« Praha und Wien 34 旧市街のモーツァルト 4 トルコ軍の砲弾、ユーデン広場の住居、旧市庁舎、エルサレムの階段、シナゴーグ、ルプレヒト教会 | トップページ | Praha und Wien 36 アム・シュタインホフ教会 1 »

2019年5月 4日 (土)

Praha und Wien 35 オペラ座でウィーンフィルのメンバーによる室内楽

190504_000
今回は50lのスーツケース(シルバー)に衣類などを詰め、100l(赤)のスーツケースに頼まれ物や土産物などの物資を入れてきた。
物資は分配したが、これまでプラハやウィーンで購入した日本への土産物頼まれ物は、50lでほぼおさまってしまった。
ってことは、100lスーツケースの半分をなんとかしなきゃならん。
やはり昨日ミッテでやってた枕特売に行って、詰め物用として買うか。
とうことで、ミッテでクッション枕ふたつ購入、Sさんに預かっておいてもらうことにした。

190504_011 190504_012 190504_013
さて、午前のイベントは、Staatsoper(オペラ座)でWiener Philharmoniker(ウィーンフィル)メンバーによる室内楽の鑑賞である。
今回のPraha und Wienでの音楽関係は、これだけ。
開場前の階段下が混雑、本日のチケットは完売のようだ。

190504_014 190504_021 190504_022
普段はカンザーインなウィーン人なのに開場は時間どおり、カーサの前は大混雑で、ほかのチケットを買いに来た人がたどりつけず、カーサのお姉さんが「場所を空けてください」と悲鳴をあげていた。
時間となり会場のマーラーの広間へ、自由席ということで階段を駆け上がる人もいて(日本人なのだな)、注意されていた。
プログラムをセントのお釣りをもらうのはめんどくさいから、オイロ単位で購入。
10列目ぐらいの席に座れ、開演を待つ。

190504_031 190504_032
横にいた若っぽい人が、後半の演奏中に幕間でオーダーしたコーヒーを飲みながら聞いている。
さらにスマホでSNSを始めた。
文字はハングル。
すぐやめるかと思ったがやめない。
曲間に「演奏中だからやめなさい」と注意したらやめた。
バルトークだから、わからんことはないが。

190504_041 190504_042 190504_043 
現代音楽なプログラムなのでゆったり感はなかったけれど、楽しそうに演奏していた。
バルトークでおしまいだったらざわざわ感が残ったかもしれないが、最後はメンデルスゾーンだったのでクールダウンできた。

|

« Praha und Wien 34 旧市街のモーツァルト 4 トルコ軍の砲弾、ユーデン広場の住居、旧市庁舎、エルサレムの階段、シナゴーグ、ルプレヒト教会 | トップページ | Praha und Wien 36 アム・シュタインホフ教会 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Praha und Wien 34 旧市街のモーツァルト 4 トルコ軍の砲弾、ユーデン広場の住居、旧市庁舎、エルサレムの階段、シナゴーグ、ルプレヒト教会 | トップページ | Praha und Wien 36 アム・シュタインホフ教会 1 »