« その頬、熱線に焼かれ | トップページ | 北ドイツ=海の街の物語 »

2018年8月12日 (日)

「この世界の片隅に」(11回目) → 「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」

この世界の片隅に

180812_101  180812_102
田端のCinema Chupki Tabataにて。

180812_103  180812_104
今日で、連続上映日数639日とか。

180812_105  180812_106
この映画館、バリアフリー上映の映画館なので、日本語字幕付き、そして、視覚障害者のための音声ガイドも聞くことができる。

座席は20席、補助席を加えても30席でいっぱい。

180812_108  

180812_109

この日、片渕須直監督が来て舞台挨拶が行われる予定だったのだが、監督ってばなぜか時間を間違えたらしく、舞台挨拶が始まる予定の時間には会社にいたそうな。
携帯電話を介してのお言葉やら質疑やら、水口マネージャーの挨拶やら。

呉に募金。

180812_111  180812_112
小さい映画館でよかった、さもなきゃ暴動が起きていたのではないか。
なので、後日、監督から何かが送られてくるらしく、映画館の外で送り先を伝えておく。

水口マネージャーからの、プレゼント。

181200_001  181200_002
12月から「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」、上映。

 

180812_201 

お昼はお蕎麦。
田端から東京に移動。

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

180812_301  180812_302
ステーションギャラリーで開催中。

180812_311180812_312
第I章 私の娘時代はずっと戦争のなかでした
第II章 働いている人たちに共感してもらえる絵を描きたい
第III章 私は、豹変しながらいろいろとあくせくします
第IV章 童画は、けしてただの文の説明であってはならない

180812_313180812_314
全般に、いわさきちひろの描く子どもたちは没個性的だと思うし、好きだと言い切れるまでの作品ではないのだが、ふだん見ることのできるいわさきちひろの作品ではなく、油絵、広告画などの作品を見ることができたのは、よかった。

180812_321
石神井のちひろ美術館、安曇野のちひろ美術館には、行ったことがある。
松本善明氏の国会での質問も、ニュースで見た記憶もある。

180812_331  180812_332

180812_401
疲れたので、小田急町田店の西村でパウゼ。

|

« その頬、熱線に焼かれ | トップページ | 北ドイツ=海の街の物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「この世界の片隅に」(11回目) → 「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」:

« その頬、熱線に焼かれ | トップページ | 北ドイツ=海の街の物語 »