« 2 東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展 | トップページ | 4 晩ごはんと信夫山公園 »

2019年4月13日 (土)

3 街に戻る

190413_f_01  190413_f_02
「美術館図書館前」から福島交通飯坂線で、街に戻ります。
切符は券売機で購入する軟券ですが、運賃表示ではなく駅名表示なのが良いです。

190413_f_03  190413_f_04
飯坂温泉行きの1000系1204が入線してきました。
あちこちで見るのはキティさんではなく、「雪うさぎ」をモチーフに平成8年に誕生した福島の「ももりん」です。

190413_f_05  190413_f_06
東北本線を走る阿武隈急行の「伊達なトレインプロジェクト」ラッピング電車8100系、阿武隈急行は、この先の矢野目信号場で分岐して東北本線を離れます。
駅のそばにある古い建物は福島大学集会所如春荘で、「春の縁側喫茶まつり」が開催されていました。
福島大学集会所如春荘で「春の縁側喫茶まつり」
https://www.minpo.jp/news/detail/2019032661651

190413_f_11  190413_f_12
福島行きの電車1105が入線してきました。

190413_f_13  190413_f_14
車内には「ゆ」の暖簾もあります。

190413_g_01_1  190413_g_02
2駅目で福島駅に到着。
阿武隈急行時刻表を眺めてみると、福島から阿武隈急行で槻木へ行きJ、Rで福島に戻ってみようか、あるいは槻木から仙台まで行き、戻ってこようか、などというという考えが頭をかすめます。
阿武隈急行も福島交通飯坂線も、駅ビルや駅舎は持っていないようで、ビルの谷間に埋もれたような出入り口から入ります。

190413_h_01
ホテルに行く途中、というよりホテルを行きすぎてコラッセ福島に行って、福島土産の探索をしてみました。
ふくしまの恵で福島産の日本酒の飲み比べをやっていて、3種類で500円だったので6種類にしてみました。

190413_h_02  190413_h_03
6種類ともそれぞれ特徴のあるお酒で、これはいいなと思ったのが「月弓かほり」と「善き哉」。
ショップに行くと「月弓かほり」の720mlがあったのでカゴに入れましたが、「善き哉」はありませんでした。
その他、お土産用に小さな桜色の濁り酒をカゴに入れました。

190413_i_01  190413_i_02
リッチモンドホテル福島駅前にチェックイン、部屋は6階の南西の角の部屋で、福島駅西口がよく見えます。
今は新幹線のホームがありますが、新幹線が開通するまでは裏駅で新幹線とともに開発されたような雰囲気です。

 

|

« 2 東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展 | トップページ | 4 晩ごはんと信夫山公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2 東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展 | トップページ | 4 晩ごはんと信夫山公園 »