« 希望の平和学 「戦争を地球から葬る」ための11章 | トップページ | 長い長いお医者さんの話 »

2018年6月16日 (土)

「シークレットガーデン」→「父と暮せば」→「第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」

180616_101  180616_102
シャンテの地下で、お茶。

180616_111  180616_112
シャンテの本屋さんで、こんな本を見つけた。
ここの本屋さん、あやしい本が多すぎる。

180616_123  180616_124
今日のクリエは、「シークレット・ガーデン」のe+の貸切公演。
客席に入ってみると、満席、女子ばっかり。

さて、原作は予習しておいた。

「Secret Garden」の来日公演は1993年、以来日本では上演も来日公演もなく、ここで初めての日本人キャストの公演である。
来日公演は観ていないので、比較はできないが、観ながら気づいたところ。

幕が開いたとこで、なんで花ちゃんが出てくるのだろう。
ヨークシャー訛りをどう日本語化するか、正解はないのだろう。
インド時代のメアリーの疎外されっぷりは軽くさらっと流されたのだが、メアリーの性格の背景だとすれば、これはどうかな?
メドロック夫人がアーチボルドに向かって「ご主人さま」と語りかけるのだが、他者と話すときに「ご主人さま」はアリかもしれないが、面と向かっての時は違和感、原文台本は「Sir」である。
日本語の概念にはない、ということだろう。
2幕でマーサが歌う「Hold On」、どこかで聞いたような印象なのだが、「この森で天使はバスを降りた」を思い出す。
関連はないのだけれど。
肝心の「秘密の花園」の花が咲く場面、もうちょっと効果的な展開にはできなかったのだろうか。
そして花ちゃん、この舞台では「そこにいればよろしい」的存在なのだが、他のインドの時代の影たちも含めて、これほど出てくる必要があったのだろうかしら。
メアリーとの関係も含め、原作とは異なって、アーチボルドの心の内側をより前に出した、という製作なのかもしれない。

180616_131
180616_141  180616_142

そのままガード下へ。

180616_151  180616_152
ジェーエス・レネップに入る。
まだ3時頃なのに、おお、かなり入っているではないか。

180616_153  180616_154
隣席はおっさん一人でビールと何やらつまんでおるのだが、反対側の隣席は女子二人連れ、最近はドイツ飯屋に女子だけで入るのか。

180616_155
ツァーレンで、本日持って歩いていたアンペルマンのエコバッグを見たカーサのおねーちゃんってば、「わたし、ドイツに行ったことがないんですよ」だって。
ぜひ行ってきてねと、オススメしておいた。

180616_161  180616_162
そして、日比谷線で六本木に移動するのである。

180616_163
まだ時間はあるし、ドイツ飯屋からの直行では失礼にあたると思い、頭を冷やすことにした。

180616_171  180616_172
唐突に、俳優座で上演中の「父と暮せば」。
ジェーエス・レネップで電話したら、チケットが取れてしまったのである。

180616_173
ほいで、前回の独語版に続いて伊語版をお持ち帰りにしてしまった。
露語版、前回は台に載っていたのだが今日はなし、「完売してしまいました」とのこと。
しまった、「ある時に手に入れろ」は、海外ではなくとも鉄則なのである。

この舞台は、今回の公演は二度目。

終盤、あちこちから鼻をすする音が聞こえてくる。
前回に比べると、伊勢佳世さんは別人のようだ。
きょうは麻矢さんのお姿は、見かけず。

180616_181  180616_182
乃木坂に抜けることにした。

180616_191  180616_192
新国立では、「第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」を開催していて、きょうは8時までの開館なので、寄ってみることにした。

180616_193  180616_194
あれこれ見たいのはあったけれど、時間もないし、「片隅」のコーナーへ直行。

180616_195  180616_196
映像になるまでの、調査、コンテなど。

180616_197  180616_198
作品にするまでのプロセスや苦労話は、監督の口からも聞いている。

180616_199  180616_201
長尺版「片隅」は、現在進行中で、今年末の公開のようだ。

|

« 希望の平和学 「戦争を地球から葬る」ための11章 | トップページ | 長い長いお医者さんの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シークレットガーデン」→「父と暮せば」→「第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」:

« 希望の平和学 「戦争を地球から葬る」ための11章 | トップページ | 長い長いお医者さんの話 »