« 「音楽劇 人形の家」と「Ballet Gala 2019」 | トップページ | ZARD Forever Best~25th Anniversary~ »

2019年9月 7日 (土)

6年ぶりの白州

思いついて、白州へ。
前回行ったのは2013年だった。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-b919.html

圏央道から中央道に抜けようと思ったら、相模湖東まで1時間だとの表示。
だらだら動くよりも、とにかく走っている方がいいやと、相模湖まで走ることにした。
途中、津久井やまゆり園の前を走るので、心中で黙祷。
中央道に入ったら、ほとんど混雑はなく、小淵沢で高速を降りて白州へ。
家から3時間あれば着くだろうと思っていたのが、3時間半弱であった。

受付に行くと、蒸留所の見学コースは満席、やはり思いつきではなく、ちゃんと予約すべきなのだろう。
空いていたのは「南アルプスの天然水ガイドツァー」だったので、申し込んだ。

190907_101  190907_102

その前に、「ホワイトテラス」でお昼。
店内は、ちょうど同時に到着したバスの団体が入ったところだったので、テラス席に座る。

190907_103  190907_104
運転手は、アルコール禁、受付でもらう見学コースの入ったパスケースのストラップも「アルコール禁」のピンクであった。
「北杜市産 岩魚と椎茸・銀杏の桶盛り飯」を頼んでみた。
岩魚は、どこ?
一尾ごろんと乗っかってくるかなと思ったが、少々。

190907_111  190907_112
さすが自然のエリア、Mannerさんの甘さにひきつけられたのか、ブンブンいう虫が飛んでくる。

190907_201  190907_202
ツァーの集合場所は、ウィスキー博物館。

190907_203  190907_211
博物館の中は、以前歩いたな。
バスで「南アルプスの天然水」工場に向かう。

190907_221  190907_222
エントランスで、パネルを使った天然水のガイド。

190907_223  190907_224
降った雨が花崗岩の岩盤を通り抜け、ミネラルなどが含まれて、20年後に製品となるそうな。

190907_231  190907_232
ジオラマと背後に投影されるプロジェクション・マッピングによる説明、映像は撮影禁。

190907_241  190907_242
製造工程の一部を見ることができる、ここは箱詰め工程。

190907_243 190907_251
箱詰め工程、全体工程はパネルで見ることができる。

190907_252  190907_253
「1 ペットボトルをつくる」

190907_254  190907_255
「2 天然水を入れる」、そしてキャップをする

190907_256  190907_257
「3 検査をする」「、4 包装する(C 箱に詰める)」

190907_261  190907_262

ペットボトルと原型のプリフォーム

190907_263  190907_271
ペットボトルの金型、プリゴームを入れて高圧空気で膨らませる
明日が工場、非常時への備えがあった。

190907_281  190907_282
工場見学は、おしまい、本当は敷地内を歩いて戻りたかったのだが。
ちなみに、工場にいる人は天然水工場には100人、ウイスキー控除にも100人とのこと。

190907_291  190907_292
「南アルプスの天然水」の試飲、右はヨーグルト味のヨーグリーナ、おかわりにレモン味のスパークリングをいただいた。かなり強い泡、ワインと一緒がいいかもしれん。
ハッシュタグをつけてみるか。

190907_293  190907_294
メモパッドをもらった。

190907_301  190907_302
当然、ショップに行くのである。
しかし、楽しみにしていたシリアルナンバー入りのシングルモルトは、販売休止中なのである。
ウィスキー自体もほとんどなく、梅酒ばかりが売られていた。

190907_303  190907_304
年数のかかるウイスキー、復活は何年先だろうか。
何しろ琥珀色になるまで、一番下から0年、12年、18年、25年、50年と、かかるのだから。
(店内での撮影は、OKを頂いてある)

190907_311  190907_312
バードサンクチュアリを歩いてみる。

190907_313  190907_314
ルートの一部は通行止になっていた。

190907_315  190907_316
アカマツが見事。

190907_317  190907_318
野鳥の池、野鳥の姿は見えず。

サイトを見たら、見学ツアーはすべて事前予約なのね、以前はそうでもなかったと思うのだが。
https://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/

190907_321  190907_322
帰りがけ、道の駅はくしゅうに立ち寄る。
ワインは、道の駅はくしゅうの隣のスーパーからのお持ち帰りで、右は山梨県産ぶどう使用、左のサドヤはチリ産ワインに国産ぶどうを入れたリーズナブルなワイン。
そして、晩ごはん用に道の駅はくしゅうからお持ち帰り。
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/378

韮崎から中央道に乗るが、大月から小仏トンネルまで渋滞15kmと出ていた。
中央づに乗ってみると、いっとき12kmまで短くなったが、勝沼を過ぎたあたりの表示は17kmに伸びたので、上野原で降りてガラガラの甲州街道で帰宅。
走行距離は300km弱。

|

« 「音楽劇 人形の家」と「Ballet Gala 2019」 | トップページ | ZARD Forever Best~25th Anniversary~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「音楽劇 人形の家」と「Ballet Gala 2019」 | トップページ | ZARD Forever Best~25th Anniversary~ »