« はじめて出会う平和学—未来はここからはじまる | トップページ | その頬、熱線に焼かれ »

2018年8月10日 (金)

江ノ電のある風景 写真でたどる江ノ電40年の歩み

180810_001  180810_002
藤沢駅から鎌倉駅までの各駅ごとの区間で、昭和50年代から現在までの江ノ電を撮った写真で構成されている。
ページ数は34ページとわずかだが、ほぼ、各ページ3枚づつに表紙などに掲載されたものを加えて、全部で100枚。
車両そのものよりも、最近の沿線周辺の変化が著しいことに、今更なながら気付かされる。
すでに退役した車両も多く、曲線の三つ窓時代の501、502の写真も掲載されている。

須藤武美/著
野口雅章/著
江ノ電沿線新聞社

|

« はじめて出会う平和学—未来はここからはじまる | トップページ | その頬、熱線に焼かれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531175/67042224

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電のある風景 写真でたどる江ノ電40年の歩み:

« はじめて出会う平和学—未来はここからはじまる | トップページ | その頬、熱線に焼かれ »