« Praha und Wien 45 ウィーン国際空港 | トップページ | Praha und Wien 47 OE-LPE 2 »

2019年5月 5日 (日)

Praha und Wien 46 OE-LPE 1

190505_431 190505_432 190505_441
時間となり搭乗、帰国便の座席は4K、訪墺のときの席のふたつ後ろの席である。
ウエルカムドリンクが来るが、CAさんのご挨拶は、なし。
そして、メニューの配布。

190505_442 190505_443 190505_444
メニューの、ファーストサービス、セカンドサービス、そして日本語のページ。

190505_445 190505_451 190505_461
レシピのページもある。
新聞も配られて、「80cmの雪! きょう冬に戻った」という見出し、ウィーンだけじゃなく、オーストリア全土で寒い日だったのだな。
そうこうしているうちに、出発である。
窓の外に、Embraer 195(OE-LWEとOE-LWK)。

190505_462 190505_463 190505_464
OSのスタアラ塗装のDHC-8-400(OE-LGP)、ユーロウイングスのA319(D-AGWA)、そして、プラハからウィーンに飛んだときに搭乗したOSのDHC-8-400(OE-LGH)に再会したのであった。

190505_465 190505_466 190505_467
OE-LPEは、モノリスから離れていく。
プライベート機だろう小型機もいた。

190505_468 190505_469 190505_470
離陸を開始するOSのA320-200(OE-LBQ)、滑走路に向かうDHC-8-400(OE-LGH)。

190505_471 190505_472 190505_473
離陸するA320-200(OE-LBQ)、滑走路に向かうDHC-8-400(OE-LGH)と滑走路に向かうA321-200(OE-LBD)。

190505_474 190505_475 190505_476
OE-LPEの前にDHC-8-400(OE-LGP)、その前にA321-200(OE-LBD)、そしてDHC-8-400(OE-LGH)が待っている。

190505_477 190505_478 190505_479
DHC-8-400(OE-LGH)が離陸を開始、DHC-8-400(OE-LGP)が続く。

190505_480 190505_481 190505_482
DHC-8-400(OE-LGP)が離陸し、上昇していく。
そしてOE-LPEも29滑走路へ。

190505_483 190505_484 190505_485
離陸するOE-LPEから見るモノリスと管制塔。
OE-LPEの後ろには、ERJ-195(OE-LWK)とラウダのA320-200(OE-LOI)が続いている。

190505_486 190505_491 190505_492
その後ろに、ブエリング航空のA320-200(EC-LQL)も続いている。
OE-LPEの滑走が始まる。

190505_493 190505_494 190505_495
モノリスなT1、そして昔からのT2を見ながら、離陸。
次は、いつ見ることができるだろうか。

190505_496 190505_497 190505_498
貨物エリアや整備エリアを見ながら上昇、ドナウ川も見えてくる。
Donauinselの端っこも見えてきて、ドナウ本流と新ドナウの分岐がわかる。

190505_499 190505_500 190505_501
上昇するにつれて視界は悪くなるが、ドナウ運河の分岐はわかる。
ウィーンの街は確認できない。

190505_502 190505_503
ここはどこだろうと後になって地図で調べてみたら、Zwölfaxing(ツウェルフアクシング)が見えているようだ。
そしてHimberg bei Wien(ヒムベルク・バイ・ヴィーン)、
OE-LPEは西北方向に高度を上げて右旋回し、南西方向に飛んでいる。

|

« Praha und Wien 45 ウィーン国際空港 | トップページ | Praha und Wien 47 OE-LPE 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Praha und Wien 45 ウィーン国際空港 | トップページ | Praha und Wien 47 OE-LPE 2 »