« 5_4 Europäisches Hansemuseum / Deutsch 2018 | トップページ | 5_6 St. Marien Kirche / Deutsch 2018 »

2018年7月 1日 (日)

5_5 Jakobikirche / Deutsch 2018

20180701_c71  20180701_c72
旧市街に戻り、ヤコビ教会(Jakobikirche)に入ってみる。
船乗りの教会で、元々の教会が1276年の火災で焼けてしまったため、船乗りと猟師のための新しい教会が1334年に完成した。
西側の側オルガンは、1467~1515年に作られた。

20180701_c73  20180701_c74
奥にある大きなオルガンは、1465~66年に作られ、1980年代に改修され、1673年当時の姿となった。
お御堂の中にオルガンの音が響いている。
実際にいずれかのオルガンで演奏されていたのか奥音が流されていたのかわからないが、しばし音色の中で心を鎮めることができた。

20180701_c76  20180701_c81  20180701_c82
説教段のらせん型の階段、彫られた文様が美しい。
奥に、ボートが見える。
説明板は、「民間船舶の国家記念碑としてのパミール礼拝堂の開設」ってなことかしら。

20180701_c83  20180701_c84
そして、お御堂の一角にボートが置かれている。

20180701_c85  20180701_c86
このボートは、1905年に建造され、1957年9月21日に嵐で沈没したハンブルクの船「Pamir」の救命ボートである。
乗組員86人中、救助されたのは6人だった。

20180701_c91  20180701_c92
燭台が、人の腕だったりする。

20180701_c93  20180701_c94
重圧な石の床。

20180701_c95
ヤコビ教会をはじめ、リューベックのいろいろな教会で、オルガンコンサートが開催されている。

|

« 5_4 Europäisches Hansemuseum / Deutsch 2018 | トップページ | 5_6 St. Marien Kirche / Deutsch 2018 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5_5 Jakobikirche / Deutsch 2018:

« 5_4 Europäisches Hansemuseum / Deutsch 2018 | トップページ | 5_6 St. Marien Kirche / Deutsch 2018 »