« 幻の大戦果 大本営発表の真相 | トップページ | 中井英夫戦中日記 彼方より »

2019年8月10日 (土)

オリエント急行殺人事件

190810_1
サンシャインでお昼、正午前だというのに、夏休みで「ウルトラマンフェスティバル2019」やら何やら開催中で、かなりな混雑。

190810_2  190810_3
サンシャイン劇場の席は、2階席最前列の8番9番。
ステージの上には青いオリエント急行の食堂車の側面が見え、ロゴのほか、「ORIENT EXPRESS」と「VOITURE-LITS」の文字と車両番号「N:2162」が描かれている。
窓の下は銀線。
車両の上手側から小窓、ドア、小窓、窓が4つ、小窓がふたつ。
窓ごしに、上手側にカウンターバー、中央から下手にかけてテーブルが見えている。
この窓は、窓ガラスを下に下げて開けられるようになっていて、上演中、その動作があった。
車両の上、上手側と下手側に機関車の動輪が3つづつ、車両が動くシーンでは車輪が回転する。
イスタンブールを出発すると、背後に流れる景色の映像。
そして車体側面が舞台から上がっていき、舞台上は食堂車、そして連結されている1等寝台車が食堂車の上にあり、左からコンパートメントの番号I~VIIIが並んでいる。
ラチェットの寝室が殺害現場であるが、その様子が後半で見せられるのだが、その仕掛けには感心した。

ちなみに部屋割りは、
I:ブーク→ポアロ
II:ラチェット
III:ヘレン
IV:グレタ/メアリー
V:グレタ
VI:伯爵夫人
VII:公爵夫人
VIII:大佐
である。
原作よりも人数は少ないので、結末は原作同様だが、展開は原作と異なる。

ポアロ:小西遼生
ヘクター・マックイーン:室龍太
ドラゴミロフ公爵夫人:春風ひとみ
アンドレニ伯爵夫人:伊藤純奈
グレタ・オルソン:宍戸美和公
ブーク:松村武
メアリー・デブナム:伊藤梨沙子
ミシェル:田鍋謙一郎
ヘレン・ハバード:マルシア
サミュエル・ラチェット/アーバスノット大佐:田口トモロヲ

この劇の脚本は、ケン・ルドウィック(Ken Ludwig)、サイトがある。
http://www.kenludwig.com/murder_on_the_orient_express/murder_on_the_orient_express.php

190810_4  190810_p001
https://www.orientexpress-stage.jp/

|

« 幻の大戦果 大本営発表の真相 | トップページ | 中井英夫戦中日記 彼方より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幻の大戦果 大本営発表の真相 | トップページ | 中井英夫戦中日記 彼方より »