« 日本人は何を捨ててきたのか | トップページ | 世紀末ウィーンのグラフィック »

2019年5月29日 (水)

日本・ポーランド国交樹立100年記念 ポーランド・ポスター展

190529_101
神奈川県立近代美術館葉山で開催しているので、行ってきました。
でもその前に。

190529_111  190529_112  190529_113
お魚定食、本日のお魚のポワレ。

さて、展示室に入ります。
このポスターの数々は、神奈川県立近代美術館が所蔵しているもので、今回は14の作家による180近い作品が展示されていました。
1960年代、70年代の統一労働者党政権時代のポスターとはいえ、サーカス、ブレヒトやシェイクスピアの劇、映画(アンジェイ・ワイダはもちろん、ジーナ・ロロブリジーア出演の「さらば恋の日」も)を始め、想像していたよりも自由で創造的なデザインの数々でした。
ポーランド政府から寄贈された時期から、「連帯」が活動した時代、戒厳令が敷かれた時代、そして民主化の時代のポスターは含まれていません。
できうるならば、そうした時代のポスターとの比較もしてみたいと思いました。

190529_201  190529_202
一色海岸に降りてみます。

190529_203  190529_204
美術館から砂浜に降りることは、できません。

190529_205
一色海岸。

190529_301
帰りがけ、マーロウに寄りました。
ことし、35周年だそうです。
http://www.marlowe1984.com/shop/contents?contents_id=402095

|

« 日本人は何を捨ててきたのか | トップページ | 世紀末ウィーンのグラフィック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本人は何を捨ててきたのか | トップページ | 世紀末ウィーンのグラフィック »