« Praha und Wien 21 クロスター・ノイブルクに向かう | トップページ | Praha und Wien 23 レオポルトシュベルク »

2019年5月 1日 (水)

Praha und Wien 22 クロスター・ノイブルク、マイバウムと修道院

190501_071 190501_081
Franz-Josefs駅から15分ほどで、Klosterneuburg Kierling駅に到着である。
駅前から修道院は見えるのだが、駅前に案内板や地図はなさそうで、ここまで行く道がよくわからない。
街っぽい道を歩いたら三位一体柱が立っていたので、ここいらが中心街なのだろう。
祝日なのでお店は休み、閑散とはしているが。

190501_082 190501_083
修道院はこっちの案内板があったので、街中の路地に近い道を進むと、「この小道を上がれ」の案内板、えっちらおっちら上がると、修道院教会に出た。
エントランスは、建物の反対側にあるような案内板だったので、建物に沿って歩いていくと、音楽が聞こえてくる。
修道院の庭の門の外では、何やらお祭りである。
おお、そうだ、今日は労働者の日ではあるが、何と言ってもマイバウムの日でもあるのだ。

190501_091 190501_092 190501_093
修道院の門の外の広場では、ディアンドル姿の女性たち、レーダーボーゼンの男性たちが踊っている。

190501_094 190501_095 190501_096
マイバウムは、すでに立てられていた。
若い人たちも踊りの輪の中にいる。
テントでは、飲食が出ているのだろうな。

190501_097 190501_098 190501_099
将来は、輪の中で踊るのだろうな、楽しみなことである。
やがて、踊りは終わって民族衣装な人たちは退場、これからはビールの時間かしら、いや、ここではワインの時間か。

190501_101 190501_111
さて、クロスターノイブルク修道院の見学である。
入り口を入ると、高い天井のあるホールで、このあたりのエリアは1740年にバロック時代に工事が中断された当時そのままの状態を保存してあるらしい。
ショップやカフェもある。
時間が合えばガイドツァーも可能だが、勝手な見学にした。
なので、ガイドツァーでのみ見学できる「ヴェルダンの祭壇」は見ることはできない。
チケットは、通常は9オイロ、年寄りは8オイロ、写真は聞いてみたが特に追加料金はなかった。

190501_112 190501_113
修道院の見学、ワインも並んでいるが、あっけない。

190501_121 190501_122 190501_123
ううむこれだけかと思ったら、奥に宝物部屋があって、ここは見応えがあった。
豪華なカズラが並んでいる。

190501_124 190501_125 190501_126
これは、オー ストリア大公の冠なのかしら。
聖体顕示台や聖杯も、見事。

190501_127 190501_128 190501_129
サンゴの宝飾、海のないところではサンゴは貴重なものだったのだろう。
チェコやドイツでは、きらびやかになり過ぎは、民衆の怒りを買ってプロテスタントが生まれたが、南ドイツやオーストリアではカトリック勢力は強かった。
こうした品々は、このような扉で厳重に守られていたのだろう。

190501_131
桐の木があって、花が咲いていた。

190501_141 190501_142 190501_143
お昼は修道院の門を得たところにあったStiftscafe、修道院ワインをいただき、シュニッツェル、krautfleckerl、豚と芋、そしてカプチーノ。

190501_151 190501_152 190501_153
食後は修道院教会へ、入れるのは出入り口を入ったところまで、ワインを飲んだけど、修道院のワインだから許してもらえるでしょう。

190501_154 190501_155 190501_156
バロック様式のお御堂内部、オルガンの音が聞こえてきた。
若い青少年たちが献灯していた。

190501_157
教会の出入り口の扉は、厚いガラスがはめられている。

教会の歴史をおさらいしておく。
1114年からロマネスク様式で建設が始まり、たびたび建てなおされたが、1634年以降はバロック式に改築された。
1683年のトルコ侵攻で破壊され、マリア・テレジアの父カール六世は1730年に町と修道院の復興と宮殿建設の計画を立てたが、未完成のまま1740年にカール六世は亡くなり、マリア・テレジアは引き継がなかった。
その後1836年から1842年にかけて、修道院と宮殿の改修工事が完成した。

|

« Praha und Wien 21 クロスター・ノイブルクに向かう | トップページ | Praha und Wien 23 レオポルトシュベルク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Praha und Wien 21 クロスター・ノイブルクに向かう | トップページ | Praha und Wien 23 レオポルトシュベルク »