« 浄妙寺 | トップページ | 悪と全体主義―ハンナ・アーレントから考える »

2019年1月17日 (木)

深呼吸の必要

181018_021  181018_022
1984年の晶文社版は、持っている。
立ち止まることなどとは無縁の、仕事に夢中になっていた頃だった。
収められているのは、「あのときかもしれない」に九編と、「おおきな木」に二十四編。
「言葉を深呼吸する。あるいは、言葉で深呼吸する。そうした深呼吸の必要をおぼえたときに、立ち止まって、黙って、必要な言葉を書き留めた。そうした深呼吸のための言葉が、この本の言葉の一つ一つになった。」そうな。
本書の解説は、小川洋子さん。

同名の邦画があるが、なぜこのタイトルにしようと考えたのだろう。

長田弘/著
角川春樹事務所

|

« 浄妙寺 | トップページ | 悪と全体主義―ハンナ・アーレントから考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深呼吸の必要:

« 浄妙寺 | トップページ | 悪と全体主義―ハンナ・アーレントから考える »