« 2 「世紀末ウィーンのグラフィック」@京都近代美術館/アートな京都2日間 | トップページ | 4 「長くつ下のピッピ展」@美術館「えき」KYOTO/アートな京都2日間 »

2019年2月23日 (土)

3 出町柳と相国寺/アートな京都2日間

190223d_01  190223d_02
東山に戻る。

190223d_03  190223d_04
白川には、鷺がいた。

190223d_05
一本橋を渡る。

190223e_01  190223e_02
東山から三条で乗り換えて出町柳で下車、鴨川を渡って歩いて行くと、お店の前に行列が見えてくる。

190223e_03  190223e_04
列の最後尾につくと、両隣のお店の前には並ばないように、右に左に折れること数回、やっとお店の看板に近づくことができたが、まだガラスケースの前には至らない。

190223e_05  190223e_06  190223e_07
おやおや、黒豆大福は完売である。
さらにお店の端まで進んで折り返し。
ようやくガラスケースの前に出ることができたが、ここまで30分以上経っていた。
よもぎの田舎大福と豆大福、お節句らしい飴ぽいものをお持ち帰り。

出町柳 ふたば

190223f_01  190223f_02
近くに一休みできるところはなかろうかと歩いて今出川の通りに下ってみると、BONBON CAFEというお店があったので、入ってみた。
2階の天井まで吹き抜けになっていて、東の鴨川側には鉄階段があり2階にも席があるが、入口近くの席に座った。
フレンチトーストのお店のようなので迷わずにオーダー、しばし待ってやってきたフレンチトースト、上にグラニュー糖がかけられている。

190223f_03  190223f_04
カットしてみると、内部までしっかりと卵液が染み込んでいるようで、口にすると周りはカリカリ中はしっとり。
ややおこげっぽいのは、これがデフォルトなのか焼きすぎだったのか、どうだったのだろう。
隣の席には爺が一人で入ってきて、座るなりワインをオーダー、白を飲んでいるのだが、地元民なのだろう。

190223f_05  190223f_06
お店の奥には鉄の扉がある。
ははん、ここは銀行だったのかもしれぬと思って、お支払いのときにお姉さんに尋ねてみたら、やはり元は銀行の建物だったそうだ。

BONBON CAFE

いったんホテルに戻ることにして、今出川通りを地下鉄烏丸線の今出川まで歩くことにした。
途中の同志社女子大の門で、黒いスーツ姿のたぶん女子大生がミルク缶のような大きな缶と、大きな木のパン箱のような箱を持って喋っていたのだが、学校はお休みで門は閉まっているし、何かイベントでもあったのだろうか。

190223g_01  190223g_02
相国寺の境内を歩いてみると、梅の花が咲いていた。

190223g_03
去年は法堂と方丈が特別公開されていて中を歩くことができたのだが、今年の冬の特別公開は、慈照院の公開のようである。

相国寺

190223h_01  190223h_02
今出川から烏丸線で京都に移動しホテルにチェックインしたら、今回も13階のスーペリア・フロアである。
エレベーターを降りたフロアは扉が閉まっていて、カードキーをかざさなければ扉は開かない。
中に入った東側はラウンジで、コーヒーマシンがいてありジュース類もあって、無料。
アルコール類は、ない。

190223h_03  190223h_04
部屋は今回も東側で、窓から東大寺が見える。
南の方を見ると、たぶん東福寺が見えている。

190223h_05  190223h_06
東側にはエルイン京都があるが、13階より低いので、東山方向は遮られることはない。
西側には地上9階建て京都アバンティが隣接していて、屋上にも構造物があるようなので、東側より視界を遮るようだ。
それにしても、予約寺に指定したわけではないのだが、どんな基準で割り振っているのだろうか。

ホテル京阪 京都 グランデ

|

« 2 「世紀末ウィーンのグラフィック」@京都近代美術館/アートな京都2日間 | トップページ | 4 「長くつ下のピッピ展」@美術館「えき」KYOTO/アートな京都2日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3 出町柳と相国寺/アートな京都2日間:

« 2 「世紀末ウィーンのグラフィック」@京都近代美術館/アートな京都2日間 | トップページ | 4 「長くつ下のピッピ展」@美術館「えき」KYOTO/アートな京都2日間 »