« Praha und Wien 12 ケーブルカー | トップページ | Praha und Wien 14 市民会館 その2 スロヴァーツコ・サロン、ボジェナ・ニェムツォヴァーの小サロン、オリエンタル・サロン、グレーグル・ホール、バラツキー・ホール »

2019年4月29日 (月)

Praha und Wien 13 市民会館 その1 市民会館のカフェ、市民会館見学ツァーはスメタナ・ホールとカフェ

窓から外を見ると、今日のプラハは一日中雨っぽい、傘必須。

朝食を済ませて外に出て、10年以上前にウィーンで買った折り畳み傘をさしたら、いきなり壊れた。
しょうがないので、目の前のスーベニアショプで99コルナの折りたたみを買った。
買った傘も、開いたときに止める部品が欠損してたので、取り替えてもらった。
ホテルから歩いて「Obecní dům」(市民会館)へ。

190429_001
市民会館見学ツァー、市民会館には10時前に着いたのだが、雨の月曜でも、いや外歩きに不向きな冷たい雨の日だからこそかもしれないが、11時の回はソールドアウト、12時の回にする。
ひとり240コルナ、撮影料55コルナ。
チケット窓口のおねーさんに「60過ぎてる?」と聞かれたので、「Yes」と答えたら2人とも60歳以上料金、写真料金分のおまけぐらいか。

190429_011 190429_012 190429_013
寒い雨の日なので散策する気はなく、時間まで見事なアール・ヌーヴォー様式の市民会館のカフェ「Kavárna Obecní dům」で、でかいケーキとカプチーノで待つ。

190429_014 190429_015
カフェに入ったときアールヌーヴォーナ装飾が麗しい店内はガラガラだったが、すぐに雨宿り客でいっぱいになる。

Kavárna Obecní dům
http://www.kavarnaod.cz/

190429_021
撮影料を払うと、それとわかる札を渡されて首からぶら下げるのだが、渡されていない人もいた。
市民会館見学ツァーは英語、窓口で日本語のガイドペーパーを貸してくれた。
ペラペラめくるとかなり詳しい説明書きのようだったので、「返すの?」とおねーさんに聞いたら、「そう、返して」だった。

190429_031 190429_032 190429_033
まず、スメタナ・ホール。
ステージの左右をには、ラヂスラフ・シャロウンによる石膏像、左側にスメタナの「ヴィシェフラト」、右側にドヴォジャークの「スラブ舞曲」が飾り、その斜め上に左側に大統領の、右側にプラハ市長のためのボックス席がある。
ガラスの天井が美しい。

190429_034 190429_035 190429_036
バルコニー席、絵はカレル・シュビラルの「詩」、「演劇」。

190429_037 190429_038 190429_039
バルコニー席、絵はカレル・シュビラルの「音楽」、「舞踏」。

190429_040
4814本のパイプから成るパイプオルガン、中央には、スメタナのブロンズのレリーフ。

190429_041 190429_042 190429_043
スメタナ・ホールからカフェに移動する。
金メッキのガラスのショーケースと花飾りをつけた漆喰のレリーフ。
漆喰の天井、壁の人工大理石と漆喰、金メッキの装飾、ため息しか出てこない。

190429_044 190429_045 190429_046
壁の人工大理石と漆喰、金メッキの装飾、大理石のテーブルと椅子。
このような席で、コーヒーをいただきたいものだ。

|

« Praha und Wien 12 ケーブルカー | トップページ | Praha und Wien 14 市民会館 その2 スロヴァーツコ・サロン、ボジェナ・ニェムツォヴァーの小サロン、オリエンタル・サロン、グレーグル・ホール、バラツキー・ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Praha und Wien 12 ケーブルカー | トップページ | Praha und Wien 14 市民会館 その2 スロヴァーツコ・サロン、ボジェナ・ニェムツォヴァーの小サロン、オリエンタル・サロン、グレーグル・ホール、バラツキー・ホール »