« 大佛次郎 ちくま日本文学全集 | トップページ | 10_2 Die Welt der DDR(2) / Deutsch 2018 »

2018年7月 6日 (金)

10_1 Die Welt der DDR(1) / Deutsch 2018

20180706_a01
さて最終日、空港への移動まで約6時間、DDR博物館とケストナー博物館をメインに過ごす予定である。
曇りっぽいがwetter.deを見たら、午前の降水確率は30%。

チェックアウト、荷物は預ける。

20180706_a11
Hauptbahnhof Nord停留所から6系統で、Albertplatz停留所に向かう。
6系統だと、DDR博物館を左手に見て、通り過ぎて停留所となる。

20180706_b001  20180706_b002
DDR博物館、正式には「ドイツ民主共和国の世界」(Die Welt der DDR)、道にトラビ(トラバント、Trabant、衛星とかお付きの者とか)が置かれているので、一目瞭然である。

20180706_b003  20180706_b004
ショッピングセンターになっている建物の入り口前に消防車が置かれ、入ったらエスカレーターで1階に上がる。

20180706_b011
1階のホールには、オートバイが並んでいる。

20180706_b012  20180706_b013
そして車も並び、ヴァルトブルク(中央)、左右は何だろう、説明板は撮ってこなかった。

20180706_b101  20180706_b102_2
チケットを買って入ったところは、さまざまなトラバント。

20180706_b103  20180706_b104
DDRが存在していた当時は、このような派手な色の車は走ってはいなかったと思うが。

20180706_b106  20180706_b105
オートバイも置かれている。

20180706_b107  20180706_b108
ボール紙でできていると揶揄された、トラビ。

20180706_b109  20180706_b110
映画「グッバイ・レーニン」でも、重要な役割を持ったトラビ。

20180706_b111  20180706_b112
西に脱出を図ったトラビ、というわけではなさそうだ。

20180706_b113  20180706_b114
ピンクなトラビなんては走っていなかっただろうが、ポリツァイなトラビはいたかもしれない。

20180706_b115  20180706_b116
さまざまなモデルカーと、「IFA F8」という戦後に生産された0.7l車。

20180706_b117  20180706_b118
「IFA F8」は、ここで。
そしてチェコのシュコダ。

20180706_b121  20180706_b131
美容院、レントゲン関連機器。

20180706_b132  20180706_b133
眼科関連機器、病院の処置室みたい。

20180706_b134  20180706_b135
薬剤室。

|

« 大佛次郎 ちくま日本文学全集 | トップページ | 10_2 Die Welt der DDR(2) / Deutsch 2018 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10_1 Die Welt der DDR(1) / Deutsch 2018:

« 大佛次郎 ちくま日本文学全集 | トップページ | 10_2 Die Welt der DDR(2) / Deutsch 2018 »