« 国宝の解剖図鑑 | トップページ | 健康で文化的な最低限度の生活 2 »

2018年5月26日 (土)

初夏のかまくら散歩

巨福呂坂を越えて、長寿寺、明月院、円覚寺とを歩いてきました。

180526_101  180526_102
庭仕事を終えて、お昼はラーメン。
意外や意外、ひら乃に入ったら入ったら先客はおひとりだけ。あとからおひとりと外人さんふたり連れが入ってきました。

八幡さまの脇を歩き、巨福呂坂にさしかかるあたりから路地に入ります。

180526_201  180526_202
二十五坊跡、市民が宅地開発を防いだ御谷(おやつ)騒動のこの地は、古都保存法発祥の地です。
「史跡鶴岡八幡宮境内」説明板が立っています。

180526_301
第六天社の石段、社殿に安置されていた第六天像と四天王像(自国天、増長天、広目天、多聞天)は、2006年5月21日に盗難に遭ってしまいました。

180526_401  180526_402
宝亀山長壽寺、時期限定で、公開されています。
このお寺は、足利基氏が父尊氏の菩提を弔うために建立されました。

180526_403  180526_404
方丈や書院から、のんびりと庭園を見ます。

180526_405  180526_406
観音堂は、大正時代に奈良の円成寺の多宝塔第一層をが移築されたものです。

180526_411  180526_412
観音堂の脇から庭園を歩いてみます。
ガクアジサイが咲いていました。

180526_413  180526_414
庭園から書院を見ます。

180526_415
庭の苔が美しい長勝寺です。

明月院まで歩きます。

180526_501
あじさいが咲き始めています。

180526_502  180526_503
明月院ブルーが咲き誇るまでは、まだ少し。

180526_511  180526_512
円窓を見るための行列ができていました。
本堂の前には、枯山水庭園があります。

180526_513  180526_514
本堂の脇に、開山堂があります。

180526_521  180526_522
あじさいの種類は「ヒメアジサイ」、境内に約2500株植えられているそうです。

180526_523  180526_524
もう少しすると、明月院は人だらけになることでしょう。

円覚寺まで歩きます。

180526_601  180526_602
円覚寺の境内を、横須賀線が走っていきます。

180526_603
横須賀線建設によって、円覚寺の境内の白鷺池は半分以上がつぶされてしまいました。
軍用路線だったので、有無を言わさず、だったのでしょう。

180526_611
三門をくぐります。

180526_621  180526_622
きょうは、松嶺院から遍路みちに入ってみました。

180526_623
坂をあがると、境内の一部を見下ろすことができます。
遍路みち奥の墓地には、坂本弁護士のお墓がありますので、手を合わせてきました。
田中絹代さんや開高健さんたちのお墓もあります。

180526_701  180526_702
北鎌倉駅前の光泉で、おいなりさんをお持ち帰りにしました。

180526_801  180526_802
相模大野で、はこね52号が通過していきます。
構内では、なにやら線路を調整しているようです

180526_803  180526_804
ふじさん5号、通常はMSEですがきょうはGSEで運行していました。

180526_805  180526_806
徐行して2番線にに入ってきます。

180526_807  180526_808
GSE「ふじさん5号」は2番線に停車中、反対側の1番線にはMSEが停車していました。

180526_809
60051編成でした。

180526_901  180526_902
スペアリブと光泉のおいなりさんで晩ごはん。

|

« 国宝の解剖図鑑 | トップページ | 健康で文化的な最低限度の生活 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のかまくら散歩:

« 国宝の解剖図鑑 | トップページ | 健康で文化的な最低限度の生活 2 »