« 富士屋ホテルの営繕さん 建築の守り人 | トップページ | シールドリング »

2018年10月21日 (日)

信州の紅葉、美ヶ原と軽井沢

5時半前に出発し、ガラガラな圏央道八王子JCTから中央高速に入る。
正面に雪化粧の富士山が見える。
美ヶ原は幾つかのルートがあるが、松本ICで降りて入ることにする。
松本からのルートも、自然保護センター側に上がるか道の駅や美術館側に上がるか、自然保護センター側と道の駅側は山上での車走行はできないので、どちらにするか決めなければならないのだが、道の駅を目指すことにして、アザレアライン経由で向かう。
アザレアラインに入ると、前に2台走っているだけで後続車もいない。
その2台もやがて脇に逸れてしまい、紅葉の林を単独で上がっていく。
アザレアラインと名付けられているが、昭和な懐かしい、舗装状態もあまり良くない狭い林道っぽい道路だ。
20kmほど走って扇峠でビーナスラインに合流し、さらに10km走って、10時過ぎ道の駅美ヶ原到着。

駐車場には、様々なスポーツカーがたくさん集まっていて、車の側面には番号が書かれたステッカーが貼られている。
秋のビーナスラインを走破するツーリングだろう。
オートバイも多い。

181021_101  181021_102
道の駅の展望デッキからは、北アルプスから白馬、北信五岳、菅平、浅間山方、妙義山方向を見ることができる。
画像は、白馬、北信五岳と菅平。

181021_103  181021_104
浅間山と妙義山方向。
美ヶ原を中心にすると、松本、上田、浅間などとの位置関係がピンとこないのだが、松本は美ヶ原の西、上田は北東、浅間は東北東ということだろう。
なんとなくもっと北のほうにあって、浅間は東と思っていたのは違っていた。

181021_105  181021_106
標高2000mとなると森林限界も超えているので、カラマツ林は下に見える。

軽井沢に向かうことにしたので、とりあえずは上田側に降りることにして、どこかでカラマツを見ることができないかと思っていたら、道の脇にちょっとしたスペースがあった。

181021_111  181021_112
ここは白樺平、その名のとおり白樺の林の中である。

181021_122  181021_121
もう少し降りると待避所があって、そのあたりはカラマツ林だった。

181021_123  181021_124
落葉は終わったのだろうか。

山を降りてT字路の交差点、表示は左が上田市外、右が佐久や塩尻、う〜む、右折して佐久から軽井沢がいいかもと右折するが、なんとなく山道に入っていきそうだったので、上信越に乗って行こうと上田に戻ることにした。
上田市外には入らず、東部湯の丸ICに向かう。
上信越道は、ガラガラであった。

碓氷軽井沢ICで降りて軽井沢へ向かうが、プリンスホテルあたりからR18は渋滞であった。
旧軽には行っても車と人だが、途中で右折して森に入っていくと、車はいなくなる。
歩いている人は、多い。

181021_201  181021_202
そして、お昼にしようと目的地に到着である。
ホテル前の駐車場はいっぱいだったが、少し離れたところの駐車場は空いていた。

テラス席は待っている人が多かったが、メインダイニングルームはすんなりテーブルに案内してもらえた。
オーダーしたのは、おすすめランチコース。である。

181021_211  181021_212
赤いのはボルドー、運転手はアルコールはご法度だが、まあ、それらしく。

181021_213  181021_214
鮪のカルパッチョ バルサミコ酢ドレッシングとフレンチマスタード、そしてにんじんのポタージュ。

181021_215  181021_216
信州産豚ロースのパン粉付け焼き チーズと香草風味

181021_217
本日のデザート、キュウイと柿、ババロアと洋梨のシャーベット
コーヒーが美味しかったのでおかわりを頼んだら、サーブのお兄さんが「このコーヒーはミカドコーヒーです」と教えてくれた。

181021_218  181021_219
網代壁のメインダイニングルームのあるアルプス館は、日光金谷ホテルも手掛けた久米権九郎の設計で、1936年に完成した。
その後米軍に接収されたりしたのは、富士屋ホテルや金谷ホテルと同様である。

181021_220
窓のから見える中庭では、ウェディングの写真撮影が行われていた。

181021_221  181021_222
富士屋ホテルは営繕さんの腕で維持されてきたが、ここ万平ホテルも営繕さんが活躍しているのだろうか。

181021_223

もう少し時間がありそうだったので街のお散歩を考えたが、街は人だらけだったので、白糸の滝へ足を延ばすことにした。
案の定、本通りは車と人、旧軽通りは人だらけ。
三笠通りに入ると、車はそこそこ走っているものの、人の姿はほとんどいなくなる。

181021_301  181021_302
白糸の滝に最後に行ったのは20世紀のことなので、数十年ぶりということになる。

181021_303  181021_304
20分ほど走って到着、車を停めるのに待ちたなければならないということはなかったが、大型観光バスも数台停まっていて、団体客もいるので人は多い。

181021_305  181021_306
外国語も聞こえてくる。

181021_307  181021_308
7月末から8月は、ライトアップも行われるようだ。

181021_309  181021_310
幅70m、高さ3m、湧水は自然であるが、滝は自然ではなく人工の滝である。

181021_311  181021_312
3時頃であるが、谷間にいるので陽の光は滝まで差してこないが、滝のしぶきの白、空の青、木々の緑と紅葉が麗しい。

181021_313
3時半前に白糸の滝を出て、峰の茶屋からR146をR18に向かう。
R18は混雑、プリンス通りも混雑、上信越道も断続的に渋滞であった。
表示板には藤岡から鶴ヶ島まで100分と出ていたので、いったん藤岡PAで休憩、覚悟を決めて関越に入ったのが6時過ぎ。
上里を過ぎて本庄児玉あたりからスピードは鈍り、予想通り渋滞に突入、鶴ヶ島JCTから圏央道に入ったのが7時45分頃。
その後はスイスイと走ることができて、帰着まで1時間かからなかった。
走行距離は540kmほど。

|

« 富士屋ホテルの営繕さん 建築の守り人 | トップページ | シールドリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州の紅葉、美ヶ原と軽井沢:

« 富士屋ホテルの営繕さん 建築の守り人 | トップページ | シールドリング »