« ひとつのポケットから出た話 | トップページ | ウィーン・モダーン 図録 »

2019年6月15日 (土)

「アニマの海」と「鹿島清兵衛物語」

190615_11  190615_12
日比谷線の六本木で降りて大雨、数十年ぶりのアマンドでお昼。

190615_21
向かうは俳優座、石牟礼道子さんの「苦海浄土」をベースにした「アニマの海」の公演。
「苦海浄土」を読んだのは、大学生のときだった。
高校生のときにはすでに水俣病の報道はされていて、当時、親がチッソに勤めていた同級生もいた。
「苦海浄土」、今は藤原書店から全3冊を1冊にした版が出ている。
http://www.fujiwara-shoten-store.jp/SHOP/9784865780833.html

2年前、ここ俳優座で同じ水俣をテーマにした「海の凹凸」を見た。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-db07.html

終演後、アフタートーク。
佐々木愛さん、姫地実加さん、藤原章寛さん。

190615_25  190615_26 
文化座
http://bunkaza.com/

190615_31
FUJIFILM SQUAREの前を通ったら、鹿島清兵衛の写真展をやっていた。

190615_33  190615_34 
「明治に生きた“写真大尽” 鹿島清兵衛物語」
https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1396.html
190615_35  190615_36 

|

« ひとつのポケットから出た話 | トップページ | ウィーン・モダーン 図録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとつのポケットから出た話 | トップページ | ウィーン・モダーン 図録 »