_c22  191005_c31
その後、1977年に増築されているそうです。

191005_c32  191005_c33
彼岸花、そして秋バラ。

191005_c34  191005_c35
バラは、もう少しあとの方がいいかしら。

191005_c41  191005_c42
邸宅の東側を歩きます。

191005_c43  191005_c44
南東の角の部屋は、サンルーム。
上を見上げると、石づくりの棚が置かれていた部屋の窓飾りのベランダです。

191005_c45  191005_c46
庭園から見る華頂宮邸の外壁はモルタル塗りですが、建物横の外壁にはレンガが使われています。

191005_c51
華頂宮邸からバス停まで歩く途中にも、彼岸花が咲いていました。

以前の公開に来たのは六年前の春ですが、その頃よりところどころ痛んでいるようにも見えました。
ドラマなどで使われたことも一因かもしれませんが、メンテナンスなどはどうやっているのでしょうね。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-30f2.html

なお、華頂宮邸の内装は当時のままではなく、華頂宮以後移り住んだ人たちによって何度か改装されています。
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/keikan/k-index1.html

激混みのバスで鎌倉駅に戻ります。
予想していたより道路は渋滞していなかったので、20分ほどで駅に着きました。

191005_d01  191005_d02
駅から市役所に向かいます。
市役所駐車場を会場に、「オクトーバーフェストKAMAKURA 2019」が行われています。

191005_d11  191005_d12
各地のビールが9軒来ています。
そこにしようかな・・・・、結局、郷土愛。
3種類か4種類の飲み比べセットがあったので、もちろん4種類、ただし小で。

191005_d13  191005_d14
選んだ4種類は、上左からIBUKIアルト、ヘレス 、下左からスパイス、メルツェン。

191005_d21  191005_d22
ビールだけじゃナンなので、富岡ハムに並んで、お祭りプレート、これで500円でした。

191005_d23  191005_d31
ミュンヘンには負けるかも、ですが、それでもテントの中は大にぎわい。
外のステージで音楽は始まったようで、歌声が流れてきました。

191005_d32  191005_d33
歌っているのは、沙乙里という人のようです。

191005_d34  191005_d41
ちょっぺーもお店を出していました。

オクトーバーフェストKAMAKURA 2019
https://www.facebook.com/OktoberFest.kamakura/

191005_e01
市役所の向かいのワイン屋「鎌倉ワイン館」をのぞいてみたら、フランスがメインのようでしたが、ドイツやオーストリアのワインも置いてありました。
その中から、ピノ・ノワールのスパークリング(仏産)とグリューナー・ヴェルトリーナー(澳産)をお持ち帰り。
http://kamakurawinekan.sakura.ne.jp/wp/

そそる本が並んでいるたらば書房を覗いて、裏駅に行きました。
https://paddler-shonan.com/spot/taraba-books/

191005_f01
御成通りに立っていた「御成通り」の門が9月の台風15号で倒壊、銀座アスターの窓に突っ込んでしまったのですが、今は撤去されていました。
なんだか物足りない御成通の入り口です。

191005_f02  191005_f03
RONDINOに入りましたが、プリンはおしまい(隣に座っていたご婦人が召し上がっていらっしゃいましたが)、なので、アップルパイにしました。
http://aquadina.com/kamakura/spot/327/

191005_g01  191005_g11
江ノ電は、遅れ気味。
藤沢駅に、見慣れぬ塗装の江ノ電バスの姿がありました。
江ノ電100周年の塗装だそうで、ということは、ずいぶん前から走っているようです。

|

« 猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 | トップページ | THE MERRY WIDOW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 | トップページ | THE MERRY WIDOW »