« 新編 悪魔の辞典 | トップページ | 「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展」図録 »

2019年6月21日 (金)

完本 寺内貫太郎一家

180509_001  180509_002
1975年の小説版「寺内貫太郎一家」(既読)に、後半はシナリオをノヴェライズ化した「続・寺内貫太郎一家」と合本して「完本」とされている。
1975年の小説版は、これ。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-8b67.html

「続・寺内貫太郎一家」の持つ雰囲気は、「寺内貫太郎一家」の雰囲気とは、琴線に触れる加減が微妙に異なるようだ。
向田邦子さんにはかなわない、ということか。
これを読んでいると、どうしても時代の違いを考えてしまう。
放送のあった1974年、「ひきこもり」という言葉が聞かれることはなかったし、「不登校」「家庭内暴力」という言葉も、さらに数年を経て出てきたような時代だったか。
ただ実際にそうした事例がなかったとは言い切れないのだけれど、寺内家やその周囲では、ひきこもることが可能な条件はなかったのではないか。

 

|

« 新編 悪魔の辞典 | トップページ | 「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展」図録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新編 悪魔の辞典 | トップページ | 「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展」図録 »