« 三題噺 | トップページ | みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術 »

2019年9月14日 (土)

横浜でワインな一晩

13日(金)

ワイン屋から、フランスのワインを紹介しながらのディナーがあるというお誘いを受けたので、行ってきました。

13_001  13_002
たぶん帰るのが大変になるだろうということで、ワイン屋近くにお泊りすることにしました。
チェックインして13階のお部屋へ行くと、このルームナンバー、いわくありげです。

13_011  13_012  13_013
お部屋に入ります。
飲み物が並んでいます。
洗面室、なんだか鏡だらけ。

13_014  13_015
部屋は広いというわけではないけれど、予約時にベイサイドにしたので、大桟橋やみなとみらいが見える部屋でした。

13_101  13_102
では、山下公園を歩いて元町に行きましょう。
お部屋は、右側タワーの13階の右側。

13_103
ホテルニューグランド‎、左の本館はクラシックなので、次回泊まることがあれば本館にしようかな。

13_111  13_112
電飾の氷川丸。

13_113  13_114
山下公園からみなとみらいも見えます。
そして、ここに賭博場を誘致したいのだと市長が言っています・

13_115
ウィンパーティ、横浜港の観光船を借り切ってやってほしいな、こんど営業さんに言っておきましょう。

13_201
元町をちょっとぶらぶらして、お店へ。
本日のお献立です。

13_211  13_212
まずロゼなシャンパーニュ、そして、ホタテのカルパッチョ。
ロゼがちょっとおとなしいので、カルパッチョに負けるかな。

13_221
そうしたら、ホタテに合わせて白のシャンパーニュ、これは美味しくいただきました。

13_231  13_232
続いて、天然アイナメ、そしてボルドーの白。

13_241  13_242  13_251
ボルドーのお姉さんの、赤の説明が始まりました。
フランス語、通訳はしていただけます。

13_252  13_253
ボルドーの赤、2014年、赤を通した光が麗しい。
カイノミ、ボルドーの赤、右が2014年、左が2016年。

13_261  13_271  13_272
2016年の赤、そして最後にもう一度シャンパーニュ。

13_273  13_274
シャンパーニュのお姉さんによるシャンパーニュの説明もありました。
このシャンパーニュは、デザートといただきます。

13_281  13_282
きょういただいたワインは、ここにあるだけではありません。
お姉さんたちのテーブルにも、グラスが並びます。

13_283
お客さんたちのテーブルにも、グラスグラスグラス。

13_291  13_292
記念撮影のお時間となりました。

13_293  13_294
こちらも記念撮影、シェフのお兄さんも登場。

WWB 横浜元町店
https://www.pieroth.jp/ybr.html

13_301  13_302
他のお客さんたちともお喋りをして、ヒミツのワインもいただいたあと、ぶらぶらとホテルに戻ります。
マリンタワーは、改装休業中。
暗くてよくわからないけれど、ホテル本館のカフェの上には、開業した年の年号AD1927の文字が彫られたエンブレムがあります。

13_311
それでは、おやすみなさい。

14日(土)

14_001
6時過ぎの大桟橋。

14_011  14_012
5階のレストランに降りたら、クルーズ船が入港するところでした。

14_013
朝ごはん。

ホテルニューグランド
https://www.hotel-newgrand.co.jp/

14_021  14_022
山下公園では、太極拳を演っています。
中華街の人たちかしら。
クルーズ船は、上海から到着した「MSCスプレンディダ」で、スケジュールには6時到着になっていましたが2時間ほど遅い到着でした。

14_101  14_102  14_111
シーバスで横浜に向かうことにしました。
氷川丸を係留する鎖、かもめの水兵さん、並んだ水兵さん。
通ろが、シーバスの山下公園発は台風15号の影響で、運休でした。
ウチキパンでパン購入、ミュシャな袋です。
http://www.uchikipan.com/

|

« 三題噺 | トップページ | みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三題噺 | トップページ | みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術 »