« 犬が星見た ロシア紀行 | トップページ | 幻の大戦果 大本営発表の真相 »

2019年8月 6日 (火)

あんずの木の下で

190729_001  190729_002
学童疎開は、子供たちの命を守ることが目的ではなく、将来の「兵力」を確保するため。
したがって、「兵力」となりえない「障害児」は、疎開の対象外とされた歴史があったことを、忘れちゃならない。
戦争と障害者をめぐる書籍は「もうひとつの太平洋戦争」のほか、3年前の事件も契機となって出版されてはいるが、昨今の世相を見ると、戦争における障害者のありようについて「過去のできごと」としてではなく、今の、これからの課題であるように思えてならない。
さらに、読み継がれていってほしい。

はじめに―東京から届いた一通のメール
第1章 運命を乗せた列車
第2章 学童疎開と光明学校
第3章 ふたつの疎開
第4章 悲しい別れ
第5章 あんずの木の下で
第6章 鳴りひびく空襲警報
第7章 終わらなかった疎開生活
おわりに―なぜ、戦争はなくならないのか。

小手毬るい
原書房
http://www.harashobo.co.jp/book/b369074.html

 

|

« 犬が星見た ロシア紀行 | トップページ | 幻の大戦果 大本営発表の真相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬が星見た ロシア紀行 | トップページ | 幻の大戦果 大本営発表の真相 »