« 発掘!かまくら探偵団2019 「鎌倉グルメ in 中世」 | トップページ | カレル・チャペック 童話全集 »

2019年6月27日 (木)

クリムト展 図録

190612_b21_20190627201301
先日、東京都美術館のクリムト展に行ってきた。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-fd29f0.html

作品ごとに付された、ベルヴェデーレ宮殿のオーストリア絵画館(オーストリア・ギャラリーのほうが一般的かな)の方による詳細な解説も、読み応えがある。
その他の文章などを合わせると、クリムトの生涯をたどることができる図録だ。
クリムトの親友で初期には「芸術家カンパニー」をつくってクリムトと共同で仕事をしたフランツ・マッチュ、この人はアンカー時計をデザインした人だ。
アンカー時計は何度も見ているが、先日ウィーンに行ったときに、たぶん初めて全登場人物を見てきた。
http://m-kusunoki.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-1d1277.html

クリムトと日本―長きにわたる親しい関係 ステラ・ローリッグ
生命の円環―クリムト自身を映す象徴主義 ナークス・フェリンガー
クリムトと分離派 千足伸行
クリムトの「黄金様式」 小林明子
クリムトの晩年の肖像画と東洋的モティーフ―《オイゲニア・プリマフェージの肖像》を通じて 西﨑紀衣
1. クリムトとその家族
2. 修業時代と劇場装飾
3. 私生活
4. ウィーンと日本 1900
5. ウィーン分離派
6. 風景画
7. 肖像画
8. 生命の円環
グスタフ・クリムト関連年譜
主要参考文献
作品リスト

 

|

« 発掘!かまくら探偵団2019 「鎌倉グルメ in 中世」 | トップページ | カレル・チャペック 童話全集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発掘!かまくら探偵団2019 「鎌倉グルメ in 中世」 | トップページ | カレル・チャペック 童話全集 »