« Praha und Wien 14 市民会館 その2 スロヴァーツコ・サロン、ボジェナ・ニェムツォヴァーの小サロン、オリエンタル・サロン、グレーグル・ホール、バラツキー・ホール | トップページ | Praha und Wien 16 お昼、単独行動(1) チャペック兄弟の住居、万里さんの足跡 »

2019年4月29日 (月)

Praha und Wien 15 市民会館 その3 市長ホール、リーグル・ホール、クロークルーム

いよいよ、ムハ(Alfons Maria Mucha)が装飾を担当した市長ホールである。
入ってみると、市長ホールは意外と狭い。
そして、部屋の上部の周囲を、ムハの壁画が取り囲んでいる。
描かれている人物の名前と、人物の下に書かれた象徴する言葉を示してみる。

まず、柱に描かれている作品。
190429_092 190429_093 190429_094 190429_095
ヤン・ジシカ=戦いに挑む勇者(Bjovnost)、ヤン・アモス・コメンスキー=忠誠(Vérnost)、ペルンシュテインのヴォイチェフ=力強さ(Síla)、ホツコ人(南西ボヘミアの国境を守っていた「ドッグ・ヘッド」と呼ばれた民族)=番人(Ostražitost)

190429_096 190429_097 190429_098 190429_099
ドゥバーのヤン・ロハーチ=厳格さ(Nepoddajnost)、ポジェブラトのイジー=独立(Samostatnost)、ヤン・フス=正義(Spravedlnost)、プシェミスロヴェツの女王エリシカ=母性的叡智(Moudrost mateřská)

次に、柱と柱の間に描かれている作品など。
190429_100 190429_101 190429_102
バラツキー・ホールへの扉、壁画「犠牲(過去)」とタイトル。

190429_103 190429_104 190429_105
「自身の力(未来)」とタイトル、リーグル・ホールへの扉。

190429_106 190429_107 190429_108
バルコニーへの扉がある。

190429_109 190429_110 190429_111
「男らしさ(現代)」とタイトル、天井画は「スラブの団結」。

190429_112 190429_113 190429_114
バルコニーへの扉、バルコニー、天井の装飾。

190429_115 190429_116 190429_117
バルコニーへの扉、置かれていたベンチふたつ。

190429_118
天井画は「スラブの団結」。

190429_120 190429_121 190429_122
市長ホールにはもっといたいが、ツァーなので仕方がない、促されてリーグル・ホールに移る。
ホールの名称となった政治家・新聞記者のフランチシェク・ラジスラフ・リーグルの胸像がある。
マックス・シュヴァビンスキーの1913年の作品「チェコの春」が架けられていて、左の絵には左からスヴァトプルク・チェフ、ヤン・ネルダ、ヤロスラフ・ヴルフリツキー、ボジェナ・ニェムツォヴァー、ユリウス・ゼイェルの5人の作家が、右の絵には彫刻家ヨゼフ・ヴァーツラフ・ミスルベク、画家ミコラーシュ・アレシュと画家ヨゼフ・マーネス、作曲家ベトジフ・スメタナとアントニーン・ドヴォジャークが描かれている。

190429_123 190429_124 190429_125
いかにもアール・ヌーヴォーらしい装飾と照明である。

190429_126
そして、リーゲルの1867年のボヘミア王国集会での演説が刻まれたボード、1940年に当時のナチス・ドイツの保護国庁の命令で姿を消し、1990年に再び見ることができるようになった。

190429_127 190429_128 190429_129
政治家・新聞記者のカレル・スラトコフスキーに因んで名前が付けられたスラトコフスキー・ホール、ボヘミアの紋章の2つの尾の銀色のライオン模様の盾を持つ女性像があるが、誰かしら。

190429_130 190429_131 190429_132
簡素だが、細部の細工は美しい。

190429_133
ふだん、コンサートなどにも使われるようだ。

190429_134 190429_135 190429_137
ホールへの階段、クロークルームに戻ってきた。

190429_138
スメタナ・ホールの入り口である。

1時間弱のツァーで10部屋回るので、じっくり堪能する暇はない。
ムハ作品は予算不足で市長ホールの作品だけになったが、最初の計画どおり全部屋ムハ作品だったら、見学は1日がかりになるのだろうな。
自由散策でも、1日がかりになりそうだ。

ツァーの人数は35人、是が非でも見たい場合は、あらかじめオンラインでチケットを購入しておくほうがいい。
http://www.obecnidum.cz/en/tours/

Obecní dům(市民会館)
http://www.obecnidum.cz/

|

« Praha und Wien 14 市民会館 その2 スロヴァーツコ・サロン、ボジェナ・ニェムツォヴァーの小サロン、オリエンタル・サロン、グレーグル・ホール、バラツキー・ホール | トップページ | Praha und Wien 16 お昼、単独行動(1) チャペック兄弟の住居、万里さんの足跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Praha und Wien 14 市民会館 その2 スロヴァーツコ・サロン、ボジェナ・ニェムツォヴァーの小サロン、オリエンタル・サロン、グレーグル・ホール、バラツキー・ホール | トップページ | Praha und Wien 16 お昼、単独行動(1) チャペック兄弟の住居、万里さんの足跡 »