« 太陽がいっぱい | トップページ | ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校 »

2019年6月 7日 (金)

新しい時代のはじまり

190420_452_1 
「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」の正式オープン(2019年6月8日)を控えて開催されていた「新しい時代のはじまり」展の図録、展覧会初日に行って買って来た。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-7fa2be.html

また、2016年1月31日にカマキンが閉じられる前の、最後の日々にも行っている。
1月13日
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-11ae.html
1月31日
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-8faf.html

カマキンの歴史については、『鎌倉からはじまった。 「神奈川県立近代美術館 鎌倉」の65年』
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/65-8a1c.html
そして「小さな箱―鎌倉近代美術館の50年 1951-2001」。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/501951-2001-173.html

190420_453_1
これから八幡さまが鎌倉文華館をどう使っていくのか、見ていきたいと思う。
https://tsurugaokamuseum.jp/

御挨拶/吉田茂穂
メッセージ/高階秀爾
その建築条の意味/藤森照信
板倉準三の建築が伝えるもの/坂倉竹之助
建築という精神/内藤廣
新しい扉。美術館再び、/水沢勉
鎌倉―文化を生み出す土地の力―/宮崎緑
第1章 板倉準三と神奈川県立近代美術館
 鎌倉館の活動
 [再録]鎌倉の現代美術館 板倉準三
第2章 改修工事の経緯と概要
 計画から実施まで
 近代建築の保存と活用についての現在と展望/藤井恵介
190420_451_1 

|

« 太陽がいっぱい | トップページ | ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽がいっぱい | トップページ | ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校 »